126件中 31 - 40件表示
  • 暴力団

    暴力団から見たタブー

    アメリカ合衆国のマフィアにイタリア系や中国系のマイノリティが多いのと同様に、日本における暴力団の巨大化も、特定の社会集団に対する差別が原因の一つだという説がある。この説はメディアにおいてはタブーなため報道されることはないが、幾つかの書籍などにこれに関する情報が記載されている。一方猪野健治は、『やくざと日本人』の中で、昭和中期の関西や北部九州の部落の悲惨な現状を取り上げ、日本社会に「やくざとなるか土方になるか」しか、選択肢の無い若者が多く存在する事がやくざの温床であるという見解を示した。また自身の取材から得た印象として、もとより体系的な統計があるわけではないが、と断りながらも、現在の暴力団員の半数は部落も在日朝鮮人も出自に持たない「市民社会からのドロップアウト組」だろうと推測している。暴力団 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団

    暴力団から見た日本の警察

    一方で結束力の強さもあり、組織解散にまで追い込む事はどういうわけか非常に困難(最大の勢力を誇る山口組が現存する事がその証左)で、取締当局(警察)関係者と組織構成員の癒着を疑う声も多い。なお、現行法では暴力団や組員に対しては住居の自由などの基本的人権の侵害すら懸念されるほどの規制が行われているが、イタリアのマフィア対策統合法のような暴力団の存在自体の非合法化はなされていない。暴力団 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団

    暴力団から見た銃器

    江戸時代からほとんどの団体は「一家」を冠し、傘下に「組」を冠する団体を置いていた。また、明治から昭和にかけて複数の一家が集まった「会」、「連合」などが現れた。平成の現在も「会」の傘下に「一家」を置き、さらにその傘下に「組」や「興業」を置く団体が多いが最大勢力の山口組に関しては他の暴力団に比べ新興組織であるため例外と言える。社会に対しては企業や右翼団体、また近年ではNPO法人を装うこともある。 「シノギ(凌ぎ)」と呼ばれる資金獲得行為には、いわゆる「みかじめ料」(縄張り内で一般人が商業を営む際の挨拶代や権利代。用心棒料)徴収などの恐喝行為(及び、意に沿わない者や建造物等に対する放火や銃撃)、売春の斡旋、覚醒剤や麻薬などの薬物取引、集団での野生動物の密猟、テロ行為、銀行や郵便局、宝石店や博物館、美術館等の襲撃、万引きや強盗等の窃盗、賭博開帳、誘拐による身代金、闇金融などの非合法な経済活動、何らかの理由で公に出来ない交渉事を請け負うことが多い。また、日本刀や銃器などを用いた団体間の抗争を行うことがあり、それによる殺人事件も数多く行っている。刺青、指詰め、盃事(さかずきごと)などの特殊な文化を持つ。 構成員は社会的には「暴力団員」と呼ばれるが、その他にも「ヤクザ」(転じて「ヤーさん」、「ヤっちゃん」等)、「極道」、「渡世人(とせいにん)」、、「ゴロツキ」、「稼業人(かぎょうにん)」、「筋者」等、年少者の場合は「不良」、下級構成員の場合は「チンピラ」等と呼ばれる。暴力団 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団

    暴力団から見た暴走族

    しかし欠点として「反社会性を有した団体でも、暴力団と指定されない限り、取締りの対象に成り難い」との観点が有る。その例として、「近年だと広域暴力団に所属せず、少人数で形成された集団を維持する傾向にあり、少年期の不良行為少年で形成されたカラーギャング、ストリートギャング、暴走族、テロリストなどが高齢化して、地下組織やマフィア化している」と言われ、それら少人数で形成された犯罪を助長する集団の実態が把握され難く、「振り込め詐欺、ひったくりなどの窃盗や、不法行為で利益を得ている」と指摘されている。暴力団 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団

    暴力団から見た詐欺

    暴力団(ぼうりょくだん)とは、組織された構成員達が暴力、脅迫、強要、強盗、テロ、詐欺などの不当、不法行為を用いて、他人の金品、財産を奪ったり、利益の供与を強いるなど、私的(組織的)な目的を達成しようと、日本を中心に活動する“反社会的で犯罪を助長する集団”として、各地方公安委員会に暴力団と指定された団体である。暴力団の構成員を主に「組員、構成員、暴力団員」などと称され、映画の影響で世界的にも『YAKUZA(ヤクザ)』として知られている。政治団体(いわゆる右翼団体)や合法的な企業(いわゆる企業舎弟)などを傘下に組織することがある。暴力団 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団

