1627件中 81 - 90件表示
  • ラングーン事件

    ラングーン事件から見た暗殺暗殺

    事件は北朝鮮工作員により、ビルマを訪問中であった大韓民国(韓国)の全斗煥大統領一行の暗殺を狙って引き起こされた。韓国では「ボマ事件()」とも呼ばれている(「ボマ」はビルマの朝鮮語読み)。司令部は工作員が多数配置されていた在マレーシア北朝鮮大使館とされる。ラングーン事件 フレッシュアイペディアより)

  • アンナ・リンド

    アンナ・リンドから見た暗殺暗殺

    アンナ・リンド(Ylva Anna Maria Lindh、1957年6月19日 - 2003年9月11日)は、スウェーデンの政治家。1994年から1998年まで環境相、1998年から暗殺されるまで外相を歴任した。アンナ・リンド フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木高行

    佐々木高行から見た暗殺暗殺

    慶応4年(明治元年、1868年)に戊辰戦争が開始、それに伴い1月に江戸幕府の長崎奉行河津祐邦が現地から脱走すると、海援隊を率いて長崎奉行所を接収、長崎に赴任して来た長崎裁判所総督澤宣嘉と参謀井上馨の推薦で参謀助役に任命、空白地帯の長崎取り締まりを任された。長崎で隠れキリシタン裁判(浦上四番崩れ)と土佐藩が起こしたフランス軍水兵殺傷事件(堺事件)に関わった後富岡県知事・天草県知事を務め刑法官に出仕、明治2年(1869年)に発生した横井小楠暗殺事件の取調べや東京奠都の明治天皇迎え入れ、戊辰戦争で敗れた榎本武揚ら戦犯の処分も引き受けた。同年に刑法官副知事となり、翌明治3年(1870年)12月20日に鶴田皓・津田真道・水本成美・邨岡良弼らと協力して刑法の新律綱領制定を果たした。その功績により参議、翌明治4年(1871年)に司法大輔に昇進、11月からは岩倉使節団の一員(理事官)として平賀義質・岡内重俊を連れて欧米各国の司法制度調査のため各国を巡る。佐々木高行 フレッシュアイペディアより)

  • 榎本武揚 (小説)

    榎本武揚 (小説)から見た暗殺暗殺

    『榎本武揚』(えのもとたけあき)は、安部公房の長編小説。前衛的な作風の多い安部文学の中では異色の歴史小説である。北海道厚岸に住む元憲兵の旅館の主人から、ある古文書を送られた「私」が、徳川幕府海軍副総裁・榎本武揚の実像を追っていく物語。榎本暗殺を目論んだ元新撰組隊士の告発文を頼りに、榎本の「裏切り」と「変節」の過程の真相を、五稜郭の戦いの時期の動きから追求しつつ、世間が「勤皇」か「佐幕」かと騒ぐ中、そのどちらでもない立場があることを信じた榎本の姿を独自の視点で描いている。戦時の忠誠を咎められることを拒否する元大日本帝国陸軍憲兵の心情と、幕末の榎本の「裏切り」の物語を入れ子構造の構成で関連させながら、時代と人間との関係性、「忠誠」「転向」とは何かを問いかけた作品である。榎本武揚 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 赤松氏

    赤松氏から見た暗殺暗殺

    15世紀に入ると、永享元年(1429年)に播磨の土一揆が発生するなど、その支配力に次第に翳りが見え始める。更に6代将軍足利義教は赤松満政や赤松貞村といった庶流を優遇し、本家である赤松満祐・教康父子を冷遇し始めた。嘉吉元年(1441年)、満祐父子は義教を自邸で暗殺し、播磨に帰国した。この嘉吉の乱により山名持豊(宗全)を中心とした幕府軍の追討を受け、満祐は城山城で自害し教康も殺された。三国の守護職は山名氏が承継した。また、1444年に満政が宗全に討たれ、1455年には赤松則尚が挙兵したが宗全に敗れ自害して果てた。赤松氏 フレッシュアイペディアより)

