前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
345件中 1 - 10件表示
  • ジョグジャカルタ原則

    ジョグジャカルタ原則から見た暴力暴力

    性的指向並びに性自認に関連して、我々、国際人権法専門家会議一同は、万人は尊厳と権利において自由で平等であり、性別、国籍、人種、皮膚の色、言語、宗教、政治的またはその他の意見、民族的または社会的出身、財産、出生、あるいはその他の身分によって差別されることなく人権を享受する権利があることを再確認する。性的指向や性自認を理由とした暴力、嫌がらせ、排除、汚名、偏見は性別、人種、年齢、宗教、障碍、健康状態、経済格差による差別と相関して深刻化しており、このことにより、当事者はインテグリティ(不可侵性、健全性)と尊厳を穢され、こうした差別や弾圧を被る境遇に置かれ、自尊心や社会への帰属意識を弱められ、多くは自らの心をやむなく揉み消したり、抑圧したり、恐怖の生活や人目を忍んだ生活を余儀なくされていることに心を痛め、歴史的に同性または両性との性的関係やトランスセクシャル、トランスジェンダー或いはインターセックスであることを理由に人々が人権を蹂躙されてきたことを認識する。性的指向とは各個人の異性、同性又は両性への深い情緒的感情、好意的感情、そして性的魅力、そして親密な関係や性的な関係に関わる事項であることを理解し、性自認とは各個人の人格としての性別により深く感じられた内的で個人的な経験、そして身体に対する性別の感覚(自由な同意によりなされた場合は、医学的、外科学的、及びその他の方法による身体的外見や機能の変更も含む)や服装、話法、振る舞いといった人格的性の表現も含めた経験に関する事項であり、それは出生の際に(外性器により)判別される性別に対応することもあればしないこともあることを理解する。ジョグジャカルタ原則 フレッシュアイペディアより)

  • サディズム

    サディズムから見た暴力暴力

    また些細なことで暴力を振るう傾向の人間も少なからず存在する。サディズム フレッシュアイペディアより)

  • 暴力追放青森県民会議

    暴力追放青森県民会議から見た暴力暴力

    日常が偽善に満ち溢れた暴力団関係者は、常日頃から様々な金銭獲得手段を考える利益至上主義思考であり、暴力を伴う不当要求は日常茶飯事の出来事として行われるため、暴力団が関与する様々な各種犯罪は治安を悪化させる主要要因となっている。青森県では、暴力団を社会から排除し、根絶するために県民全員が「暴力団追放三ない運動」を確実に実行するべきとし、依然として絶えない不当要求に対して暴力団対応の基本姿勢を「暴力団対応10原則」に付け加えている。暴力追放青森県民会議 フレッシュアイペディアより)

  • 大藪春彦

    大藪春彦から見た暴力暴力

    激しいアクション、暴力を描く通俗的な作品が多く、それゆえに。一方、。大藪春彦 フレッシュアイペディアより)

  • 情報操作

    情報操作から見た暴力暴力

    個人を対象とした情報操作は、最も基礎的な情報操作であるが、逆に最も手法を一般化しにくい対象である。重要な影響力の高い人物に友好的な関係を作り、信頼関係を基に情報操作を行うのが基本である。報酬や賄賂のような金銭関係や組織内での上下関係、雇用関係など利用できる手法は様々である。脅迫や恐喝、暴力のような非合法な手法も有効である。実際の効果以上に過大評価されていることが多いが、性的関係を持つことも有効である。情報操作 フレッシュアイペディアより)

  • OZ/オズ

    OZ/オズから見た暴力暴力

    『オズ』では人種差別、暴力、麻薬、同性愛といった難しいテーマや汚い言葉、セックスシーン、排泄行為など従来では放送不可能な事柄が、大胆に生々しく描写されている。また、企画・脚本はトム・フォンタナ一人が担当しているため、番組は1年間にわずか8本しか製作されておらず、これが番組の質の向上を手助けしている。OZ/オズ フレッシュアイペディアより)

  • 菊タブー

    菊タブーから見た暴力暴力

    菊タブー(きくタブー)は、日本の天皇・皇室に対する批判やパロディーに対する禁忌(タブー)、及び直接的暴力も含む圧力の総称(通称)。天皇・皇室の紋章が菊(菊花紋章)であることから、婉曲的にこう呼ばれる。菊タブー フレッシュアイペディアより)

  • 喧嘩

    喧嘩から見た暴力暴力

    近年では肉体を用いた喧嘩は、「暴力は悪いことである」として、児童間の喧嘩もなくすべき、とされることは多い。ただし「(子供に)殴り合うことを禁止しては、暴力を受ける痛みや、自分が手を出す時の加減を知ることができないまま成長してしまう」「手加減を知らないがために、腕力をふるった時に惨事になる」と述べる人もいる。喧嘩 フレッシュアイペディアより)

  • 夫婦喧嘩

    夫婦喧嘩から見た暴力暴力

    日本大学芸術学部でパフォーマンス学を教授している佐藤綾子によると、女性は男性に比べて幼少時から言語脳(言語中枢)が発達しているため、言葉で相手を極端に攻撃する傾向がある、という。男性は、一般論として言うと、女性より言語脳は発達しておらず語彙の数も少なく表現力も乏しいので、男性というのは、言葉という領域での喧嘩では弱者であるということに女性の側は気づく必要があり、女性は自分が言葉の領域では強者であって、女性は言葉での暴力をふるう傾向がある、言葉の暴力の加害者になる傾向がある、と自覚して、言葉を控えめにする、口を閉じることで、男性に対して手加減をしなければならない。夫婦喧嘩 フレッシュアイペディアより)

  • 奇異反応

    奇異反応から見た暴力暴力

    例えば、一部の人で、鎮静薬の使用に併せて、予想されるのとは正反対の一連の反応をもたらし、重篤で複雑な事態を生じさせる。ベンゾジアゼピンの奇異反応は、自殺傾向の有無にかかわらず抑うつ、恐怖症、攻撃性、暴力、精神病と時に誤診される症状から成る。大人に処方された鎮静薬の一部は、一部の子供にをもたらす。奇異反応 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
345件中 1 - 10件表示

「暴力犯罪」のニューストピックワード