1738件中 11 - 20件表示
  • 全国暴力追放運動推進センター

    全国暴力追放運動推進センターから見た暴力団暴力団

    全国暴力追放運動推進センター(ぜんこくぼうりょくついほううんどうすいしんセンター)は、暴力団のいない安全で明るく住みよい社会の実現を目指しつつ、暴力団員による不当な行為と被害の防止を図ることを目的とした団体。全国暴追センターともいう。全国暴力追放運動推進センター フレッシュアイペディアより)

  • 中野会若頭射殺事件

    中野会若頭射殺事件から見た指定暴力団暴力団

    中野会若頭射殺事件(なかのかいわかがしらしゃさつじけん)とは、平成11年(2000年)9月1日に、大阪府大阪市生野区桃谷の麻雀店「ロンクラブ」で、指定暴力団・五代目山口組(組長は渡辺芳則)二代目宅見組(組長は入江禎)傘下の幹部組員4人が、指定暴力団・中野会(組長は中野太郎)若頭・山下重夫を射殺し、山下重夫のボディガード役の田中敬介に重傷を負わせた事件。中野会若頭射殺事件 フレッシュアイペディアより)

  • 津川組相談役射殺事件

    津川組相談役射殺事件から見た暴力団暴力団

    津川組相談役射殺事件(つがわぐみそうだんやくしゃさつじけん)とは、2008年9月10日に発生した暴力団による事件。津川組相談役射殺事件 フレッシュアイペディアより)

  • 紫川事件

    紫川事件から見た暴力団暴力団

    紫川事件(むらさきがわじけん)とは、昭和38年(1963年)12月8日夜、福岡県北九州市の紫川河川敷で、暴力団・三代目山口組系地道組安藤組組員2人が、北九州の暴力団・工藤組(後の工藤會)組員の坂下繁貴ら数人に撲殺された暴力団抗争事件。この事件を切っ掛けにして、北九州市で、市民や福岡県警による「暴力追放キャンペーン」が展開された。紫川事件 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力追放青森県民会議

    暴力追放青森県民会議から見た暴力団暴力団

    1985年(昭和60年)頃には、全国で暴力団の縄張り争いによる対立抗争事件が急増し、活発化した暴力団の活動は青森県にも及び、広域暴力団の進出するきっかけとなった。青森県内で小競り合いが多発したため、県民は危機感を覚えるのに十分過ぎるほどであった。暴力に対抗しうる組織の要望が高まり、官民一体で暴力団排除活動を強力に推進することを目的として、1987年に「暴力追放青森県民会議」を設立した。それでもなお暴力団員数は増加し、必然的に県民や県内企業を対象とした不当行為が急増したため、相談活動等を恒常的に推進する必要性が生じてきていた。そして、1992年に施行した暴力団対策法を契機に「暴力追放青森県民会議」を発展的に解消し、「財団法人暴力追放青森県民会議」を設立するに至る。暴力追放青森県民会議 フレッシュアイペディアより)

  • 東組

    東組から見た指定暴力団暴力団

    東組(あずまぐみ)は、日本の大阪・西成に本部を置く暴力団。指定暴力団。構成員の総数は2011年の警察庁の報告で約180。2014年の報告で約150。東組 フレッシュアイペディアより)

  • 國粹会

    國粹会から見た暴力団暴力団

    國粹会(国粋会|こくすいかい)は、東京都に本部を置く暴力団。かつては独立した指定暴力団であったものの、2005年に山口組の二次団体となった。國粹会 フレッシュアイペディアより)

  • 関東二十日会

    関東二十日会から見た暴力団暴力団

    関東二十日会(かんとうはつかかい)は、1972年(昭和47年)に結成された、関東地方に本部を置く博徒系暴力団の親睦連絡組織。マフィアにおける“コミッション”と同じ性質のものと捉えられている。前身は関東会。関東二十日会 フレッシュアイペディアより)

  • 興行

    興行から見た暴力団暴力団

    狭い区域にたくさんの観衆を集めるという構造上の特質から、暴力による妨害に弱いため、古くから不良を手なずける意味もあって、ヤクザ者・暴力団との腐れ縁があり、またヤクザ自身が興行を手がけることも多かった。山口組の田岡一雄は昭和20年代の雑誌には「売り出し中の興行師」などと紹介されている。興行 フレッシュアイペディアより)

  • 太州会

    太州会から見た指定暴力団暴力団

    太州会(たいしゅうかい)は、日本の福岡県田川市に本部を置く暴力団。指定暴力団。構成員総数は2015年末の時点で約140人。福岡県内を専らの活動地としている。太州会 フレッシュアイペディアより)

1738件中 11 - 20件表示

「暴力団」のニューストピックワード