1627件中 21 - 30件表示
  • ニザール派

    ニザール派から見た暗殺暗殺

    ニザール派はハサニ・サッバーフの指導するイラン方面のイスマーイール派で支持を獲得。11世紀末から13世紀半ばまでシリア地方からホラーサーンに点在する城砦およびその周辺領域を保持し、イラン高原のに築城されたを中心に独立政権を打ち立てた。時に敵対するセルジューク朝や十字軍の要人を暗殺するという手段を用いたことから暗殺教団の別称が生まれ、のちに大麻吸引などと結びつけられて伝説化した(これについては暗殺教団を参照)。ニザール派 フレッシュアイペディアより)

  • ブルゴーニュ派

    ブルゴーニュ派から見た暗殺暗殺

    1392年にフランス王シャルル6世が発狂して統治不能になると、弟のオルレアン公ルイと叔父のブルゴーニュ公フィリップ2世(豪胆公)が政治の実権を握ろうと争った。豪胆公の存命中はまだ宮廷内の争いに止まっていたが、1404年に豪胆公が亡くなり後を継いだ息子のジャン1世(無怖公)が1407年にオルレアン公を暗殺すると事態が悪化、オルレアン公位を継いだ遺児シャルルと舅のアルマニャック伯ベルナール7世、ベリー公ジャン1世らがジアン同盟(アルマニャック派)を結成して無怖公と全面衝突した。ブルゴーニュ派 フレッシュアイペディアより)

  • ホルシュタイン=ゴットルプ王朝

    ホルシュタイン=ゴットルプ王朝から見た暗殺暗殺

    こうした国情を憂慮したグスタフ3世は、即位した翌年に王党派の支持の下にクーデターを完遂し、王権を奪回した(グスタフ3世のクーデター)。グスタフ3世は啓蒙主義思想を持ち(啓蒙専制君主)、国家の復興を成し遂げ、ロシアとの戦争にも事実上勝利し、フランス革命にも干渉するなど、スウェーデンの大国復興に熱意を燃やしたが、1792年に暗殺された。絶対君主制を再開したのは、1790年だったが、グスタフ3世は、すでに1772年のクーデターによって一定の王権を確立させており、その親子の名を取って1809年までを「グスタフ朝絶対主義」あるいは「グスタフ朝時代」と呼称された。特にグスタフ3世の時代は文化の面において「ロココの時代」とも称された。1809年に絶対君主制が廃止されて以降、スウェーデンは立憲君主制国家となり今日に至っている。ホルシュタイン=ゴットルプ王朝 フレッシュアイペディアより)

  • 浅井寿篤

    浅井寿篤から見た暗殺暗殺

    大久保利通暗殺(紀尾井坂の変)の実行犯のひとり。浅井寿篤 フレッシュアイペディアより)

  • THE GODFATHER2

    THE GODFATHER2から見た暗殺暗殺

    各地にいる警察署長や裁判官等の公務員から暗殺や施設爆破などの依頼を受け、目標達成すると、彼らの公権力を利用した見返りがもらえる。THE GODFATHER2 フレッシュアイペディアより)

  • カロヤン・アセン

    カロヤン・アセンから見た暗殺暗殺

    1168年から1169年の間に、カロヤンはタルノヴォ近郊の地方領主の末子として生まれる。1187年にブルガリアの独立が承認された際、東ローマ帝国への人質としてコンスタンティノープルに送られるが、1189年ごろにコンスタンティノープルから脱走してブルガリアに帰国した。ペタル4世とアセン1世が宮廷内の政争によって暗殺された後、カロヤンは敵対者を破って皇帝に即位した。カロヤン・アセン フレッシュアイペディアより)

  • 反革命十字軍

    反革命十字軍から見た暗殺暗殺

    反革命十字軍(はんかくめいじゅうじぐん)とは、1791年6月にスウェーデンのグスタフ3世が提唱したフランス革命への軍事干渉の呼びかけである。しかし結果的には、十字軍結成は失敗し、1792年3月にはグスタフ3世も暗殺されて実現することはなかった。反革命十字軍 フレッシュアイペディアより)

  • テオドリック2世

    テオドリック2世から見た暗殺暗殺

    彼は実弟フレデリックと謀り、ローマの将軍アエティウスに扇動され、兄トリスムンドを暗殺後王位についた。トゥールーズを都とし、衰退する西ローマ帝国との国境線を確定するため皇帝ウァレンティニアヌス3世と同盟し、ローマとの境界では好戦的に戦いを繰り返した。テオドリック2世 フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデンの歴史

    スウェーデンの歴史から見た暗殺暗殺

    このようなスウェーデンの没落を憂慮した啓蒙専制君主グスタフ3世は、1772年にクーデターによって王権を復活させ、1790年までに絶対君主制を復活させた。さらに強力に内政を充実させ、外交ではフランス王国と提携し、エカチェリーナ2世時代のロシア帝国と対抗した。グスタフ3世はロシア・スウェーデン戦争を起こし、バルト海でのパワーバランスをある程度回復させた。さらにアメリカ独立戦争における外交政策やフランス革命への反革命政策などを行った。グスタフ3世はスウェーデン中興の実を挙げたが、1792年に暗殺された。グスタフ3世とその息子の時代は「グスタフ朝時代」と呼ばれ、また、グスタフ3世自身の治世は「ロココの時代」と呼ばれている。スウェーデンの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 柳生十兵衛あばれ旅

    柳生十兵衛あばれ旅から見た暗殺暗殺

    十兵衛・茜の腹違いの弟で、元は根来衆。小太刀二刀流の使い手で、本作では髷を結っている。子供の頃に根来の里を離れたので、根来の忍び文字は読めない (22)。柳生屋敷に寄りつかず根無し草の生活を好むが、乱心を聞き信じられず十兵衛を探す (1)。望月宿で夢乃屋お駒より片思いされ (12)、再会する度に抱きつかれる (22 - 23, 25 - 26)。赤坂宿で巡検使暗殺を請け負っていた幼馴染の兄妹・弥平次とかすみに再会し (22)、十兵衛や茜・裏柳生の協力でふたりに真実を示そうとする (22)。関ヶ原宿で朽木流玄の妖術に罹り、十兵衛を襲った (23)。将軍上洛が近づき、守山宿近辺から京にかけて、十兵衛の指図で茜たちを支援 (24 - 26)。江戸へ戻らず、ひとり旅立つ十兵衛について行く (26)。柳生十兵衛あばれ旅 フレッシュアイペディアより)

1627件中 21 - 30件表示

「暗殺」のニューストピックワード