1385件中 71 - 80件表示
  • クヌーズ3世 (デンマーク王)

    クヌーズ3世 (デンマーク王)から見た暗殺暗殺

    1154年、シュレースヴィヒ公ヴァルデマー(エーリク3世の従弟、後のヴァルデマー1世)と同盟を結び、スヴェン3世を追放した。1157年に和睦が成立、クヌーズ3世はシェラン島とフュン島を治めることに決まったが、8月9日にロスキレで開かれた祝宴でスヴェン3世の刺客に暗殺された。ヴァルデマー1世はユトランド半島へ逃げ延び、グラーテ・ヘーゼの戦いでスヴェン3世を討ち取ってデンマークの内乱を終結させた。異父妹ソフィアは同年にヴァルデマー1世と結婚した。クヌーズ3世 (デンマーク王) フレッシュアイペディアより)

  • フロンティア (漫画)

    フロンティア (漫画)から見た暗殺術暗殺

    本編主人公。「北」の潜入工作員にして、「北」独自の暗殺術「黒の技法」の使い手。「目黒勇一」という名は工作員としての偽名で、黒童からは「ピョウ」と呼ばれる。15年間日本に潜伏し、日本人として暮らしてきたが、妻である花の死の直後、上官であるフクロウの命を受け、逃走した同胞、リンとユンの追討に向かう。フロンティア (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • マキバサシガメ

    マキバサシガメから見た暗殺暗殺

    マキバサシガメ(牧場刺椿象・牧場刺亀虫)はカメムシ目・トコジラミ下目・トコジラミ上科・マキバサシガメ科(Nabidae)に分類される昆虫の総称。世界中に分布しており、他の昆虫などを襲う捕食性のカメムシである。学名のNabidae はタイプ属の Nabis から。この属名は古代ギリシアのポリス、スパルタの終末期の国政改革を行い、暗殺によって非業の死を遂げた王族出身の僭主ナビス(Nabis)に由来するとされている。マキバサシガメ フレッシュアイペディアより)

  • FOXDIE

    FOXDIEから見た暗殺暗殺

    FOXDIE(フォックスダイ)は、コナミのゲームシリーズ『メタルギア』に登場する架空のウイルス。初期型、変異型、新型の3種類があるが、単に「FOXDIE」と呼称する場合は初期型を指す事が多い。ジョージ・シアーズ(ソリダス・スネーク)の指示のもと、DIA所属のリチャード・エイムズが暗殺兵器開発プロジェクトを計画。ATGC社のナオミ・ハンターを中心に開発を進めていた。ナオミが開発した遺伝子特定プログラムにより、特定の人物だけを狙って殺害できる。名称は、シャドー・モセス事件において、特殊部隊FOXHOUNDの隊員を殺害目標に設定したことに由来する。FOXDIE フレッシュアイペディアより)

  • 毛沢東暗殺陰謀事件

    毛沢東暗殺陰謀事件から見た暗殺暗殺

    毛沢東暗殺陰謀事件(もうたくとうあんさついんぼうじけん)とは、中華人民共和国(中国)の当時の毛沢東主席を暗殺しようとする陰謀があったとされる事件。この事件では日本人とイタリア人が有罪となり処刑されたが、冤罪との指摘もある。毛沢東暗殺陰謀事件 フレッシュアイペディアより)

  • 天使祝詞 (漫画)

    天使祝詞 (漫画)から見た暗殺暗殺

    組織から結に彼の暗殺命令が出て、最後は宮城にとどめを刺され、死亡する。天使祝詞 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • ピャスト家

    ピャスト家から見た暗殺暗殺

    大ポーランドを治めた一門で、ボレスワフ3世の3男ミェシュコ3世を祖とする。玄孫のプシェミスウ2世は1295年にポーランド王になるが翌年に暗殺され、婿のボヘミア王ヴァーツラフ2世がポーランド王になり、暫くの間、プシェミスル朝に拠る支配が続く。ピャスト家 フレッシュアイペディアより)

  • ボレスワフ3世ロズジュトヌィ

    ボレスワフ3世ロズジュトヌィから見た暗殺暗殺

    ボレスワフ3世がボヘミア宮廷に現れてマルケータ王女と婚約して以後、ヴァーツラフ2世はこの未来の婿を寵愛し始めた。その寵愛ぶりは王の近しい男性親族達を恐れさせるほどで、彼らは若いレグニツァ公がボヘミアの次期国王候補として有力なライバルとなることを悟らされた。息子を後継者としては不適格だと思っていたヴァーツラフ2世(1300年からはポーランド王を兼ねた)が1305年に急死し、翌1306年に息子ヴァーツラフ3世がオロモウツで暗殺されると、ボレスワフ3世はボヘミアの王位を狙えるきわめて重要な立場になった。ボレスワフ3世は「ポーランド王位の相続者(haeres Regni Poloniae)」を名乗り、ボヘミア王位継承争いに参加した。ボレスワフ3世ロズジュトヌィ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィエルコポルスカ・ピャスト家

    ヴィエルコポルスカ・ピャスト家から見た暗殺暗殺

    一族の中でポーランド君主(クラクフ公)の座に就いたのはミェシュコ3世老公、その末息子ヴワディスワフ3世(細足公)、そして一族最後の男子となったプシェミスウ2世である。プシェミスウ2世は1295年、2世紀ぶりにポーランド国王として戴冠を果たしたが、翌1296年に暗殺された。1338年、プシェミスウ2世の従妹で、ヴワディスワフ1世(短躯王)の未亡人であるヤドヴィガ・ボレスワヴヴナが没すると同時に、ヴィエルコポルスカ公家の血統は最終的に絶えた。ヴィエルコポルスカ・ピャスト家 フレッシュアイペディアより)

  • 政治小説

    政治小説から見た暗殺暗殺

    代表的な作品としては、1881年のアレクサンドル2世暗殺を描いた宮崎夢柳の『鬼啾啾』をはじめ、桜田百衛の『西洋血潮小暴風』、小室案外堂の『東洋民権百家伝』、矢野龍渓の『経国美談』、東海散士の『佳人之奇遇』、末広鉄腸の『雪中梅』などが挙げられる。特に『経国美談』・『佳人之奇遇』は当時の若者に強い支持を受け、『雪中梅』の写実主義的な筆致は後世の文学にも少なからず影響を与えた。だが、その一方で旧態依然の古風な漢文体の文章で類型的な人物描写であったために、文学そのものの革新を促す動きにはつながらず、自由民権運動が収束する1890年代には急速に衰退していった。ただし、これまで小説を卑しいものと捉えてきた知識人階層が政治・社会問題を題材として小説を書いたことが小説および文学への偏見を改善させ、近代文学が社会に受容される基盤を作ったとする見方もある。政治小説 フレッシュアイペディアより)

1385件中 71 - 80件表示

「暗殺」のニューストピックワード