1738件中 21 - 30件表示
  • 生活保護の不正受給

    生活保護の不正受給から見た暴力団暴力団

    2007年、北海道滝川市で生活保護費不正受給事件が発生。暴力団組員による2億円の生活保護費詐取事件であった。不正受給していた元暴力団員の夫婦のみならず、介護タクシー会社の役員が、不正受給に関与していたとして逮捕されている。生活保護の不正受給 フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見た暴力団暴力団

    類似組織が日本の暴力団である。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • 三社祭

    三社祭から見た暴力団暴力団

    但し、「観光宣伝色が強い」「浅草の内部での結束が悪すぎる」「各町神輿連合をヤクザ(主に指定暴力団住吉会系の浅草高橋組や中村会)が組の宣伝に利用している(昔は酒をタカリにしか来なかったが、現在では同好会を主宰)」など問題点も多く、地元民の全面的支持は受けているわけではない。2007年7月13日には、「三社祭でみこしを担ぐ同好会30数団体のうち、約7割で暴力団員が代表になって」いると報じられた。祭りが暴力団の資金源になっているものとみられている。祭りには全身の刺青を露出した男性が多く参加している。2007年までの10年間に暴力団組員33人が都迷惑防止条例違反で逮捕されたほか、組員らが御輿の上によじ登って騒ぎを起こす行為が問題となり、2008年には本社神輿の担ぎ出しが中止になった。不安を訴える一般客も多く、2012年、都暴力団排除条例が施行されたことを受け、主催者側は暴力団組員らに組織名の入った半纏を着用させないよう要請するなどの対策に乗り出している。2015年、暴力団を排除する観点上の理由により、担ぎ手は刺青禁止のルールを設けた。三社祭 フレッシュアイペディアより)

  • あいりん地区

    あいりん地区から見た暴力団暴力団

    一帯は暴力団事務所が多数ある。あいりん地区 フレッシュアイペディアより)

  • 抗争事件

    抗争事件から見た暴力団暴力団

    抗争事件(こうそうじけん)は、暴力団、政治団体など同一業界に於ける勢力争いをいう。主に暴力団組織同士が話し合いではなく暴力で相手組織に対して攻撃や報復を繰り返す反社会的事件を指す場合が多い。公安や一般人に対して行う不法行為も含む。左翼政治団体同士の暴力による争いは一般に内ゲバと呼ばれる。抗争事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋アベック殺人事件

    名古屋アベック殺人事件から見た暴力団暴力団

    1986年11月、自身に加え、その弟・弟の友人が交通事故を起こし、その際に友人が広域暴力団山口組系暴力団弘道会内「薗田組」の名前を出したため、弟が薗田組事務所に連行されたため、弟を連れ戻そうと事務所に赴いたところ、同組組員から度胸を買われたことに加え、弟を解放する条件として組に入るよう求められたことからこれに応じ、薗田組組員になった。同年12月23日深夜、愛知県津島市内の食料品店に侵入し、窃盗未遂事件を起こして検挙され、翌1987年(昭和62年)1月13日付で、名古屋家裁から保護観察処分に処された。しかし、この保護観察期間中の同年2月12日には津島市内で現金などを盗む窃盗事件を起こし、同年3月20日には名古屋家裁から試験観察に付され、同県刈谷市内の運輸会社に補導委託され、この会社の寮に住み込みで勤務することとなった。家裁の処分決定後も同社に継続勤務することが決まり、同年7月20日には家裁より別件保護中の理由により不処分となったが、翌21日には会社寮を無断で退出し、会社も退職扱いとなった。やがてAは「暴力団に戻れば気楽に生活できる」と考え、中川区内の薗田組組員の集まる居宅に赴き、この家に居住するようになり、その際に組の後輩であるB・Cと知り合い、Cと交際していた共犯者のE子とも知り合い、E子を情婦としていた。名古屋アベック殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸山口組

    神戸山口組から見た指定暴力団暴力団

    神戸山口組(こうべやまぐちぐみ)は、日本の兵庫県淡路市に主たる事務所(本部)を置く指定暴力団。組員数は2016年12月末時点で約5,500人(構成員:約2,600人、準構成員等:約2,900人)。六代目山口組、住吉会および稲川会とともに警察庁から主要暴力団として位置づけられている。神戸山口組 フレッシュアイペディアより)

  • BE FREE!

    BE FREE!から見た暴力団暴力団

    なんとなく平和な日々が戻るが、以前さくら組生徒の敵討ちでひどい目にあわせた暴力団岩尾組が、本格的な復讐を始めた。対象は笹錦・島本・さくら組生徒全員である。こうしてさくら組と岩尾組の全面戦争が始まるが、東大の時計台上に追い詰められた笹錦と島本は、なんとヘリコプターからの射撃のなかをかいくぐりセックスをし、笹錦は想いを遂げ、警官と暴力団の大抗争の中をアドバルーンで脱出する。BE FREE! フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た暴力団暴力団

    暴力団対策として地方自治体による暴力団排除条例の制定や、1992年(平成4年)施行の暴力団対策法が制定されて、2015年(平成27年)に山口組から分離した神戸山口組との暴力団同士の抗争事件が激化する。組織犯罪対策として1999年(平成11年)施行の通信傍受法が制定された。交通安全として携帯電話を使用しながらの運転やシートベルトの着用義務の強化やチャイルドシートの着用の義務が強化された。高齢ドライバーの急増で事故防止のために、もみじマーク・シルバーマーク・高齢者マーク・枯れ葉マークのニックネームで呼ばれていた高齢運転者標識の創設や居眠り運転や飲酒運転の取り締まり強化を目的とする「危険運転致死傷罪」の制定が行われた。国民総背番号制など国家の情報管理が行われて、正反対の考え方としてプライバシー権から「個人情報保護法」の制定がされて、情報公開の思想から「情報公開法」が制定された。18歳以上の投票権を認めた日本国憲法の改正を是非を問う国民投票法が制定された。2015年(平成27年)に公職選挙法が改正されて選挙権年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられた。民法(成年年齢)と少年法(成人年齢)を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げることが検討された。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 工藤會

    工藤會から見た指定暴力団暴力団

    工藤會(工藤会、くどうかい)は、日本の暴力団。指定暴力団。2012年より改正暴対法に基づく「特定危険指定暴力団」。福岡県の北九州市に本部を置き、2016年末時点の構成員は約420名。。主たる活動地域(2014年時点)は福岡県、大分県、山口県、および長崎県の4県、ならびに首都圏。工藤會 フレッシュアイペディアより)

1738件中 21 - 30件表示

「暴力団」のニューストピックワード