1385件中 41 - 50件表示
  • ピリッポス2世

    ピリッポス2世から見た暗殺暗殺

    紀元前338年にカイロネイアの戦いでアテナイ・テーバイ連合軍を破り、コリントス同盟を成立させ、スパルタを除く全ギリシアに覇権を唱えた。さらにペルシア遠征を目指したが、娘のクレオパトラとエピロス王アレクサンドロス1世との祝宴の席で護衛のにより暗殺され、ペルシア遠征の大事業は息子のアレクサンドロス3世に引き継がれた。ピリッポス2世 フレッシュアイペディアより)

  • ロマノフ朝

    ロマノフ朝から見た暗殺暗殺

    1825年にアレクサンドル1世が死去し、弟のニコライ1世が継いだ。すると立憲君主制を求めてデカブリストの乱が起こる。ニコライ1世はこれを厳しく弾圧し、以後皇帝は極端すぎる保守・絶対政治を行った。ニコライ1世も近代化と積極的な対外進出を目指したが、志半ばで1855年に死去した。跡を継いだアレクサンドル2世は近代化の妨げとなっていた農奴制を解放()して近代化を進めるも、ポーランドでの反乱や後継者の早世で失意に陥り、最期は1881年に没落した貴族階級のポーランド人で人民の意志党員によるテロルで暗殺された。ロマノフ朝 フレッシュアイペディアより)

  • パーヴェル1世

    パーヴェル1世から見た暗殺暗殺

    母エカチェリーナ2世の崩御を受けてロシア皇帝に即位する。母帝との確執からエカチェリーナの政治を全否定する政治路線を採り、次第に廷臣の離反を生み、ついには1801年3月23日クーデターによって暗殺された。パーヴェル1世 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松満祐

    赤松満祐から見た暗殺暗殺

    義教は満祐に限らず有力守護大名家に介入し、管領の斯波氏や畠山氏の他に京極氏、土岐氏、一色氏ら四職にも介入した。特に土岐・一色両家に対しては当主を暗殺して挿げ替える強攻策に出ていたため、満祐は不安を次第に強めたという。永享12年(1440年)9月22日には侍所別当の職を罷免させられたため、幕府への出仕もしなくなった。このため、義教と満祐の対立が先鋭化し、不穏な噂も絶えなかったという。赤松満祐 フレッシュアイペディアより)

  • ハマース

    ハマースから見た暗殺暗殺

    1990年代にPLOがイスラエルとの和平交渉を開始すると、ハマースはこれに強く反対し、対イスラエル強硬派の支持を得た。1995年のイスラエル首相イツハク・ラビンの暗殺、和平交渉におけるアラファートの強硬姿勢、そして2000年のリクード党首アリエル・シャロンによる岩のドーム訪問をきっかけとして、第2次インティファーダが開始されるとハマースは自爆テロやロケット砲を用いたイスラエル軍および市民へテロ攻撃を開始した。イスラエルは2004年3月22日に創設者のアフマド・ヤーシーンをアパッチ・ヘリによる攻撃により殺害した。翌日には最高幹部陣からアブドゥルアジーズ・アッ=ランティーシーが後継者となることが発表されたが、同年4月17日に再びイスラエル軍ヘリの攻撃を受け暗殺された。ハマース フレッシュアイペディアより)

  • 五・一五事件

    五・一五事件から見た暗殺暗殺

    五・一五事件(ご-いち-ご じけん)は、1932年(昭和7年)5月15日に起きた大日本帝国海軍の青年将校を中心とする反乱事件。武装した海軍の青年将校たちが首相官邸に乱入し、犬養毅首相を暗殺した。五・一五事件 フレッシュアイペディアより)

  • グナエウス・ポンペイウス

    グナエウス・ポンペイウスから見た暗殺暗殺

    グナエウス・ポンペイウス・マグヌス(', 紀元前106年9月29日 - 紀元前48年9月29日)は、共和政ローマ期の軍人であり政治家。ルキウス・コルネリウス・スッラからマグヌス'(「偉大な」の意)と称され、ガイウス・ユリウス・カエサル及びマルクス・リキニウス・クラッススと第一回三頭政治を行ったが、ローマ内戦でカエサルに敗北、最終的に暗殺された。グナエウス・ポンペイウス フレッシュアイペディアより)

