345件中 91 - 100件表示
  • モラル・パニック

    モラル・パニックから見た暴力暴力

    新しい音楽が広まるたびに、卑猥なダンス、暴力的な歌詞や猥褻な歌詞に対する反発や恐怖、青少年への悪影響の懸念、排斥運動が広がっている。モラル・パニック フレッシュアイペディアより)

  • 新聞拡張団

    新聞拡張団から見た暴力暴力

    威圧、圧迫、脅迫、暴力など人を威迫して困惑させて契約を締結する、刑法や特定商取引に関する法律に違反した行為で契約を取ることをいう。具体例では「客の玄関に居座り居直る」、「怒号をあげ威嚇する」、「ドアを力一杯たたく、蹴り上げる、強引に入ろうとする」、「客の襟首を掴んだり、手で押す」、「ドアに指や足を入れ閉めさせない」、「“何回でも、毎日でも来る”と脅す」などさまざまな例があり、閉めようとしたドアが体に当たったといって言いがかりをつけることもあるという。勢いあまって客を死亡させてしまうケースもある。また宅配便や郵便を装ってドアを開けさせ、開けた瞬間に足を突っ込んでドアを閉めさせない手口も報告されている。新聞拡張団 フレッシュアイペディアより)

  • グルニア王国

    グルニア王国から見た暴力暴力

    マクロニソス城の制圧を任されたグルニア軍のジェネラル。旅の魔道士エッツェルを捕らえ自軍の味方になることを強要していた。己の目的を実現するためならば、暴力も辞さない傲慢な人物。グルニア王国 フレッシュアイペディアより)

  • ヒンドゥー・ナショナリズム

    ヒンドゥー・ナショナリズムから見た暴力暴力

    具体的にヒンドゥー・ナショナリズムが始まるのは1905年、ロンドンの活動家グループにおいてであり、ここはヒンドゥー・ナショナリズムとインドの共産主義との接点となった。ここを基盤にはラーマヤーナを引き合いに暴力・武力を含んだ独立闘争を説き、いっぽうガンディーは非暴力の社会改革運動を主張した。ヒンドゥー・ナショナリズム フレッシュアイペディアより)

  • 国民保守主義

    国民保守主義から見た暴力暴力

    この保守主義は、標準的な保守主義よりも「国益および文化的・民族的アイデンティティ」をより重視するが、身体的暴力や示威行動などといったあからさまな民族主義あるいは極右の手法はとらない。国民保守主義者たちの多くは社会保守主義者たちであり、多くの場合は移民制限を支持する。しかし例外的にポーランドの「法と正義」党のように、多文化社会と移民受け入れを積極的に奨励する国民保守主義者もおり、法と正義党の思想の場合は民族的価値観における伝統よりもカトリックの世界市民的価値観における伝統を重視していることから生じている。したがって法と正義党は「民族保守主義」という訳語が適用できないケースとなる。そして国民保守主義に最も共通する傾向としてヨーロッパでは彼らは通常、欧州統合懐疑の立場をとる。国民保守主義 フレッシュアイペディアより)

  • 狂四郎2030

    狂四郎2030から見た暴力暴力

    遺伝子が全ての優劣を決めるという思想、徹底的な管理社会、人殺しの心理、「理想郷」が抱える矛盾など、人間の持つ負の側面に深く踏み込んだ骨太なストーリーに加え、どんなにシリアスな場面でもギャグを挟むのを忘れない作者のスタイルも健在である。あおり文では当作品を「近未来SF冒険SEXYバイオレンスラブロマンスせんずりコメディちんこ漫画」と表現した。狂四郎2030 フレッシュアイペディアより)

  • クロード・ルフォール

    クロード・ルフォールから見た暴力暴力

    人民=一者と他者との関係は予防的な水準で働く。敵とは「排除すべき寄生者」であり「屑|くず」なのだ。この言い方は単なる修辞ではなく、全体主義社会が一つの有機体として捉えられていることの結果である。この隠喩を用いることで、国家の敵が存在しており、しかも人民の中に隠れていることが病気として見られるようになる。敵に対する度を超した暴力は、この有機体論的隠喩のもとでは、社会という身体が病気に抵抗する戦いの一症状であり、ある種風邪から治る時の発熱のようなものだ。「敵との戦いは発熱のようなものだ。熱が出るのは悪いことではない。それは社会の中に戦うべき悪があるという合図なのだ」。クロード・ルフォール フレッシュアイペディアより)

  • 鏡 (映画)

    鏡 (映画)から見た暴力暴力

    一人の老婦人の要望に応え、作者の息子イグナートはプーシキンの書簡の一部を朗読する。それは、タタール(チンギス・ハーンなど)の圧倒的な破壊・暴力に対する防波堤となった、ロシア(ルーシ)のヨーロッパ・キリスト教文明史における存在意義に関する一節であった。婦人は部屋のなかのテーブルに向かい紅茶を飲んでいる。イグナートがわずかの時間席を外して部屋に戻って来ると婦人の姿は消えている。紅茶のカップも消えているが、テーブルの上にはついさっきまでカップが置かれていた痕跡があり、それが見ているなかで、湯気が消えるように見る見る消えて行く。鏡 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国における死刑

    中華人民共和国における死刑から見た暴力暴力

    故意の傷害や放火、電力設備等破壊などの悪質な暴力・破壊行為中華人民共和国における死刑 フレッシュアイペディアより)

  • アナーキストクックブック

    アナーキストクックブックから見た暴力暴力

    Amazon.comのレビュー1にて、著者は今となっては本作品の「暴力は政治的変化をもたらすために至っては許される手法である」という理念と異にして、出版を中止するように要求している。しかしながら本作品の著作権は出版社に帰属しており、パウエル本人は出版に関して実権を持しておらず、印税も享受していない。アナーキストクックブック フレッシュアイペディアより)

345件中 91 - 100件表示

「暴力犯罪」のニューストピックワード