  • ベニグノ・アキノ・ジュニア

    ベニグノ・アキノ・ジュニアから見た暗殺暗殺

    独裁体制を敷いたフェルディナンド・マルコス大統領時代、国民に広く人気があったベニグノ・アキノは、マルコス政権にとっての脅威であり国外追放されていたが、追放先のアメリカ合衆国から帰国した際、マニラ国際空港で暗殺された。ニノイの死後、エドゥサ革命によりマルコス政権は崩壊し、ベニグノの妻コラソン・アキノ(コリー)がフィリピン大統領に就任した。ベニグノ・アキノ・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • 柳生宗矩

    柳生宗矩から見た暗殺暗殺

    一方で五味康祐・荒山徹・宮本昌孝・朝松健らの小説や、映画・ドラマ『柳生一族の陰謀』、大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』などにおいては、幕府安泰のために陰謀や暗殺を遂行する闇の世界の人物として描かれている。また、その中でも、秀忠を悪役とする作品では、宗矩もその配下の悪役として描かれがちである(小説では隆慶一郎の諸作や漫画『あずみ』、ゲーム『新 鬼武者 DAWN OF DREAMS』など)。また惣目付に就任していた影響などから、「裏柳生」と呼ばれる密命を帯び謀反の芽を摘み取ったり、柳生一族の邪魔になるような者を排除を目的とする忍者や武術、暗殺集団の頭領とされることもある。柳生宗矩 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国

    大韓民国から見た暗殺暗殺

    朴正煕の暗殺により、急速に規制が解かれた韓国の政治はソウルの春と呼ばれる民主化の兆しを見せたが、1979年12月12日より始まった粛軍クーデターにより、全斗煥陸軍少将を始めとした「新軍部」が軍を掌握した。新軍部の権力奪取の動きに対して、反対運動が各地で発生したが、80年5月17日に非常戒厳令拡大措置が発令され、政治活動の禁止と野党政治家の一斉逮捕が行われた。5月18日、光州では、戒厳軍と学生のデモ隊の衝突が起こり、これをきっかけに市民が武装蜂起したが、5月27日、全羅南道道庁に立てこもる市民軍は、戒厳軍により武力鎮圧された。(光州事件)。新軍部は朴正煕暗殺後に大統領の職を引き継いでいた崔圭夏を8月16日に辞任させ、全斗煥が大統領に就任し、憲法を改正。翌81年2月25日に行われた選挙により全斗煥が大統領に選出された。1987年、大統領の直接選挙を求める6月民主抗争が起こり、与党の盧泰愚大統領候補による6.29民主化宣言を引き出されため、大統領直接選挙を目指した改憲が約束された。しかしながら、12月に行われた大統領選挙では、野党側の有力な候補が、金泳三、金大中に分裂したために、全斗煥の後継者である盧泰愚が大統領に当選し、軍出身者の政権が続くこととなった。大韓民国 フレッシュアイペディアより)

  • 陰謀

    陰謀から見た暗殺暗殺

    一般に、相手にとっては不利となる行為を計画する時、人(グループ)は計画を練っていること自体を相手に伏せる。例えば、何らかの事情・目的で人を暗殺しようと考えている人やグループは、その実行計画を表立っておおっぴらに練ったりはしない。当然ながら相手側に知られないようにその計画を練る。暗殺されそうになっている(されそうになった)側から見れば、その暗殺計画は「陰謀」ということになる。陰謀 フレッシュアイペディアより)

  • 番衆

    番衆から見た暗殺暗殺

    幕府の番衆の元は鎌倉幕府の源頼朝時代に弓矢に優れた側近の御家人を日夜身辺に置いたことに由来するとされる。源実朝の暗殺後、小侍所が設置され、6番制によって1日1番の小番が編成された。小番の中にも近習番・廂番・申次番などが設けられ、有力御家人の子弟が任ぜられた。彼らは将軍近習層を形成して、時には執権勢力と対抗関係となり、政治的紛争の原因となった。番衆 フレッシュアイペディアより)

1627件中 81 - 90件表示

「暗殺」のニューストピックワード