1627件中 51 - 60件表示
  • 民主共和党 (韓国)

    民主共和党 (韓国)から見た暗殺暗殺

    民主共和党(みんしゅきょうわとう)とは、大韓民国の第三共和国と第四共和国時代に存在した政党である。朴正煕大統領(在任期間:1963年?1979年)の与党。略称は「共和党」( コンファダン)。朴正煕の支持組織である維新政友会と並んで軍事独裁の母体となったが、朴大統領の暗殺によって消滅した。民主共和党 (韓国) フレッシュアイペディアより)

  • コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア

    コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェアから見た暗殺暗殺

    15年前のプライスの上官。陸軍第22SAS連隊所属。階級は大尉。政府からイムラン・ザカエフの暗殺命令を受け、プライス(当時少尉)を連れてチェルノブイリの核物質取引現場に潜入する。『CoD:MW3』では、「ベースプレート」という名前でSASの司令官として登場している。コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア フレッシュアイペディアより)

  • スナイパーエリートV2

    スナイパーエリートV2から見た暗殺暗殺

    本作は、タイトルに「V2」とある通り、V2ロケットに関する陰謀を阻止すべく活躍するアメリカ人スナイパーのカール・フェアバーンの戦いが物語の軸である。基本的にはフェアバーンが他者の支援を得ることなく敵地で単独で任務をこなすという性質上、いかに敵に見つからずに目的地へ移動したり、敵兵に気付かれることなく暗殺したり死体を隠すといったことも重要視されているが、最も重要なのはスナイパーとして的確に狙撃をこなすということである。このため、敵を狙撃して倒すと他の殺害方法よりも高得点を得られる。具体的には頭部を狙ったヘッドショットや心臓や内臓・首を狙ったバイタルショット(いずれの場合も一撃死)で、標的への距離が遠ければ遠いほど得点も高くなる。この他、射線上に並んだ敵2人を1発で仕留めたり、狙撃以外では地雷などのトラップで敵を倒した場合も、ハンドガンやサブマシンガンで殺傷した場合より高得点を得られる。スナイパーエリートV2 フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見た暗殺暗殺

    1992年に、マフィアに対する捜査を率いて国民的人気を得ていたジョヴァンニ・ファルコーネ判事が、シチリア島のパレルモを車で移動中にサルヴァトーレ・リイナ指揮下のマフィアによって高速道路に仕掛けられた爆弾によって暗殺されたことで、その後マフィアに対する取り締まりが強化したこともあり、近年では殺人などの凶悪犯罪は減ってきているとされる。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • グナエウス・ポンペイウス

    グナエウス・ポンペイウスから見た暗殺暗殺

    グナエウス・ポンペイウス・マグヌス(', 紀元前106年9月29日 - 紀元前48年9月29日)は、共和政ローマ期の軍人であり政治家。ルキウス・コルネリウス・スッラからマグヌス'(「偉大な」の意)と称され、ガイウス・ユリウス・カエサル及びマルクス・リキニウス・クラッススと第一回三頭政治を行ったが、ローマ内戦でカエサルに敗北、最終的に暗殺された。グナエウス・ポンペイウス フレッシュアイペディアより)

  • マルクス・ポルキウス・カト・ウティケンシス

    マルクス・ポルキウス・カト・ウティケンシスから見た暗殺暗殺

    紀元前56年3月にローマへ戻ったカトは、その年に三頭の間で行われたルッカ会談でポンペイウスとクラッススが紀元前55年の執政官に就くと密約したのに反発して、妹ポルキアの夫であったルキウス・ドミティウス・アヘノバルブスを執政官選挙に擁立したが敗北。しかし、翌年の執政官選挙(紀元前54年度)では三頭政治側の候補を破ってドミティウスが当選し、カトもプラエトル(法務官)に選出された。この頃より徐々に三頭政治側の繋がりは弱まりつつあり、紀元前53年にカルラエの戦いでクラッススが戦死したことで名実共に崩壊した。カトは反カエサルの旗頭としてポンペイウスへ徐々に接近し、紀元前52年にはクロディウスが暗殺されて混乱状態に陥ったローマを治めるために、ポンペイウスへ単独で執政官に就くように要請した。マルクス・ポルキウス・カト・ウティケンシス フレッシュアイペディアより)

