1385件中 31 - 40件表示
  • ニザール派

    ニザール派から見た暗殺暗殺

    ニザール派はハサニ・サッバーフの指導するイラン方面のイスマーイール派で支持を獲得。11世紀末から13世紀半ばまでシリア地方からホラーサーンに点在する城砦およびその周辺領域を保持し、イラン高原のアラムート城砦を中心に独立政権を打ち立てた。時に敵対するセルジューク朝や十字軍の要人を暗殺するという手段を用いたことから暗殺教団の別称が生まれ、のちに大麻吸引などと結びつけられて伝説化した(これについては暗殺教団を参照)。ニザール派 フレッシュアイペディアより)

  • 中央情報局

    中央情報局から見た暗殺暗殺

    アメリカ合衆国に敵対する指導者の暗殺中央情報局 フレッシュアイペディアより)

  • アリー・イブン・アビー・ターリブ

    アリー・イブン・アビー・ターリブから見た暗殺暗殺

    預言者ムハンマドの父方の従弟で、彼の母もムハンマドの父の従姉妹である。後にムハンマドの養子となり、ムハンマドの娘ファーティマを娶った。ムハンマドがイスラム教の布教を開始したとき、最初に入信した人々のひとり。直情の人で人望厚く、武勇に優れていたと言われる。早くからムハンマドの後継者と見做され、第3代正統カリフのウスマーンが暗殺された後、第4代カリフとなったが、対抗するムアーウィヤとの戦いに追われ、661年にハワーリジュ派によって暗殺される。アリー・イブン・アビー・ターリブ フレッシュアイペディアより)

  • 鉄腕バーディー

    鉄腕バーディーから見た暗殺暗殺

    奥の院に仕える神祇官でイクシオラの女性。その中でも「特殺官」と呼ばれる奥の院の暗部をなす役職についており、予め指定された対象者をその場で殺害する暗殺者である。過去、政治的理由から当人には罪は無いが連邦にとって存在自体が不都合な無抵抗の人物を殺害したこともある(『迷宮の王』)。「神話時代 - 帝国時代のブラックボックス」を解く呪文を正確に発音できる人種がアルタ人とエネマ人に限られるため、一部の神祇官はアルタ人である必要があるらしいが、それ以上に能力的に優れるためか、アルタ人としては破格の高待遇を受けており、かなりのエリート。怜悧な判断力と業務遂行能力を持つが、やや高慢さが目立つ。鉄腕バーディー フレッシュアイペディアより)

  • ヒ素

    ヒ素から見た暗殺暗殺

    亜ヒ酸を含む砒石は日本では古くから「銀の毒」、「石見銀山ねずみ捕り」などと呼ばれ殺鼠剤や暗殺などに用いられていた。ヒ素 フレッシュアイペディアより)

  • 神聖ローマ帝国

    神聖ローマ帝国から見た暗殺暗殺

    ハインリヒ6世の息子フリードリヒ2世は1196年に2歳で既にドイツ王に選出されていたが、幼少であった彼の王位は排除されて当初はシチリア王とのみとなり、教皇インノケンティウス3世が後見人として摂政となった。ドイツでは1198年の二重選挙によってミュールハウゼンでホーエンシュタウフェン家のシュヴァーベン公フィリップ、ケルンではヴェルフ家のオットー4世の2人の国王が各々選出され対立した。情勢はフィリップに有利に傾いたが、1208年に暗殺された。教皇インノケンティウス3世の支持を受けたオットー4世が1209年に皇帝に戴冠したが、シチリア王国に侵攻したため翌1209年に教皇から破門されてしまう。神聖ローマ帝国 フレッシュアイペディアより)

  • 足利義勝

    足利義勝から見た暗殺暗殺

    生まれてすぐに政所執事伊勢貞国の屋敷で養育されたが、嘉吉元年(1441年)に嘉吉の乱が起こり、父が赤松満祐に暗殺されたため室町殿へ移され、翌嘉吉2年(1442年)に管領細川持之らに擁されて9歳で将軍職を継ぎ、第7代将軍となった。義勝は幼年で政治能力が無いため持之が実権を掌握、彼の死後は畠山持国・山名持豊や生母の日野重子らが実権を握り、嘉吉の乱を起こした満祐の討伐、嘉吉の徳政一揆などを平定した。足利義勝 フレッシュアイペディアより)

  • 管領

    管領から見た暗殺暗殺

    嘉吉元年(1441年)に義教が赤松満祐に暗殺されると、管領細川持之は直ちに守護を召集して義教の嫡男義勝を7代将軍に擁立、幼少の義勝に代わり管領主導の政治体制を整えて満祐を討伐(嘉吉の乱)、翌嘉吉2年(1442年)に持之が辞任して畠山持国に交代、嘉吉3年(1443年)の義勝死後に弟の義政を8代将軍に擁立してからは政治を主導したが、細川勝元と管領を交代しながら守護家のお家騒動への介入を行い勝元と権力闘争を繰り広げた。やがて持国も自らお家騒動を引き起こして勝元と山名宗全の介入を招き、隠居に追い込まれ失脚した。管領 フレッシュアイペディアより)

  • 足利氏

    足利氏から見た暗殺暗殺

    しかし義満が死去すると次第に将軍権力の弱体化、守護大名の台頭が顕著になって行く。第6代将軍・足利義教は父・義満の政治路線を受け継いで将軍権力の強化を行なったが、そのあまりに強硬的なやり方は周囲の反発を招き、嘉吉の乱で暗殺されるに至って、遂に将軍権力の衰退と権威の失墜が露呈する結果となった。足利氏 フレッシュアイペディアより)

  • 細川高国

    細川高国から見た暗殺暗殺

    養父政元が暗殺された後の混乱(永正の錯乱)を経て、同じく政元の養子であった阿波守護家出身の細川澄元を結果的に排除し、京兆家の家督を手中にした。澄元とは両細川の乱と呼ばれる抗争を長期に亘って継続したが、管領として幕政の掌握を続けた。細川高国 フレッシュアイペディアより)

1385件中 31 - 40件表示

「暗殺」のニューストピックワード