1385件中 11 - 20件表示
  • 筒井城

    筒井城から見た暗殺暗殺

    しかし永正の錯乱で細川政元が暗殺、赤沢朝経が丹後で戦死、大和で駐留していた赤沢軍が京都に退いていくと、大和の覇権をめぐり再び争い始める事になる。それまで越智党と戦術的に和議を結んでいた筒井党であったが、もともと宿敵関係にあった越智氏、古市氏が永正13年(1516年)10月に攻城して、成身院順盛軍は敗れ去る事になる。筒井城 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟日赤センター爆破未遂事件

    新潟日赤センター爆破未遂事件から見た暗殺暗殺

    新潟日赤センター爆破未遂事件(にいがたにっせきセンターばくはみすいじけん)とは、中国地方各地における韓国工作員による密出入国と1959年12月4日に企てられた新潟県での暗殺・爆破テロ未遂事件。新潟日赤センター爆破未遂事件 フレッシュアイペディアより)

  • 陰謀

    陰謀から見た暗殺暗殺

    一般に、相手とっては不利となる行為を計画する時、人(グループ)は計画を練っていること自体を相手に伏せる。例えば、何らかの事情・目的で人を暗殺しようと考えている人やグループは、その実行計画を表立っておおっぴらに練ったりはしない。当然ながら相手側に知られないようにその計画を練る。暗殺されそうになっている(されそうになった) 側から見れば、その暗殺計画は「陰謀」ということになる。陰謀 フレッシュアイペディアより)

  • ゲディミナス朝

    ゲディミナス朝から見た暗殺暗殺

    1263年に大公国の王であったミンダウカスが暗殺されると、リトアニアは再び分裂状態となる。その後、リトアニアでは複数の君主が乱立していたことが、資料で確認される。これ等の君主の互いの血縁関係は不明である。そして、ブティゲイディスとブトヴィーダス兄弟の時に混乱が収まった。ゲディミナス朝 フレッシュアイペディアより)

  • ホルシュタイン=ゴットルプ王朝

    ホルシュタイン=ゴットルプ王朝から見た暗殺暗殺

    こうした国情を憂慮したグスタフ3世は、即位した翌年に王党派の支持の下にクーデターを完遂し、王権を奪回した(グスタフ3世のクーデター)。グスタフ3世は啓蒙主義思想を持ち(啓蒙専制君主)、国家の復興を成し遂げ、ロシアとの戦争にも事実上勝利し、フランス革命にも干渉するなど、スウェーデンの大国復興に熱意を燃やしたが、1792年に暗殺された。絶対君主制を再開したのは、1790年だったが、グスタフ3世は、すでに1772年のクーデターによって一定の王権を確立させており、その親子の名を取って1809年までを「グスタフ朝絶対主義」あるいは「グスタフ朝時代」と呼称された。特にグスタフ3世の時代は文化の面において「ロココの時代」とも称された。1809年に絶対君主制が廃止されて以降、スウェーデンは立憲君主制国家となり今日に至っている。ホルシュタイン=ゴットルプ王朝 フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデンの歴史

    スウェーデンの歴史から見た暗殺暗殺

    このようなスウェーデンの没落を憂慮したグスタフ3世はクーデターによって絶対君主制を復活させ、強力に内政を充実させ、外交ではフランス王国と提携し、エカチェリーナ2世時代のロシア帝国と対抗した。グスタフ3世はスウェーデン中興の実を挙げたが、暗殺された。スウェーデンの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 陸奥圓明流外伝 修羅の刻

    陸奥圓明流外伝 修羅の刻から見た暗殺暗殺

    北辰一刀流免許皆伝の腕前を持つ。しかし、実際はそれ以上の実力を持つが、その優しさゆえに、自分も知らぬような本当の力を抑えている。力で物事を決めるのを嫌い、血を流さずに倒幕しようとする。その後、大政奉還を実現し時代を変えるが、それ故に新撰組などの敵を作ってしまう。龍馬は刀を抜けたにもかかわらずに最後まで人を殺すことを拒み、伊東甲子太郎に暗殺される。陸奥出海に負けた後、剣の時代は去ったと悟り自ら剣術を封印。その後、護身用として拳銃を携帯していたが、脅しに使う程度で人を撃つ気は無かった。その豪胆な性格、剣技を「海の如し」とは出海による評。陸奥圓明流外伝 修羅の刻 フレッシュアイペディアより)

  • MISTERジパング

    MISTERジパングから見た暗殺暗殺

    織田家御用達の大商人で、信秀からは優良商人のお墨付きをもらっている。資材や食料などを手広く扱っている。経費削減のために縄田屋から薪や炭を仕入れないようにしようとした日吉を暗殺するために刺客を雇うも失敗し、信長に処刑された。MISTERジパング フレッシュアイペディアより)

  • 第二革命

    第二革命から見た暗殺暗殺

    しかし袁世凱と革命派は対立を抑えきれなくなり、革命派寄りであった唐紹儀内閣は崩壊。そして最初の衆議院・参議院国会議員選挙では、議会政治で政治の主導権を握ろうとした宋教仁により国民党が勝利した。宋は更に自ら内閣を組閣し、国会で袁世凱を罷免して黎元洪を大総統に据えようとしたともいわれる。これに対し袁世凱は1913年3月に刺客を放ち、宋教仁を上海にて暗殺した。当時中華民国の全国鉄路督弁として中国国内の鉄道建設を図っていた孫文は宋教仁暗殺直後に訪問先の日本から帰国し、武装蜂起で袁世凱を打倒することを図った。袁世凱との和解を図っていた黄興ら国民党有力者も結局賛同し、蜂起計画が練られることとなる。第二革命 フレッシュアイペディアより)

  • カロヤン・アセン

    カロヤン・アセンから見た暗殺暗殺

    1168年から1169年の間に、カロヤンはタルノヴォ近郊の地方領主の末子として生まれる。1187年にブルガリアの独立が承認された際、ビザンツ帝国への人質としてコンスタンティノープルに送られるが、1189年ごろにコンスタンティノープルから脱走してブルガリアに帰国した。ペタル4世とアセン1世が宮廷内の政争によって暗殺された後、カロヤンは敵対者を破って皇帝に即位した。カロヤン・アセン フレッシュアイペディアより)

1385件中 11 - 20件表示

「暗殺」のニューストピックワード