1738件中 61 - 70件表示
  • 愚連隊

    愚連隊から見た暴力団暴力団

    終戦直後の愚連隊は、復員軍人で社会復帰に困難を来たした者、体育会等で先輩後輩間の暴力支配関係に染まった大学や専門学校の不良学生集団、在日コリアン系・華僑系といった民族的マイノリティ集団から自生したマフィア的組織の構成員ら(後述の愚連隊出身者を参照のこと)を中心に、暴力行為の他、ゆすり・たかり、窃盗、ダフ屋、景品買い等の違法経済活動を行い、金になるものなら何にでも手を出すという風潮を持っていた。この時期の愚連隊は、博徒、的屋(テキ屋)とともに、現代型の暴力団の三大源流の一つとなっている。本来は博徒や的屋を稼業としていた古来からのヤクザ組織が、利益になることなら何にでも手を出すようになったことにも、愚連隊による影響が見られる。愚連隊 フレッシュアイペディアより)

  • 東組

    東組から見た暴力団暴力団

    東組(あずまぐみ)は、日本の大阪・西成に本部を置く暴力団。指定暴力団。構成員の総数は2011年の警察庁の報告で約180。2014年の報告で約150。東組 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草高橋組

    浅草高橋組から見た暴力団暴力団

    浅草高橋組(あさくさたかはしぐみ)は、東京都台東区浅草に本拠を置く暴力団で、指定暴力団・住吉会の2次団体。正式名称は住吉会浅草五代目高橋組。前身は、博徒系暴力団だった大和民労会の高橋組。浅草高橋組 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋岩太郎

    高橋岩太郎から見た暴力団暴力団

    同年、警視総監・丸山鶴吉は、初めて、大規模な暴力団摘発を実施した。高橋岩太郎は、杉並警察署に逮捕され、市ヶ谷拘置所に移送された。高橋岩太郎は、大陸浪人を自称する黒田と同房になった。黒田は、高橋岩太郎に、12、13人分の汚物が入った桶を表に出させたりした。高橋岩太郎は、29日間の拘留の末、黒田より早い釈放となった。それから、高橋岩太郎は、高円寺で通行人に絡んでいた黒田と出会った。高橋岩太郎は、飛び出しナイフで、黒田の左頬と右頬を切り裂き、腹部を刺した。高橋岩太郎は、杉並警察署に自首した。黒田は、落合一家の大竹仙太郎(落合一家渋谷大和田の貸元・山田重吉の養子で、山田重吉の娘婿。後の落合一家五代目総長)に説得されて、告訴しなかった。高橋岩太郎は、送検されず、20日間の拘留の末、釈放された。高橋岩太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 松山会

    松山会から見た暴力団暴力団

    松山会()は、愛媛県に本部を置いていた暴力団。2012年11月、解散した。松山会 フレッシュアイペディアより)

  • 甲府戦争

    甲府戦争から見た暴力団暴力団

    甲府戦争(こうふせんそう)は、1962年(昭和37年)10月9日から起った鶴政会(のちの稲川会)と加賀美一家との暴力団抗争事件。甲府戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 福島第一原子力発電所の用地取得

    福島第一原子力発電所の用地取得から見た暴力団暴力団

    鈴木智彦が建設業に転身した地元の元暴力団関係者に取材したところ、建設当時は地域社会と暴力団との結びつきは密接で、法律的な規制もほとんど存在しなかったという。上述のように地元の暴力団は収入源を常磐地域の炭鉱(1960年代までは日本有数の産炭地に近かった)に求めていたが、その炭鉱が閉山してく中で新たな利権として原子力発電所は地域を挙げて歓迎され、用地買収をつつがなく取り仕切るため、地元の取りまとめたとして活躍した者も居るのだという。取りまとめの際には(地元の大半が賛成状態とはいえ)「うるせえ奴を一発で黙らせる」という暴力団ならではの仕事もあった。また、土地の売却に当たってポイントとなったのは山林や田畑よりも墓地であり、これも寺社と打合せの上、檀家を取り統めて一括交渉であり、中間マージンを見返りに受け取っていた。ある集落の墓地を近隣に移転した際には、東電側が「住民票が3年以上ある人」を条件としたため、当初補償対象から漏れた家を含めるようにサポートし、感謝されたという。福島第一原子力発電所の用地取得 フレッシュアイペディアより)

  • 双愛会

    双愛会から見た指定暴力団暴力団

    双愛会(そうあいかい)は、千葉県市原市に本部を置く指定暴力団。構成員は2016年末の時点で約140人。千葉県ならびに横浜市を地盤とし、その勢力範囲は関東地方一円に及ぶ。双愛会 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤昇

    安藤昇から見た暴力団暴力団

    1952年(昭和27年)、サンドイッチマンを手配していた東京宣伝社を発展解消し、渋谷に東興業を設立。当初は不動産や各種興行など真っ当な仕事を扱っていた(銀座に洋品店も開いている)が、やがて賭博の開帳なども仕切り始め、会社は次第に暴力団の様相を呈してくるようになった。これが世に言う「安藤組」の始まりであった。安藤昇 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷男女4人殺傷事件

    熊谷男女4人殺傷事件から見た暴力団暴力団

    Aは少女と「別れるのを覚悟で話し合いをする」と勤務先の飲食店従業員に告げた。Aと少女が会った直後に、熊谷市広瀬、元稲川会系暴力団員のOが「俺が仲裁役になる」と言って姿を現す。少女はA・Oと二股交際をしていた。熊谷男女4人殺傷事件 フレッシュアイペディアより)

1738件中 61 - 70件表示

「暴力団」のニューストピックワード