1385件中 21 - 30件表示
  • ジョヴァンナ1世 (ナポリ女王)

    ジョヴァンナ1世 (ナポリ女王)から見た暗殺暗殺

    1343年、祖父のロベルトを継いでナポリ女王となった。しかし、王位を又従兄のハンガリー王ラヨシュ1世に狙われ(ラヨシュ1世のナポリ遠征)、1347年にナポリから追放され、フランスへ亡命した。1352年に復帰を果たしたが、1382年、ムーロ・ルカーノで、ラヨシュ1世の命を受けた又従弟のカルロ・ディ・ドゥラッツォによって暗殺され、最後の夫に先立って死去した。代わってカルロ・ディ・ドゥラッツォがカルロ3世として王位についた。カルロ3世はまた、ジョヴァンナの妹マリア・ディ・カラブリアの娘マルゲリータの夫でもあった。ジョヴァンナ1世 (ナポリ女王) フレッシュアイペディアより)

  • テオドリック2世

    テオドリック2世から見た暗殺暗殺

    彼は実弟フレデリックと謀り、ローマの将軍アエティウスに扇動され、兄トリスムンドを暗殺後王位についた。トゥールーズを都とし、衰退する西ローマ帝国との国境線を確定するため皇帝ウァレンティニアヌス3世と同盟し、ローマとの境界では好戦的に戦いを繰り返した。テオドリック2世 フレッシュアイペディアより)

  • 三好政権

    三好政権から見た暗殺暗殺

    上洛後の長慶は復帰を狙う晴元・義輝との交戦を続けたが、天文21年(1552年)、義輝と和睦して義輝を京都に迎え、同時に細川氏の家督を晴元から氏綱に挿げ替え氏綱を管領に据えた。将軍と管領であるこの2人は長慶の傀儡であり、ここに室町幕府の権力者を擁した三好政権が実質的に機能することとなった。しかし、幕府再興を目指す義輝及び晴元との対立はその後も続き、義輝を近江に追放しては連れ戻すという事態が相次ぎ、その間長慶は何回か暗殺未遂事件に遭遇している。最終的に義輝と和睦したのは永禄元年(1558年)、六角義賢の仲介を受けてのことである。永禄4年(1561年)に晴元との和睦も成立、13年に渡る対立に終止符を打った。三好政権 フレッシュアイペディアより)

  • ティグラト・ピレセル1世

    ティグラト・ピレセル1世から見た暗殺暗殺

    ティグラト・ピレセル1世(Tiglath Pileser、在位紀元前1115年 - 紀元前1077年)中アッシリア王国時代のアッシリアの王。アッカド語ではトゥクルティ・アピル・エシャラ(Tukulti apil Esharra)と表記される。名前の意味は「我が頼りとするはエシャラの息子」。アッシリアの領土を大幅に拡大したが晩年はアラム人の侵入に悩まされ、彼自身は暗殺された。年代記を残した最古のアッシリア王でもある。ティグラト・ピレセル1世 フレッシュアイペディアより)

  • リュッツェンの戦い (1632年)

    リュッツェンの戦い (1632年)から見た暗殺暗殺

    しかし、この戦いでスウェーデン王グスタフ・アドルフは戦死、以後スウェーデンは参戦当初の勢いを失い、2年後のネルトリンゲンの戦いの敗北によって、三十年戦争における主導権を失った。この戦闘におけるグスタフ・アドルフの死と、2年後のヴァレンシュタインの暗殺によって、三十年戦争は膠着状態に陥ることになった。リュッツェンの戦い (1632年) フレッシュアイペディアより)

  • ジャクリーン・ケネディ・オナシス

    ジャクリーン・ケネディ・オナシスから見た暗殺暗殺

    ジョン・F・ケネディ大統領は1963年11月22日、テキサス州ダラスで暗殺された(ケネディ大統領暗殺事件)。その際、ジャクリーンはリムジンの後部座席、ケネディの隣に座っていた。ザプルーダー・フィルムにも記録されているように、まずケネディは一発目の狙撃により喉を撃たれ、夫の異変に気づいたジャクリーンが顔を覗き込んだ直後、二発目の狙撃がなされケネディ大統領の前頭部が後方へ吹き飛んだ。ジャクリーンはこの時即座にリムジンのトランクの後部に身を乗り出し、頭蓋骨の一部を手に持った。この動作については様々な解釈があり一般に「後方へ飛び散ったケネディ大統領の頭部を集めるためにトランク後部へ上った」「夫の暗殺を目の当たりにしてパニックに陥ったからだ」などとされている。「」との異説も。手にした頭蓋骨はパークランド病院の医師に手渡した。ジャクリーン・ケネディ・オナシス フレッシュアイペディアより)

  • フリーメイソン

    フリーメイソンから見た暗殺暗殺

    1860年2月26日(安政7年2月5日)、横浜で攘夷派によってオランダ人船長W・デ・フォスと、商人N・デッケルが暗殺された(オランダ人船長殺害事件)。外国人達は攘夷派への示威行動の意味もあり、できるだけ盛大に二人の葬儀を行おうとした。この時、殺された二人はフリーメイソンであると言われており、外国人のメイソン達は、儀式用の正装であるエプロン着用で葬儀に臨んだ。これが日本におけるフリーメイソンの最初の記録という(ただし、二人が会員であった証拠は見つかっていない)。二人は横浜の外国人墓地に埋葬され、その墓は現存している。フリーメイソン フレッシュアイペディアより)

  • ロッジP2

    ロッジP2から見た暗殺暗殺

    バチカン銀行の主力取引行で、「ロッジP2」メンバーであるロベルト・カルヴィが頭取を務めていたアンブロシアーノ銀行が破綻した1982年には、カルヴィが逃亡先のイギリスのロンドンで暗殺された。なお死体が発見された時点では「自殺」とされたが、その後の調査で暗殺であると認定された。ロッジP2 フレッシュアイペディアより)

  • ひめゆりの塔事件

    ひめゆりの塔事件から見た暗殺暗殺

    沖解同(準)は、最終的に7月10日に「『ひめゆりの壕』に潜伏し皇太子を待ち受け火炎瓶と爆竹を投擲する」という方針を決定し、同派メンバーの知念功と西田戦旗派のメンバーの2人が、「ひめゆりの壕」に11日に潜入した。知念は、沖縄史ととりわけ沖縄戦の記録を読み漁ったあとに、壕に潜入したという。知念は後に、「この『闘争』は、皇太子および同妃の暗殺や殺傷が目的ではなく、皇太子及び皇族を『裁判闘争』に引き摺り出して『天皇制の戦争責任』を追及することが最終目的だった」と主張している。ひめゆりの塔事件 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川家康

    徳川家康から見た暗殺暗殺

    9月9日に登城した際、前田利長・浅野長政・大野治長・土方雄久の4名が家康の暗殺を企んだと増田・長束両奉行より密告があったとして、10月2日に長政を甲斐国・府中で隠居の上、蟄居させ、治長は下総国の結城秀康のもとに、雄久は常陸国・水戸の佐竹義宣のもとへ追放とした。さらに利長に対しては加賀征伐を企図するが、。ことで出兵は取りやめとなる。しかし、これを機に前田氏は完全に家康の支配下に組み込まれたと見なされることになる。徳川家康 フレッシュアイペディアより)

1385件中 21 - 30件表示

「暗殺」のニューストピックワード