1503件中 51 - 60件表示
  • 小桜一家

    小桜一家から見た指定暴力団暴力団

    小桜一家(こざくらいっか)は、鹿児島県を本拠の地とする暴力団。構成員総数は警察庁による2010年度の調査でおよそ100。指定暴力団であり、本部を置く鹿児島県内を専らの活動地としている。小桜一家 フレッシュアイペディアより)

  • 大門会

    大門会から見た暴力団暴力団

    大門会()は、熊本の八代を本拠地として21世紀の初頭期まで活動した暴力団。大門組と称した独立系組織を源流とし、のちに指定暴力団山口組の二次団体となるも、2008年をもって消滅。大門会 フレッシュアイペディアより)

  • 山野会

    山野会から見た指定暴力団暴力団

    山野会(やまのかい)は、20世紀に活動した暴力団。熊本県の熊本市内に本部を置いた指定暴力団であった。2001年までに消滅。山野会 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋岩太郎

    高橋岩太郎から見た暴力団暴力団

    同年、警視総監・丸山鶴吉は、初めて、大規模な暴力団摘発を実施した。高橋岩太郎は、杉並警察署に逮捕され、市ヶ谷拘置所に移送された。高橋岩太郎は、大陸浪人を自称する黒田と同房になった。黒田は、高橋岩太郎に、12、13人分の汚物が入った桶を表に出させたりした。高橋岩太郎は、29日間の拘留の末、黒田より早い釈放となった。それから、高橋岩太郎は、高円寺で通行人に絡んでいた黒田と出会った。高橋岩太郎は、飛び出しナイフで、黒田の左頬と右頬を切り裂き、腹部を刺した。高橋岩太郎は、杉並警察署に自首した。黒田は、落合一家の大竹仙太郎(落合一家渋谷大和田の貸元・山田重吉の養子で、山田重吉の娘婿。後の落合一家五代目総長)に説得されて、告訴しなかった。高橋岩太郎は、送検されず、20日間の拘留の末、釈放された。高橋岩太郎 フレッシュアイペディアより)

  • スマイル (テレビドラマ)

    スマイル (テレビドラマ)から見た暴力団暴力団

    覚醒剤事件の黒幕人物。過去に林の不良グループと関わったことがあり、林から目をつけられている。眉間には、林にナイフで切られたことによる大きな傷跡がある。現在は暴力団幹部。スマイル (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 田岡一雄

    田岡一雄から見た暴力団暴力団

    田岡 一雄(たおか かずお、1913年(大正2年)3月28日 - 1981年(昭和56年)7月23日)は、日本のヤクザ、実業家、芸能プロモーター。暴力団・三代目山口組組長。甲陽運輸社長、芸能事務所・神戸芸能社社長、日本プロレス協会副会長、神戸水上警察署一日署長。田岡満、田岡由伎の父(子は異母兄弟)。田岡一雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺広康

    渡辺広康から見た暴力団暴力団

    1986年、暴力団稲川会会長石井進(石井隆匡)は当初、住友銀行による平和相互銀行乗っ取りを阻止する側として動いていたが、岸信介元首相からの電話により寝返り、乗っ取りに協力して多額の報酬を手にし、岩間カントリークラブ開発の所有権を得た。渡辺は石井にトラブルの処理を何度も頼んだことがあり、その謝礼として石井のゴルフ場開発会社の資金調達のための銀行融資の際に数億円の債務保証をした。渡辺広康 フレッシュアイペディアより)

  • 総会屋

    総会屋から見た暴力団暴力団

    近年の法令の規制強化により株主総会ではなく、水面下での活動に軸足を移している。本来の株主総会は会社法ならびに定款に基づいて運営されその手続きは極めて厳格である。株主総会が諸要因により形骸化した中で、会社の体面を気にする経営陣を利用した暴力団の資金源(シノギ)の一つが総会屋であった(資金源となる財産上の利益とは金銭、物品、有価証券、債権、信用供与、債務免除、債務保証、サービス労務、施設提供、無償の海外旅行やゴルフコンペの参加、リハーサル出席株主への日当、社会通念を越える手土産・飲食費・交通費、株主・その関係者の慈善団体・研究機関への寄付・会費・出版物の購入・広告料など。「相当な対価を伴う合法的な商取引」も含める。またターゲット企業の総務部に顔の利くことをエサにして備品・文房具業者や弁当仕出し業者、廃棄物処理業者などに声をかけ、紹介してやるなどと称して口利き料を巻き上げる)。総会屋 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄旭琉会

    沖縄旭琉会から見た指定暴力団暴力団

    沖縄旭琉会(おきなわきょくりゅうかい)は、沖縄県を本拠の地として活動した暴力団。同県の那覇市に本部を置いた指定暴力団であり、構成員総数は2011年度の警察庁の報告によればおよそ300となっていた。沖縄旭琉会 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本キックボクシング連盟

    全日本キックボクシング連盟から見た暴力団暴力団

    2008年から、K-1を主催するFEGの協力の下で新イベント「Krush」を旗揚げした。翌2009年6月21日に、後楽園ホールで全日本キックのゼネラルマネージャーである小林聡がプロデュースした「野良犬電撃作戦2009」を開催した。しかし、これが全日本キックの最終興行となった。翌日6月22日に、全日本キック代表の金田敏男が、韓国人の不法滞在を可能にすることを目的とする偽装結婚(公正証書原本不実記録・同供用)の容疑で逮捕された。また、偽装結婚の元締めは暴力団員であり、その人物も逮捕された。報道では、金田個人のみならず、連盟そのものが反社勢力下にあることが強く示唆された。これは、1999年以降に連盟本部が所在するビルの実情などからそのように推測された。同日、全日本キックの本部も家宅捜索され、多量の資料が押収された。この事件により、同日付で金田は代表職から解任された。さらに、同年7月15日には本部が閉鎖され、7月15日から8月20日までに、連盟は解散した。全日本キックボクシング連盟 フレッシュアイペディアより)

1503件中 51 - 60件表示

「暴力団」のニューストピックワード