1503件中 91 - 100件表示
  • 伊丹十三

    伊丹十三から見た暴力団暴力団

    1992年、特に『ミンボーの女』では、ゆすりをやる暴力団は市民が勇気を持って賢く行動すれば引き下がることを描き、観客は大喜びした。これまで日本では、映画でヤクザ(暴力団員)をヒーローとして扱い礼賛していた(「ヤクザ映画」という一ジャンルが存在する)。公開1週間後の5月22日夜に、自宅の近くで刃物を持った5人組に襲撃され、顔や両腕などに全治三ヶ月の重傷を負うが、「私はくじけない。映画で自由をつらぬく。」と宣言した(病院に搬送された際に取材陣から「大丈夫ですか!?」と声をかけられて、声こそ出なかったもののピースサインで応えた)。警察は現場の車より山口組(稲川組)系後藤組の犯行であることを突き止めた。5人の組員が4年から6年の懲役刑となった。伊丹十三 フレッシュアイペディアより)

  • ロッキード事件

    ロッキード事件から見た暴力団暴力団

    さらに、収賄、贈賄双方の立場となった全日空社長の若狭得治以下数名の役員及び社員、ロッキードの販売代理店の丸紅の役員と社員、行動派右翼の大物と呼ばれ暴力団やCIAと深い関係にあった児玉誉士夫や、児玉の友人で「政商」と呼ばれた国際興業社主の小佐野賢治と相次いで逮捕者を出した。また、関係者の中から多数の不審死者が出るなど、第二次世界大戦後の日本の疑獄を代表する大事件となった。ロッキード事件 フレッシュアイペディアより)

  • 拳銃

    拳銃から見た暴力団暴力団

    火縄銃が伝来した直後から日本でも製造されており、短筒、短銃などと呼ばれていた。洋式火器が輸入されるようになった幕末から短銃、ピストル (蘭:pistool)と呼ばれるようになり、英語のハンドガン (handgun) が日本で意訳された言葉である拳銃と並んで一般的な呼称となっているほか、暴力団関係者の間でははじき、チャカといった隠語で呼ばれている。拳銃 フレッシュアイペディアより)

  • ヤクザ

    ヤクザから見た暴力団暴力団

    戦後に来日したニューヨーク・ポストの特派員ダレル・ベリガンは、その著作で有名な『やくざの社会』の中で「日本の家族は与太者の集まりであり、家族の長は与太者の長である」という文から始まる、日本社会の内部構造についての報告をまとめている。また、かつて横浜の塚越一家に所属した右翼活動家の野村秋介は、「やくざ」について説明する際に「やくざとは職業ではなく」、「実業家、ジャーナリスト、政治家にもやくざは存在する」と発言したが(出典:『暴力団新法』)これも個人間の繫がりとして絶対的権威(親分)と追随者(子分)の関係が広く社会で見られる点を示唆するものである。ただし、その上で「やくざ」を特徴づけている別の内部要因として、集団の共通目的、成立の社会的条件、存続のための経済的活動、社会的価値基準から逸脱した副次文化等がある。ジャーナリストの朝倉喬司は明治の自由民権運動と「やくざ」の関連を指摘する一方で現代の制度的空間や価値基準との関連において「暴力団」と呼ばれるとしている(出典:『ヤクザ』)。ヤクザ フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見た暴力団暴力団

    現在は、70歳以上の高齢者の受け入れ先が就業支援目的の自立支援センターであるが、高齢のため就職先が殆どない。野外に寝泊りする年金受給者から、暴力団が「居場所代」として毎月数万円を巻き上げている例もある。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • 松山 千春

    松山千春から見た指定暴力団暴力団

    図越利次…指定暴力団会津小鉄会5代目会長松山千春 フレッシュアイペディアより)

  • 西田昌司

    西田昌司から見た暴力団暴力団

    2011年(平成23年)からは民主党政権にかかわる問題の追及を集中的に行う。2011年(平成23年)3月以降、前原誠司・野田佳彦・蓮舫・菅直人らの在日外国人や暴力団関係者との「政治とカネ」問題及び「黒い関係」問題、「市民の党」や「がんばろう、日本!」国民協議会に関する「民主党の闇」問題を追及。民主党のTPPや財政再建の方針に対して明確な態度を示さない党執行部と対立することが多くなる。西田昌司 フレッシュアイペディアより)

  • 入れ墨

    入れ墨から見た暴力団暴力団

    日本の暴力団や中華系の幇など、反社会的な組織の構成員の多くが入れ墨を入れている。欧米においても、ロシアのマフィアや米国の白人至上主義団体が入れ墨を構成員の象徴として用いている。入れ墨 フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見た暴力団暴力団

    マフィアの各組織はファミリーと呼ばれ、首領(ボスあるいはドン、カポとも言う)、アンダーボス(underboss…暴力団の若頭に相当)をトップとして、複数のカポ・レジーム(capo régime、幹部、カポあるいはキャプテンとも言う)の率いる二次組織(英語では"crew"と呼ばれることが多い)に各ソルジャー(構成員)は属しており、ピラミッド型の構成となっている。その他に、コンシリエーレ(consigliere、顧問)と呼ばれる役職がおかれているが、これは組織の中では重要なポストで、通常カポレジームを通してしかボスやアンダーボスと接触できないソルジャーがカポ・レジームと問題を抱えた時に直接相談できる役職として設けられた。また、それぞれのソルジャーの配下には何名かのアソシエーテ(Associate、準構成員)がおり、その民族構成についてはイタリア系アメリカ人あるいはイタリア人以外の人物も含まれている。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE

    PRIDEから見た暴力団暴力団

    地上波放送を手がけていたフジテレビが重大な契約違反があったことを理由に、2006年6月5日付けでDSEとの契約を全面解除した。DSEは6月8日に開いた会見で契約解除の理由は不明としながらも、『週刊現代』が「DSEに暴力団関係者の出入りがあったとの疑いがある」と報じたことが契約解除の原因であろう、と榊原社長は推測している(詳細は後述)。6月8日にはPRIDE公開記者会見が東京プリンスホテルで行われることとなった。当日は多くのマスコミ、1千名を超えるファンがつめかけ、さらには藤田、吉田、五味らのPRIDEファイターが30名以上出席する中で会見が行われた。PRIDE フレッシュアイペディアより)

1503件中 91 - 100件表示

「暴力団」のニューストピックワード