  • 仕込み刀

    仕込み刀から見た暗殺暗殺

    様々な理由により刀剣を剥き出しで携行できない場合に護身用や暗殺用途に用いるために製作される武具であり、「仕込」と呼ばれるだけあり、外見からは刀と分からないように偽装されている。その多くは扇子や煙管、杖などの日用品に偽装してある場合が多い。特に、日用品に偽装したものは、大っぴらに武器を持つ事ができないが武装の必要性のある町人が護身用として持っていたようである。その中でも時代劇『座頭市』の主人公・市の得物である仕込み杖は有名である。欧州でも中世頃からソードケイン(Sword-Cane.剣杖(CaneSword とも)と呼ばれる同じ用途のものが存在する。仕込み刀 フレッシュアイペディアより)

  • 平岡定太郎

    平岡定太郎から見た暗殺暗殺

    明治39年(1906年)7月、原敬の命で福島県知事に抜擢され就任。知事として、保育所、幼稚園、農学校、商業学校、女子技芸学校にいたる各種教育施設や、公園、鉄道をつくった。明治41年(1908年)6月11日、樺太庁長官に就任。樺太の森林資源開発、パルプ工場建設、鉄道施設・港湾の整備、船舶の航路、炭田の開発などに尽力する。大正2年(1913年)、南満州鉄道会社の総裁候補になり、新聞に名が挙がる。大正3年(1914年)6月、反政友会の農商務大臣・大浦兼武の策謀による公金流用疑惑のため、原敬に樺太庁長官の辞意を伝え、辞表を提出する。大正5年(1916年)5月、定太郎の公金流用疑惑「漁業資金・印紙切手類事件」に無罪の判決が下る。その後、定太郎は南洋精糖株式会社取締役、蓮華鉱山合資会社社長などを歴任後、大正9年(1920年)10月、東京市道路局長に就任するが、同年12月、東京市道路局長を辞任。大正10年(1921年)11月4日、定太郎の後ろ盾であった原敬が暗殺される(原敬暗殺事件)。平岡定太郎 フレッシュアイペディアより)

  • バルト帝国

    バルト帝国から見た暗殺暗殺

    ※最近の評価では、カール12世の統治時代のスウェーデンは国力を維持し続け、その生存中はロシアとの長期に及ぶ戦争にも耐え切れたとも言われている。つまりカール12世の死こそがスウェーデンの衰退に繋がったとも言える(カール12世は、その死まで戦場下にあり、敗色濃厚の中、ノルウェー侵攻を強行している。海軍は疲弊しており、ノルウェー戦線は膠着気味ではあったものの、陸軍は未だに健在であり、攻勢に立っていた。しかし実情は、財政は破綻しており、厭戦機運も高まっていた。国力はすでに一国の限界を超えており、絶対君主制の下で辛うじて勢威を保っているに過ぎなかった。それでもなおカール12世の戦争は終わっておらず、ノルウェー侵攻は単なるデンマークへの牽制ではなく、バルト地方の代償として、ロシアとの共闘の上、デンマークやハノーファー、ポーランドとの戦いを目論み、ドイツ方面への権益を回復しようとしていた事から本格的な征服戦争だったとも言える。しかしながらこうしたカール12世の行動は、すでに20年近くも戦時体制を強いられて来た国内での厭戦機運を高めさせてしまったとも言える)。現実にカール12世の死には暗殺説が唱えられ、21世紀に入った現在においても、戦死か暗殺かの決着はついていない。実際にカール12世の統治時代は、スウェーデンの最後の強国時代であった。陸軍においても海軍においても周辺国を圧倒していた。一時的とは言え、環バルト海諸国を圧倒する事が出来たのは、カール12世の軍事的才能によるものであった。しかしこの様な軍事活動を行う事が出来たのは、カール11世の軍事改革の賜物であったと言える。バルト帝国 フレッシュアイペディアより)

1385件中 41 - 50件表示

「暗殺」のニューストピックワード