    暴力団から見た第三書館

    デビッド・カプラン(:en:David_Kaplan_(author))とアレック・デュブロ(:en:Alec Dubro)の共著になる『ヤクザニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館。原書名は『Yakuza:The Explosive Account of Japan's Criminal Underworld』)には、「日本の最大広域暴力団・山口組の構成員2万5千人のうち約70%の者が部落出身者であり、約10%の者が韓国人等の外国人」という記述がある。ただし、原書のみ。邦訳版では削除。加藤久雄・慶應義塾大学教授が、自身の論文の中でこのデータを引用した。暴力団 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団

    暴力団から見たテロリスト

    しかし欠点として「反社会性を有した団体でも、暴力団と指定されない限り、取締りの対象に成り難い」との観点が有る。その例として、「近年だと広域暴力団に所属せず、少人数で形成された集団を維持する傾向にあり、少年期の不良行為少年で形成されたカラーギャング、ストリートギャング、暴走族、テロリストなどが高齢化して、地下組織やマフィア化している」と言われ、それら少人数で形成された犯罪を助長する集団の実態が把握され難く、「振り込め詐欺、ひったくりなどの窃盗や、不法行為で利益を得ている」と指摘されている。暴力団 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団

    暴力団から見た文藝春秋

    山口組顧問弁護士を務めた山之内幸夫は『文藝春秋』昭和59年11月号に寄せた「山口組顧問弁護士の手記」において「ヤクザには在日朝鮮人や同和地区出身者が多いのも事実である」「約65万人といわれる在日朝鮮人のうち約50%が兵庫・大阪・京都に集中していることと山口組の発展は決して無関係ではなく、山口組は部落差別や在日朝鮮人差別の問題をなしにしては語れない」と述べた。暴力団 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団

    暴力団から見た銀行

    江戸時代からほとんどの団体は「一家」を冠し、傘下に「組」を冠する団体を置いていた。また、明治から昭和にかけて複数の一家が集まった「会」、「連合」などが現れた。平成の現在も「会」の傘下に「一家」を置き、さらにその傘下に「組」や「興業」を置く団体が多いが最大勢力の山口組に関しては他の暴力団に比べ新興組織であるため例外と言える。社会に対しては企業や右翼団体、また近年ではNPO法人を装うこともある。 「シノギ(凌ぎ)」と呼ばれる資金獲得行為には、いわゆる「みかじめ料」(縄張り内で一般人が商業を営む際の挨拶代や権利代。用心棒料)徴収などの恐喝行為(及び、意に沿わない者や建造物等に対する放火や銃撃)、売春の斡旋、覚醒剤や麻薬などの薬物取引、集団での野生動物の密猟、テロ行為、銀行や郵便局、宝石店や博物館、美術館等の襲撃、万引きや強盗等の窃盗、賭博開帳、誘拐による身代金、闇金融などの非合法な経済活動、何らかの理由で公に出来ない交渉事を請け負うことが多い。また、日本刀や銃器などを用いた団体間の抗争を行うことがあり、それによる殺人事件も数多く行っている。刺青、指詰め、盃事(さかずきごと)などの特殊な文化を持つ。 構成員は社会的には「暴力団員」と呼ばれるが、その他にも「ヤクザ」(転じて「ヤーさん」、「ヤっちゃん」等)、「極道」、「渡世人(とせいにん)」、、「ゴロツキ」、「稼業人(かぎょうにん)」、「筋者」等、年少者の場合は「不良」、下級構成員の場合は「チンピラ」等と呼ばれる。暴力団 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団

    暴力団から見た公安委員会

    暴力団(ぼうりょくだん)とは、組織された構成員達が暴力、脅迫、強要、強盗、テロ、詐欺などの不当、不法行為を用いて、他人の金品、財産を奪ったり、利益の供与を強いるなど、私的(組織的)な目的を達成しようと、日本を中心に活動する“反社会的で犯罪を助長する集団”として、各地方公安委員会に暴力団と指定された団体である。暴力団の構成員を主に「組員、構成員、暴力団員」などと称され、映画の影響で世界的にも『YAKUZA(ヤクザ)』として知られている。政治団体(いわゆる右翼団体)や合法的な企業(いわゆる企業舎弟)などを傘下に組織することがある。暴力団 フレッシュアイペディアより)

126件中 31 - 40件表示

「暴力団」のニューストピックワード