1627件中 31 - 40件表示
  • 真田十勇士 (本宮ひろ志)

    真田十勇士 (本宮ひろ志)から見た暗殺暗殺

    大坂の陣が始まり、幸村らも大阪入りするが、豊臣秀頼の脆弱さに危機を感じる。幸村は、起死回生の策として家康暗殺計画を進言するが、上層部に受け入れられない。真田十勇士 (本宮ひろ志) フレッシュアイペディアより)

  • ひめゆりの塔事件

    ひめゆりの塔事件から見た暗殺暗殺

    沖解同(準)は、最終的に7月10日に「『ひめゆりの壕』に潜伏し皇太子を待ち受け火炎瓶と爆竹を投擲する」という方針を決定し、同派メンバーの知念功と西田戦旗派のメンバーの2人が、「ひめゆりの壕」に11日に潜入した。知念は、沖縄史ととりわけ沖縄戦の記録を読み漁ったあとに、壕に潜入したという。知念は後に、「この『闘争』は、皇太子および同妃の暗殺や殺傷が目的ではなく、皇太子及び皇族を『裁判闘争』に引き摺り出して『天皇制の戦争責任』を追及することが最終目的だった」と主張している。ひめゆりの塔事件 フレッシュアイペディアより)

  • ジョヴァンニ・ファルコーネ

    ジョヴァンニ・ファルコーネから見た暗殺暗殺

    ジョヴァンニ・ファルコーネ(, 1939年5月18日 - 1992年5月23日)はイタリアの裁判官。その生涯をマフィア撲滅運動に捧げるも、盟友の治安判事パオロ・ボルセリーノと相前後してマフィアの手で暗殺された。ジョヴァンニ・ファルコーネ フレッシュアイペディアより)

  • コラソン・アキノ

    コラソン・アキノから見た暗殺暗殺

    コラソン・アキノ(Corazón Aquino, 1933年1月25日 - 2009年8月1日)は、フィリピン共和国第11代大統領(在職1986年 - 1992年)。上院議長の夫ベニグノ・アキノ・ジュニア暗殺後、フェルディナンド・マルコス大統領に対抗した。通称はコリーだったため、コリー・アキノと呼ばれた。学歴はマウント・セント・ヴィンセント大学文学部卒業。学位は文学士(マウント・セント・ヴィンセント大学)。称号は名誉法学博士(早稲田大学)。コラソン・アキノ フレッシュアイペディアより)

  • 第二革命

    第二革命から見た暗殺暗殺

    しかし袁世凱と革命派は対立を抑えきれなくなり、革命派寄りであった唐紹儀内閣は崩壊。そして最初の衆議院・参議院国会議員選挙では、議会政治で政治の主導権を握ろうとした宋教仁により国民党が勝利した。宋は更に自ら内閣を組閣し、国会で袁世凱を罷免して黎元洪を大総統に据えようとしたともいわれる。これに対し袁世凱は1913年3月に刺客を放ち、宋教仁を上海にて暗殺した。当時中華民国の全国鉄路督弁として中国国内の鉄道建設を図っていた孫文は宋教仁暗殺直後に訪問先の日本から帰国し、武装蜂起で袁世凱を打倒することを図った。袁世凱との和解を図っていた黄興ら国民党有力者も結局賛同し、蜂起計画が練られることとなる。第二革命 フレッシュアイペディアより)

  • エルゲネコン

    エルゲネコンから見た暗殺暗殺

    一部の人々は、エルゲネコンは「国家の中の国家」の表面であると信じている。このような「国内国家」の陰謀論は、1996年のススルルク事件以来、トルコの人々に支持されてきた。訴えられたエルゲネコンのメンバーとされる人々は、知識人、政治家、軍人などを暗殺し、社会不安を広げ、政治的な右翼と左翼の対立を煽り、爆発物などで恐慌を作りだし、最終的にはトルコの現政府を倒すことをもくろんでいたと告発されている。エルゲネコン フレッシュアイペディアより)

  • カハネ主義

    カハネ主義から見た暗殺暗殺

    メイル・カハネは1990年に暗殺されるが、メイル・カハネの息子であるビニャミン・ゼエヴ・カハネがカハを「カハネ・ハイ」(カハネは生きている)と改め、政治活動を行っていた(ビニャミンも2000年に暗殺される)。カハネ主義 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の政治

    2004年の政治から見た暗殺暗殺

    5月5日 - チェチェン共和国のアフマド・カディロフ大統領が暗殺される。2004年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • イスラエル総保安庁

    イスラエル総保安庁から見た暗殺暗殺

    シャバックは、情報収集の手段としてヒューミントを多用している。対イスラエル攻撃計画や、パレスチナ要人の所在地などについての情報を収集する目的で、パレスチナ人の居住地区や組織の内部に協力者を確保し、情報提供を受けている。シャバックはハマースやイスラーム聖戦のようなパレスチナ組織の指導者を標的とする暗殺作戦において、情報提供者を使って圧倒的な成功を収めてきた。アフマド・ヤースィーンやアブドゥルアズィーズ・アッ=ランティースィー殺害では、シャバックが如何にパレスチナ側に浸透しているかを示している。イスラエル総保安庁 フレッシュアイペディアより)

  • ロマノフ朝

    ロマノフ朝から見た暗殺暗殺

    1825年にアレクサンドル1世が死去した。彼の子は全て夭折していたため、弟のニコライ1世が継いだ。すると立憲君主制を求めてデカブリストの乱が起こる。ニコライ1世はこれを厳しく弾圧し、以後皇帝は極端すぎる保守・絶対政治を行った。ニコライ1世も近代化と積極的な対外進出を目指したが、志半ばで1855年に死去した。跡を継いだアレクサンドル2世は近代化の妨げとなっていた農奴制を解放(農奴解放令)して近代化を進めるも、ポーランドでの反乱や後継者の早世で失意に陥り、最期は1881年に没落した貴族階級のポーランド人で人民の意志党員によるテロルで暗殺された。ロマノフ朝 フレッシュアイペディアより)

1627件中 31 - 40件表示

「暗殺」のニューストピックワード