  • 足利氏

    足利氏から見た暗殺暗殺

    しかし義満が死去すると次第に将軍権力の弱体化、守護大名の台頭が顕著になって行く。第6代将軍・足利義教は父・義満の政治路線を受け継いで将軍権力の強化を行なったが、そのあまりに強硬的なやり方は周囲の反発を招き、嘉吉の乱で暗殺されるに至って、遂に将軍権力の衰退と権威の失墜が露呈する結果となった。足利氏 フレッシュアイペディアより)

  • 三土忠造

    三土忠造から見た暗殺暗殺

    1921年(大正10年)原敬首相の暗殺によって高橋内閣が成立すると内閣書記官長に抜擢される。その後、護憲三派による加藤高明内閣にて高橋が農商務大臣となると次官(1924年(大正13年)6月11日 - 1924年(大正13年)8月12日。後の組織改革によって初代農林省政務次官(1924年(大正13年)8月12日 - 1925年(大正14年)3月31日)に就任)となる。1927年(昭和2年)昭和金融恐慌の際に成立した田中義一内閣では初め文部大臣となるが、大蔵大臣であった高橋が恐慌への対応を終えたとして大臣を辞する時に三土を後任に推薦したため、そのまま大蔵大臣に横滑りする。政友会が下野して立憲民政党に政権が移ると、浜口内閣・第2次若槻内閣で緊縮財政や金解禁政策を主導した大蔵大臣の井上準之助に対し、財政論争を行った。その後、政友会が政権復帰した犬養内閣では逓信大臣、挙国一致の斎藤内閣では鉄道大臣として入閣した。三土忠造 フレッシュアイペディアより)

  • ニケフォロス2世フォカス

    ニケフォロス2世フォカスから見た暗殺暗殺

    首都の市民や教会だけでなく、皇后のテオファノも次第にニケフォロスを嫌うようになっていった。ニケフォロスは美しい妻のテオファノを彼なりに愛していたようだが、もともと都の華やかな空気で育ち、まだ若かったテオファノと、武骨な老軍人とでは反りが合うはずがなかったのである。そこへ、ニケフォロスの親族でありながら帝国軍の最高司令官を解任され、冷遇されていた甥のヨハネス・ツィミスケスが現れると、ヨハネスに関心を抱いたテオファノはヨハネスと恋仲になり、やがて2人はニケフォロスの暗殺を画策するようになった。969年12月10日から11日にかけての深夜、ついにヨハネスらはテオファノの手引きで宮殿内に侵入し、寝室で寝ていたニケフォロスを襲撃した。寝室のベッドではなく、イコンの前の床に寝ているところを斬りつけられたニケフォロスは、ヨハネスから呪いの言葉を浴びせられながら止めを刺された。その間ニケフォロスはひたすら聖母マリアに祈りを捧げていたという。ニケフォロス2世フォカス フレッシュアイペディアより)

  • バアス党

    バアス党から見た暗殺暗殺

    バアス党の創設者の一人であるミシェル・アフラクがフランス共産党の植民地政策容認に失望するまでは共産党の活動家だったようにマルクス主義の影響はあるものの(サラーフッディーン・アル=ビータールもマルクス主義者であった)、イラクのバアス党はアブド・アル=カリーム・カーシム首相がアラブ連合共和国への参加を拒むとイラク支部長のフアード・リカービーは閣僚を辞任して1956年からのカーシムの属する国民民主党やイラク共産党との同盟を解消してカーシム暗殺未遂事件を起こし、ラマダーン革命の際はカーシムを支持した共産党を弾圧している(1963年11月イラククーデターでバアス党はナセル主義者に追放され、7月17日革命で樹立したアフマド・ハサン・アル=バクル政権は共産党とイラク国民進歩戦線を結成し、共産党員を2名入閣させるも後に弾圧し、小さなセクトのみ容認した)。シリアのバアス党は1950年代から共産党との共闘路線を続けており、現在のバッシャール・アル=アサド政権下でもシリア国民進歩戦線でシリア共産党と連立して入閣させ続けているなど容共である。バアス党 フレッシュアイペディアより)

1627件中 51 - 60件表示

「暗殺」のニューストピックワード