1627件中 221 - 230件表示
  • 中井庄五郎

    中井庄五郎から見た暗殺暗殺

    坂本龍馬と交流があり、龍馬が暗殺された敵討ちとして、容疑者の一人であった三浦休太郎を三浦が利用していた天満屋を襲撃した際に討ち死にした(天満屋事件)。中井庄五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 台中不敬事件

    台中不敬事件から見た暗殺暗殺

    台中不敬事件(たいちゅうふけいじけん)は、1928年(昭和3年)5月14日、台湾を訪問中の久邇宮邦彦王が朝鮮人趙明河に襲われた暗殺未遂事件である。台中不敬事件 フレッシュアイペディアより)

  • 香宗我部親秀

    香宗我部親秀から見た暗殺暗殺

    しかし長宗我部国親の勢力が拡大した事に恐れを抱き、その3男を養子に迎えようとして秀通と対立。秀通は国親と結ぶ事に強硬に反対し、遂に弘治2年(1556年)に親秀は秀通を暗殺して国親の3男を香宗我部親泰として養子に迎えて跡を継がせた。香宗我部親秀 フレッシュアイペディアより)

  • クロスゲージ

    クロスゲージから見た暗殺暗殺

    ジェイムズ・ダン軍曹は、海軍殊勲章を授与された狙撃手。湾岸戦争時にスパイを暗殺する任務に付くが、狙撃対象が10歳の少年と知り上官に反発、もみ合いの末に射殺してしまう。正当防衛の主張もむなしく死刑を宣告されてしまうダンだが、死刑囚監房への移送の日、移送バスが襲撃され連れ去られる。クロスゲージ フレッシュアイペディアより)

  • 筒井騒動

    筒井騒動から見た暗殺暗殺

    また、中坊秀祐も恩賞を目的にしてか、あるいは家康の意に通じてこのような訴えを行なったとされている。事実、秀祐は筒井氏改易後、家康から奈良奉行に任じられている。しかし秀祐は後に定次の旧臣によって暗殺された。筒井騒動 フレッシュアイペディアより)

  • イスラム教への冒涜罪

    イスラム教への冒涜罪から見た暗殺暗殺

    パキスタンでは刑法に当該規定があるが、法定刑は規定上は死刑のみである。もっとも、実際に同罪で死刑に処せられた者はいないという見解がある。同罪の法定刑がこのように重くなったのは80年代になってからであり、背景にはソ連のアフガニスタン侵攻を挙げる見解がある。2010年11月、パンジャブ州在住の女性が同罪に問われ、一審で死刑判決を受けた。この判決を受け、この女性の解放や法改正を求める動きが出た。特に、地元パンジャブ州のタシール知事は女性を訪ねて支援を表明したうえ、恩赦も要請した。同知事は乱用の恐れがあるとして法改正の必要性を地元メディアに語ったが、2011年1月4日に自身を警護していた警察官に暗殺された(タシール知事暗殺事件)。ローマ教皇ベネディクト16世は2011年1月、パキスタンに当該規定の廃止を求めた。イスラム教への冒涜罪 フレッシュアイペディアより)

  • サーハン・ベシャラ・サーハン

    サーハン・ベシャラ・サーハンから見た暗殺暗殺

    サーハン・ベシャラ・サーハン(????? ????? ?????、Sirhan Bishara Sirhan、1944年3月19日 - )は、パレスチナ系アメリカ人で、元アメリカ合衆国司法長官で大統領候補であったロバート・ケネディの暗殺犯人。サーハン・ベシャラ・サーハン フレッシュアイペディアより)

  • リンカーンの幽霊

    リンカーンの幽霊から見た暗殺暗殺

    第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンは自分が暗殺されることを予期していたと考えられている 。彼の友人で伝記作家のによると、リンカーン暗殺事件の3日前、リンカーンはその10日ほど前に自分が見た夢の内容をラモンらに話していた。リンカーンの幽霊 フレッシュアイペディアより)

  • 元斗皇拳

    元斗皇拳から見た暗殺暗殺

    主人公・ケンシロウの駆使する北斗神拳を凌駕するとも言われる暗殺拳であり、その技は円を描く動きを基本にして、闘気(オーラ)を刃として敵を攻撃する。その闘気をいろいろな性質に変え、その闘気に触れたものはあるものは凍り付き、あるものは蒸発する。闘気により技の種類が複数あるが、その実は細胞を滅殺することが元斗皇拳の真髄である。天帝を守護するのが元斗皇拳伝承者の宿命とされている。元斗皇拳 フレッシュアイペディアより)

  • ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)

    ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)から見た暗殺暗殺

    1296年にプシェミスウ2世が暗殺されると、ヴワディスワフは先王からマウォポルスカとポモジェを相続することを主張した。ヴワディスワフはポーランド人の君主を望むマウォポルスカの農民、騎士、一部の聖職者に支持されていたが、在地の領主達が支持するボヘミア王ヴァーツラフ2世(1300年にポーランド王となる)にマウォポルスカを明け渡すことになった。ヴィエルコポルスカについても、ヴワディスワフと並ぶポーランドの有力諸公だったグウォグフ公ヘンリク3世が相続を主張、幾度か衝突した末に1306年に敗れてヴィエルコポルスカはヘンリク3世の領有する所となった。ヴワディスワフ1世 (ポーランド王) フレッシュアイペディアより)

1627件中 221 - 230件表示

「暗殺」のニューストピックワード