1627件中 161 - 170件表示
  • ロマヌス (ローマ教皇)

    ロマヌス (ローマ教皇)から見た暗殺暗殺

    出身はトスカーナ地方のガレッセで、司祭や枢機卿を歴任した。897年8月に先代のステファヌス7世が民衆に廃位・暗殺されたため、新教皇に選出されるが、在位わずか4ヶ月にして死去した。ロマヌス (ローマ教皇) フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリク3世 (グウォグフ公)

    ヘンリク3世 (グウォグフ公)から見た暗殺暗殺

    1296年2月8日、前年にポーランド王として戴冠を終えたばかりだったヴィエルコポルスカ公プシェミスウ2世が暗殺された。ヴィエルコポルスカ=グウォグフ間の同盟は1293年頃には既に崩壊しており、プシェミスウ2世はクヤヴィ公ヴワディスワフ1世(短躯公)に接近していた。このため、ヴィエルコポルスカの貴族達はポズナンにおいて、プシェミスウ2世の後継者にヴワディスワフ1世を推戴しようとした。ところが、ヘンリク3世は1290年にプシェミスウ2世と交わした約定は現在でも有効なままだと考えており、自分こそがプシェミスウ2世の唯一の相続人だと主張した(プシェミスウ2世は3度も結婚していたが、一人娘リクサを授かっただけであった)。ヘンリク3世 (グウォグフ公) フレッシュアイペディアより)

  • 将軍継嗣問題

    将軍継嗣問題から見た暗殺暗殺

    家茂を将軍とした井伊直弼は、徳川慶頼(田安家当主)を形だけの将軍後見職に立てて、一橋派を初めとする反対派の粛清(安政の大獄)に乗り出す。だが、井伊は桜田門外の変で暗殺され、斉彬の弟島津久光の率兵上京による文久の改革で一橋派は復権する。このときに一橋慶喜が将軍後見職に、松平慶永が政事総裁職に就任、慶喜は家茂の死後に15代将軍に就任することになった。将軍継嗣問題 フレッシュアイペディアより)

  • 佐竹義久

    佐竹義久から見た暗殺暗殺

    病死とも、家康により佐竹本家当主を義久とされることを嫌う勢力に暗殺されて死亡したとも伝わる。佐竹義久 フレッシュアイペディアより)

  • ミハイロ・ミハイロビッチ

    ミハイロ・ミハイロビッチから見た暗殺暗殺

    ミハイロ・ミハイロビッチ(、1978年12月6日 - )は、スウェーデンの外務大臣(当時)アンナ・リンドの暗殺犯。ミハイロ・ミハイロビッチ フレッシュアイペディアより)

  • 島村雅事

    島村雅事から見た暗殺暗殺

    文久元年(1861年)、武市瑞山が一藩勤皇を掲げて土佐勤王党を結成すると、雅事もこれに加わり瑞山を補佐して奔走した。しかし、徳川家康以来の徳川恩顧の土佐藩は、藩論の主流は佐幕にあり、公武合体論を唱える参政・吉田東洋とは意見が合わず、雅事は瑞山・河野万寿弥・弘瀬健太らと密議して遂に吉田東洋の暗殺を策し、文久2年(1862年)4月8日にこの暴挙を決行して、藩政から東洋派の新おこぜ組に属する福岡孝茂(宮内)や真辺正心(栄三郎)、後藤象二郎らを失脚せしめた。島村雅事 フレッシュアイペディアより)

  • セネガルにおける死刑

    セネガルにおける死刑から見た暗殺暗殺

    セネガルにおける死刑(セネガルにおけるしけい)の項目では、セネガルにおける死刑について解説する。セネガルにおいては1967年以降、死刑は執行されていない。また、2004年12月10日の国会において死刑廃止が可決された。最後に行われた刑の執行は、1967年6月15日に執行されたムスタファ・ロー(Moustapha Lô)に対して行われたものである。罪状は大統領に対する暗殺未遂による外患罪であり、銃殺刑が用いられた。これはセネガル独立以降2回目かつ2人目の死刑執行だった。セネガルにおける死刑 フレッシュアイペディアより)

  • 下間頼秀

    下間頼秀から見た暗殺暗殺

    本願寺第10世法主証如の後見人で外祖父蓮淳に接近、享禄元年(1528年)に加賀に赴き超勝寺実顕(蓮淳の婿)と共に所領の横領で加賀の賀州三ヶ寺(松岡寺・光教寺・本泉寺)と対立、享禄4年(1531年)の大小一揆で大一揆に属して賀州三ヶ寺ら小一揆を壊滅させた。畿内で本願寺と細川晴元が衝突、天文の錯乱で山科本願寺が焼け落ち、証如が石山本願寺に移ると畿内へ戻り、一揆を率いて細川軍と戦うが、天文4年(1535年)に証如が晴元と和平を結ぶと主戦派として失脚、本願寺を退去した。天文8年(1539年)、近江で証如の刺客に暗殺された。下間頼秀 フレッシュアイペディアより)

  • 下間頼盛

    下間頼盛から見た暗殺暗殺

    兄と共に本願寺第10世法主証如及び後見人の蓮淳に接近、享禄4年(1528年)の加賀の大小一揆で大一揆に属して超勝寺実顕(蓮淳の婿)を助け、小一揆を壊滅させた。天文の錯乱で畿内へ戻り、河内・摂津で一揆を率いて転戦するが、天文4年(1535年)の証如と細川晴元との和睦で主戦派として失脚、兄と共に本願寺を退去した。翌5年(1536年)、摂津中嶋城で一揆の部将として参戦したが、木沢長政に打ち破られて逐電、堺で証如の刺客に暗殺された。下間頼盛 フレッシュアイペディアより)

  • バングラデシュの歴史

    バングラデシュの歴史から見た暗殺暗殺

    独立後は中道左派のアワミ連盟のシェイク・ムジブル・ラフマンが初代首相となり(のちに大統領)、一時はアワミ連盟の一党制を敷いたが、1975年に暗殺された。バングラデシュの歴史 フレッシュアイペディアより)

1627件中 161 - 170件表示

「暗殺」のニューストピックワード