1385件中 51 - 60件表示
  • マルクス・ポルキウス・カト・ウティケンシス

    マルクス・ポルキウス・カト・ウティケンシスから見た暗殺暗殺

    紀元前56年3月にローマへ戻ったカトは、その年に三頭の間で行われたルッカ会談でポンペイウスとクラッススが紀元前55年の執政官に就くと密約したのに反発して、妹ポルキアの夫であったルキウス・ドミティウス・アヘノバルブスを執政官選挙に擁立したが敗北。しかし、翌年の執政官選挙(紀元前54年度)では三頭政治側の候補を破ってドミティウスが当選し、カトもプラエトル(法務官)に選出された。この頃より徐々に三頭政治側の繋がりは弱まりつつあり、紀元前53年にカルラエの戦いでクラッススが戦死したことで名実共に崩壊した。カトは反カエサルの旗頭としてポンペイウスへ徐々に接近し、紀元前52年にはクロディウスが暗殺されて混乱状態に陥ったローマを治めるために、ポンペイウスへ単独で執政官に就くように要請した。マルクス・ポルキウス・カト・ウティケンシス フレッシュアイペディアより)

  • 車爆弾

    車爆弾から見た暗殺暗殺

    起爆方法として時限式、遠隔式、対人センサー式、車の中の人による直接操作がある。建物に対する攻撃に用いられることが多いが、走行中の車列に対して行われることもある。大量の爆発物を容易に運ぶことができ、また比較的監視の目をくぐりやすいことから、車爆弾はテロやゲリラ、暗殺に多用される。安価な乗用車が用いられることが多いが、突入を阻止するためのバリケードを突破する能力が高く、より多くの爆発物を運搬することができるトラックが用いられることも多い。オートバイや自転車もこの目的のために使われたことがある。車爆弾 フレッシュアイペディアより)

  • 大正

    大正から見た暗殺暗殺

    しかし、原はその登場期に期待された程の改革もなさないままに終わり、大塚駅員だった一青年の中岡艮一により東京駅構内で暗殺された。普選運動が活発化して、平塚雷鳥や市川房枝らの婦人参政権運動も活発となった。1925年(大正14年)には、普通選挙法が成立したが、同時に治安維持法が制定された。言論界も活況を呈して、君主制と民主主義を折衷しようとした吉野作造の民本主義や美濃部達吉の天皇機関説などが現れた。大正 フレッシュアイペディアより)

  • ホーコン4世 (ノルウェー王)

    ホーコン4世 (ノルウェー王)から見た暗殺暗殺

    1204年、父ホーコン3世が反対派に暗殺された後に誕生した。1217年、貴族たちに擁されて即位した。翌年には父の代から続いていた内紛を収めることに成功した。ホーコン4世 (ノルウェー王) フレッシュアイペディアより)

  • フィンランドの歴史

    フィンランドの歴史から見た暗殺暗殺

    ロシアはアレクサンドル2世が暗殺された後、次第に反動的になっていった。特に1871年に成立したドイツ帝国に動揺したロシアは、中央集権化を進めるために帝国内の各民族への統制を強めていくことになる。1894年の露仏同盟により露独関係の亀裂は決定的となり、ロシアはきたるべき対独戦争の準備のため強権化をエスカレートさせていった。こうした背景により、フィンランド人の自治は剥奪された。フィンランド語も禁止され、公用語としてロシア語が強要された。フィンランドの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ニケフォロス2世フォカス

