1627件中 211 - 220件表示
  • シハーブッディーン・ウマル

    シハーブッディーン・ウマルから見た暗殺暗殺

    しかし、2月にマリク・カーフールが 暗殺されると、ウマルは廃されることとなり、兄のクトゥブッディーン・ムバーラク・シャーが擁立された。シハーブッディーン・ウマル フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ暗殺未遂事件

    フィデル・カストロ暗殺未遂事件から見た暗殺暗殺

    フィデル・カストロ暗殺未遂事件(フィデル・カストロあんさつみすいじけん)では、キューバにて1976年より2008年まで国家評議会議長(国家元首)兼閣僚評議会議長(首相)を務めた、フィデル・カストロに対する暗殺未遂事件を扱う。未遂事件は国家元首就任時から、腸炎の療養に伴い弟のラウル・カストロへ議長職を暫定委譲(その後2008年2月24日、国家評議会議長に選出)し一線を退いた2006年まで638件にも上り、「暗殺されそうになった回数が最も多い人物」として、2011年にギネスブックへの掲載が決まった。フィデル・カストロ暗殺未遂事件 フレッシュアイペディアより)

  • パウル・レヴィ

    パウル・レヴィから見た暗殺暗殺

    パウル・レヴィ(Paul Levi、1883年3月11日 - 1930年2月9日)とはドイツの政治家。1919年にローザ・ルクセンブルクやカール・リープクネヒトが暗殺された後、ドイツ共産党(KPD)党首に就く。3月行進時に共産党批判を公に行った事で除名されると、独立社会民主党(USPD)に参加。同党が社会民主党に合流した際には、革新陣営の指導者となった。パウル・レヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラス・テラノヴァ

    ニコラス・テラノヴァから見た暗殺暗殺

    1910年代ブルックリンカモッラのボス、ペリグリーノ・モラノがハーレムに進出するとギャンブル場の開設を認める代わりに一定の分け前を取った。モラノのコニーアイランド・ギャング、その下部組織ネイビーストリート・ギャングと親交を結んだ。1915年5月、モラノらカモッラと計らってナポリ系ギャングの大物ジョシュ・ガルッチを謀殺し、その賭博利権ほか多くの移民ビジネスを奪った。1916年6月、スティーヴ・ラサールらとブルックリンを訪れ、モラノ、レオポルド・ロウリターノらネイビーストリートギャングのリーダーたちと賭場の縄張り拡大を話し合い、マンハッタンに進出してカモッラの賭場を奪っていたジョー・ディマルコの排除を決めた。ディマルコとは仕事仲間だったが、仲違いして縄張り争いをしていた。1916年6月24日、ニコラス、スティーヴ・ラサールらモレロ一家の首脳陣がディマルコの元仲間ジュゼッペ・ヴェラザーノを連れてきてモラノやネイビーストリートギャングと暗殺の段取りを整えた。同年7月20日、ヴェラザーノの助けを得てネイビーストリートギャング配下によりディマルコを暗殺した。暗殺後ニコラスはチロ、ヴィンセント、スティーヴ・ラサール、ヴェラザーノと共にネイビーストリートを訪れ、ディマルコの暗殺成功をロウリターノらに伝えて祝福し、実行犯に与えるよう50ドルを渡した。ニコラス・テラノヴァ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年マラウイ総選挙

    2004年マラウイ総選挙から見た暗殺暗殺

    グアンダ・チャクアンバ:69歳、ムグウイリザノ連合の候補である。チャクアンバは、当時"終身大統領"であったヘイスティングズ・カムズ・バンダの下で上級相と国民軍司令官を務めた経歴を持ち、その後1980年にバンダ暗殺を首謀した嫌疑で逮捕され、12年間を獄中で過ごした後に出所したことで、国民的英雄となった経歴を持つ。2004年マラウイ総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 侍補

    侍補から見た暗殺暗殺

    しかし、佐々木の侍補就任直後の明治11年5月14日に大久保が暗殺されたことによって侍補らの構想への政府側の対応が大きく変化することになる。侍補らはこれを好機として2日後の16日に明治天皇に親政断行の諫奏を行い、大久保の後を継いだ伊藤博文ら政府要人に宮府一体と称する天皇の政治権能強化と侍補の政治的役割の確立を要求するようになった。具体的には、閣議に天皇が臨御すること、その時は侍補も同席して閣議内容を聞いて把握することが内容に含まれていた。しかし、この要求は宮府分離を原則として宮中側の介入を嫌う政府に否決され、天皇の臨御は認められたが政治関与は抑えられ、親政に取り組もうとした天皇は不満を感じたが、伊藤と太政大臣三条実美・右大臣岩倉具視ら政府は天皇の姿勢を軽率と判断し安易な変革は認めなかった。人事も天皇の主張は却下され、天皇は佐々木を工部卿に望んだが実現せず、代わりに汚職疑惑で侍補達から嫌われていた井上馨が伊藤の後押しで就任した。侍補 フレッシュアイペディアより)

  • 山田烈盛

    山田烈盛から見た暗殺暗殺

    山田 烈盛(やまだ れつもり、文久2年(1862年)5月 - 大正6年(1917年)6月)は、『新聞「日本」』編集委員。閔妃暗殺に連座して広島裁判被告(48名)の一人となった。山田烈盛 フレッシュアイペディアより)

  • 東頼兼

    東頼兼から見た暗殺暗殺

    父の岡本頼春は、相良氏17代当主・相良晴広の実父・上村頼興により天文21年(1552年:天文19年説あり)に暗殺されているが、頼兼はそのとき15歳であった為に後難を免れ、成人後に嫡子・頼乙共々朴河内城の番を仰せ付かった。東頼兼 フレッシュアイペディアより)

  • ブルボン朝

    ブルボン朝から見た暗殺暗殺

    ヴァロワ朝断絶後、ブルボン家当主であったナバラ王アンリがアンリ4世として国王に即位したことによりブルボン朝が成立した。「良王」と称されるアンリ4世は、ナントの勅令による国家の統合と内紛で疲弊した経済の再建を目指したが、宗教紛争の影響により1610年に暗殺された。ブルボン朝 フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・ド・ロレーヌ

    フィリップ・ド・ロレーヌから見た暗殺暗殺

    1661年にフィリップ1世とアンリエットは結婚したが、フィリップ1世とシュヴァリエの関係は続きアンリエットは無視されていた。1670年にアンリエットをルイ14世に讒言したためリヨン、次にシャトー・ディフへ、最後にローマへ追放された。同年にアンリエットは急死したが、復讐を企てたシュヴァリエが暗殺したとの噂が流れた。翌1671年、フィリップ1世はルイ14世の勧めでエリザベート・シャルロット(リーゼロッテ)と再婚したが、シュヴァリエをフランスへ呼び戻すことを条件に挙げたため、1672年にフランスへ戻りフィリップ1世との関係を継続していった。フィリップ・ド・ロレーヌ フレッシュアイペディアより)

1627件中 211 - 220件表示

「暗殺」のニューストピックワード