1627件中 181 - 190件表示
  • 押川公近

    押川公近から見た暗殺暗殺

    慶長15年(1610年)6月19日、入来郷(現・薩摩川内市入来町)の土瀬戸越(現在の入来峠付近)にて義弘の子・島津家久(忠恒)の命により、桐野九郎左衛門尉と共に、謀叛を企てていると噂のあった平田増宗を鉄砲にて暗殺、上意討ちした。ところが、加治木の自宅へ帰る途中、増宗の従者が夜中に自宅へ押し掛け、公近の妻に「増宗を襲った賊の落とした勝伏に押川郷兵衛と微かに名が見える」と述べるが、妻は「公近は姉が病のために今は菱刈表に行っておりまだ帰っていない」として追い返したため、事無きを得ている。増宗暗殺の功により桐野は銀子を、公近は36石を賜った。押川公近 フレッシュアイペディアより)

  • 山名教豊

    山名教豊から見た暗殺暗殺

    応永31年(1424年)、山名宗全の嫡男として生まれる。室町幕府第6代将軍・足利義教と父・宗全(持豊)より1字ずつ賜り教豊と名乗る。嘉吉元年(1441年)に義教が赤松満祐に暗殺されると父と共に播磨へ侵攻(嘉吉の乱)、文安4年(1447年)に将軍家の椀飯を務めた。山名教豊 フレッシュアイペディアより)

  • テッド・ロバート・ガー

    テッド・ロバート・ガーから見た暗殺暗殺

    1968年、キング牧師とロバート・ケネディの暗殺を受けて、ジョンソン大統領が設置した「暴力の原因およびその防止に関する国民委員会」に参加した。テッド・ロバート・ガー フレッシュアイペディアより)

  • イラク・イスラム革命最高評議会

    イラク・イスラム革命最高評議会から見た暗殺暗殺

    2003年のイラク戦争によるサッダーム政権崩壊後、イラクに戻って南部で支持を拡大したが、同年8月に指導者ムハンマド・バーキル・ハキームが暗殺され、弟のアブドゥルアズィーズ・ハキームが後継指導者となった。以後、ムハンマド・バーキル・サドルの孫ムクタダー・サドルが率い、イラク国内での活動を続けてきたサドル派とは一線を画し、対立状態にある。ムハンマド・バーキル・ハキームの暗殺に、ムクタダー・サドルが関与した可能性も指摘されている。イラク・イスラム革命最高評議会 フレッシュアイペディアより)

  • 猶存社

    猶存社から見た暗殺暗殺

    1920年7月には、機関誌『雄叫び』を発行。皇太子裕仁親王の渡欧阻止や宮中某重大事件で活動し、安田善次郎・原敬らの暗殺事件にも思想的な影響を与えたといわれている。中心スローガンは「日本帝国の改造」と「アジア民族の解放」であった。猶存社 フレッシュアイペディアより)

  • 新開実綱

    新開実綱から見た暗殺暗殺

    1582年8月26日の中富川の戦いでは小笠原成助(一宮成助)と共に土佐勢に参戦し勝利に貢献した。しかし、三好への内通を疑った元親は、1582年9月16日、阿波の丈六寺に論功恩賞の相談のためと称して実綱を呼び出し、酒宴を開き酔ったところに刺客を送ったため、実綱は配下の者達諸共暗殺されてしまった。実綱殺害の理由としては、謀反の疑いの他に、征服地の土豪を信頼せず排除し、土佐衆による支配を基本としていた長宗我部氏の方針上、ある程度以上の影響力のある実綱が邪魔だったためともいわれている。なお、土佐側の記録では、実綱は暗殺ではなく元親の命により切腹させられたとある。新開実綱 フレッシュアイペディアより)

  • マハマヌ・ウスマン

    マハマヌ・ウスマンから見た暗殺暗殺

    1999年4月にマイナサラ大統領が暗殺され、クーデターを起こしたダオダ・マラム・ワンケが民政移管を実行すると、ウスマンも出馬したがタンジャ・ママドゥに敗北した。2004年ニジェール大統領選挙にも同様に出馬したが、17.43%の得票でママドゥとイスフに次ぐ3位に終わった。ニジェールの憲法では大統領の3選は禁止されていたが、ママドゥ大統領は憲法を改正するため2009年に国民投票に訴えたため、ウスマンとCDSは国民投票と議会選をボイコットした。これに対しママドゥ大統領はウスマン、イスフ、ハマ・アマドゥの3名の逮捕状を請求。ウスマンは国外に逃れた。マハマヌ・ウスマン フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・ストラデッラ

    アレッサンドロ・ストラデッラから見た暗殺暗殺

    アレッサンドロ・ストラデッラ(ストラデルラ、Alessandro Stradella, 1644年10月1日ローマ - 1682年2月25日)は、イタリア盛期バロック音楽の作曲家。オラトリオ《洗礼者ヨハネ》の作曲者として、またコンチェルト・グロッソ(合奏協奏曲)様式の創始者として音楽史上に名を残すが、一方プレイボーイとして浮名を流し、最後は貴人の愛人を誘惑した咎により、報復としてジェノヴァで暗殺された。このためストラデッラの一生は、ジェズアルドの生涯と並んで歴史的に注目されてきた。アレッサンドロ・ストラデッラ フレッシュアイペディアより)

  • 嘉吉の徳政一揆

    嘉吉の徳政一揆から見た暗殺暗殺

    6月の嘉吉の乱で6代将軍足利義教が暗殺されると政治的混乱の中、「代初めの徳政」を求めて(天下一同の徳政令)京都・近江坂本の馬借を中心に農民が蜂起、地侍が指導し、数万人の一揆にふくれあがった。各地への波及はなく、京都を包囲する形をとった。嘉吉の徳政一揆 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルター・フォン・デア・フォーゲルヴァイデ

    ヴァルター・フォン・デア・フォーゲルヴァイデから見た暗殺暗殺

    9月8日、ヴァルターはマインツでのフィリップ(ハインリヒ6世の弟)のドイツ王戴冠式の場にいて、勝利が確実なものとなるまで彼を支持し続けた。しかし、1208年にフィリップが暗殺されると、フィリップと対抗していたヴェルフ家のオットーを言葉と歌で支持し、教皇の推すハインリヒ6世の息子フリードリヒに対抗した。ドイツにとってのオットー4世の有意義性が1212年のブーヴィーヌの戦いによってこなごなに打ち砕かれてしまうと、今度はフリードリヒ2世の擁立に転じ、教皇と王子達に対抗するドイツの主権の比類なき代弁者となった。ヴァルター・フォン・デア・フォーゲルヴァイデ フレッシュアイペディアより)

1627件中 181 - 190件表示

「暗殺」のニューストピックワード