    ニケフォロス2世フォカスから見た暗殺暗殺

    首都の市民や教会だけでなく、皇后のテオファノも次第にニケフォロスを嫌うようになっていった。ニケフォロスは美しい妻のテオファノを彼なりに愛していたようだが、もともと都の華やかな空気で育ち、まだ若かったテオファノと、武骨な老軍人とでは反りが合うはずがなかったのである。そこへ、ニケフォロスの親族でありながら帝国軍の最高司令官を解任され、冷遇されていた甥のヨハネス・ツィミスケスが現れると、ヨハネスに関心を抱いたテオファノはヨハネスと恋仲になり、やがて2人はニケフォロスの暗殺を画策するようになった。969年12月10日から11日にかけての深夜、ついにヨハネスらはテオファノの手引きで宮殿内に侵入し、寝室で寝ていたニケフォロスを襲撃した。寝室のベッドではなく、イコンの前の床に寝ているところを斬りつけられたニケフォロスは、ヨハネスから呪いの言葉を浴びせられながら止めを刺された。その間ニケフォロスはひたすら聖母マリアに祈りを捧げていたという。ニケフォロス2世フォカス フレッシュアイペディアより)

  • 三土忠造

    三土忠造から見た暗殺暗殺

    1921年原敬首相の暗殺によって高橋内閣が成立すると内閣書記官長に抜擢される。その後、護憲三派による加藤高明内閣にて高橋が農商務大臣となると次官(1924年6月11日 - 1924年8月12日。後の組織改革によって初代農林省政務次官(1924年8月12日 - 1925年3月31日)に就任)となる。1927年昭和金融恐慌の際に成立した田中義一内閣では初め文部大臣となるが、大蔵大臣であった高橋が恐慌への対応を終えたとして大臣を辞する時に三土を後任に推薦したため、そのまま大蔵大臣に横滑りする。政友会が下野して民政党に政権が移ると、浜口内閣・第2次若槻内閣で緊縮財政や金解禁政策を主導した大蔵大臣の井上準之助に対し、財政論争を行った。その後、政友会が政権復帰した犬養内閣では逓信大臣、挙国一致の斎藤内閣では鉄道大臣として入閣した。三土忠造 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤博文

    伊藤博文から見た暗殺暗殺

    文久2年(1862年)には公武合体論を主張する長井雅楽の暗殺を画策し、品川御殿山の英国公使館焼き討ちに参加し、山尾庸三とともに塙次郎・加藤甲次郎を暗殺するなど、尊王攘夷の志士として活動した。伊藤博文 フレッシュアイペディアより)

  • 柳生宗矩

    柳生宗矩から見た暗殺暗殺

    一方で五味康祐・荒山徹・宮本昌孝・朝松健らの小説や、映画・ドラマ『柳生一族の陰謀』、大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』などにおいては、幕府安泰のために陰謀や暗殺を遂行する闇の世界の人物として描かれている。また、その中でも、秀忠を悪役とする作品では、宗矩もその配下の悪役として描かれがちである(小説では隆慶一郎の諸作や漫画『あずみ』、ゲーム『新 鬼武者 DAWN OF DREAMS』など)。また惣目付に就任していた影響などから、「裏柳生」と呼ばれる密命を帯び謀反の芽を摘み取ったり、柳生一族の邪魔になるような者を排除を目的とする忍者や武術、暗殺集団の頭領とされることもある。柳生宗矩 フレッシュアイペディアより)

  • 榎本武揚 (小説)

    榎本武揚 (小説)から見た暗殺暗殺

    北海道厚岸に住む元憲兵の旅館の主人から、ある古文書を送られた「私」が、徳川幕府海軍副総裁・榎本武揚の実像を追っていく物語。榎本暗殺を目論んだ元新撰組隊士の告発文を頼りに、榎本のその“裏切り”と“変節”の過程の真相を、五稜郭の戦いの時期の動きから追求しつつ、世間が“勤皇”か“佐幕”かと騒いでいるときに、そのどちらでもない立場があることを信じた榎本の姿を独自の視点から描き、一つの時代に忠誠であったことを咎められることを拒否する元大日本帝国陸軍憲兵の心情と、榎本武揚の「裏切り」の物語を、入れ子構造の構成で関連させながら、時代と人間との関係性、「忠誠」や「転向」とは何かを問いかけた作品である。榎本武揚 (小説) フレッシュアイペディアより)

1385件中 51 - 60件表示

「暗殺」のニューストピックワード