1385件中 81 - 90件表示
  • 季友

    季友から見た暗殺暗殺

    前662年8月5日に荘公が没し、第17代君主の座に荘公の子である公子斑を擁立するが、魯公となった子斑を慶父が殺し、その異母弟の公子啓(後の閔公)を擁立したため、季友は陳に一時亡命することとなった。その後、閔公が斉の桓公に季友を魯に帰国させる事を訴え、桓公はこれを承諾し、季友は帰国した。その際、閔公自ら季友を迎えに来たことから、季友は閔公からも絶大な信頼を得ていたことがうかがえる。しかし、前660年に魯公の座を狙っていた慶父が閔公も暗殺した為に、季友は公子申(後の第19代君主僖公)と共に今度は別の隣国の邾に亡命することとなった。季友 フレッシュアイペディアより)

  • 神尾山城

    神尾山城から見た暗殺暗殺

    その後柳本賢治は中嶋の戦いで暗殺され、高国は大物崩れで細川晴元・三好元長らに敗れて自害、尹賢も殺害され一旦城史は不明となるが、『証如上人日記』によると天文15年(1546年)、細川晴元は三好長慶が擁立した細川氏綱(尹賢の子、高国の養子)に敗れ「丹波カンノチ」(神尾山城)へ没落と明記されているが、これは氏綱方の上野元治が足利義晴を迎え取ろうと同年9月13日に入京し、これに危機感を覚えた晴元が丹波へ落ち延びており、この時の記述ではないかと思われる。その後晴元は丹波を出国、摂津に入国し神呪寺城、越水城へ移動し、舎利寺の戦いに繋がっていく。神尾山城 フレッシュアイペディアより)

  • チェチェン・イチケリア共和国大統領

    チェチェン・イチケリア共和国大統領から見た暗殺暗殺

    チェチェン・イチケリア共和国は、初代大統領ジョハル・ドゥダエフの一方的なソ連邦からの独立と建国宣言により建国されたが、これを阻止しようとするロシア連邦との間で勃発したのが第一次チェチェン紛争である。同国大統領は、ロシア連邦構成主体のチェチェン共和国を事実上の領土として統治していたが、第二次チェチェン紛争中の2000年に首都としていたグロズヌイがロシア連邦軍により陥落させられ、ロシア主導のチェチェン共和国政府が擁立されたことで、それ以降は国家の統治者としての実体を失い反露武装勢力の指導者としてロシアに追われる立場になった。その結果、第二次チェチェン紛争終結までに4人の大統領がロシア当局により暗殺されている。大統領死亡時は副大統領が大統領職を継承した。チェチェン・イチケリア共和国大統領 フレッシュアイペディアより)

  • 1908年の政治

    1908年の政治から見た暗殺暗殺

    2月1日 - ポルトガル国王カルルシュ1世(カルロス1世)とその皇太子が暗殺される。1908年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 一色義貫

    一色義貫から見た暗殺暗殺

    義貫は4ヶ国を兼ねる有力守護となり、そのために義教に警戒され、暗殺されたと言われる。また、一色氏内部でも家督をめぐり兄持範・甥である教親との抗争があった。一色氏の遺領地は分配され、一色氏は没落する。一色義貫 フレッシュアイペディアより)

  • 福原信冬

    福原信冬から見た暗殺暗殺

    過激な攘夷論者で、文久2年(1864年)に、久坂玄瑞、中谷正亮とともに長州藩を脱藩。航海遠略策を唱え、藩内で勢威を増していた長井雅楽の暗殺をたくらむが、未遂に終わった。同年には、高杉晋作らとともに御楯組を組織して、英国公使館焼き討ち事件に加わる。福原信冬 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤宗円

    斎藤宗円から見た暗殺暗殺

    宝徳2年(1450年)9月1日、京都の山名氏邸から守護代邸に帰る途中、近衛油小路で富島氏の手の者により暗殺された。享年62。下剋上を行った者として京都市民の間では評判が悪く、その死を悼む者は少なかったという。斎藤宗円 フレッシュアイペディアより)

  • ウルリカ・アルヴィドソン

    ウルリカ・アルヴィドソンから見た暗殺暗殺

    1792年3月16日にグスタフ3世は、オペラ座の仮面舞踏会で襲われ、13日後の3月29日に死去した。彼女の暗殺予告は人々の間に知れ渡った。この暗殺事件について、彼女の関与は疑われることはなかったが、その関連性に付いては調査された。予言が当たったことで、彼女は人々の間で恐れられるようになった。ウルリカ・アルヴィドソン フレッシュアイペディアより)

  • 第2次西園寺内閣

    第2次西園寺内閣から見た暗殺暗殺

    だが、伊藤博文の暗殺によって元老間の権力均衡が崩れて山縣有朋の発言力が増大し、更に辛亥革命の影響もあって陸軍の増強圧力が高まった。これに対して行財政改革を進める西園寺内閣はこれを拒絶するが、上原勇作陸軍大臣が辞表を提出、陸軍は軍部大臣現役武官制を盾に後任陸相の推薦を拒否したため内閣は総辞職に追い込まれた(二個師団増設問題)。第2次西園寺内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 富樫教家

    富樫教家から見た暗殺暗殺

    嘉吉元年(1441年)6月18日、教家は将軍義教の勘気を蒙り、突如として加賀守護を解任されて逐電した。富樫氏の家督は当時醍醐寺の喝食となっていた弟が還俗して継ぎ、泰高と名乗り守護となった。しかし、教家の逐電から僅か6日後の6月24日に義教が暗殺される(嘉吉の乱)と、教家は幕府の有力者畠山持国の支持を得て家督の奪還をねらった。守護の泰高は管領細川持之を後ろ盾としてこれに対抗し、富樫家中も泰高派と教家派に分裂した(加賀両流文安騒動)。富樫教家 フレッシュアイペディアより)

1385件中 81 - 90件表示

「暗殺」のニューストピックワード