345件中 101 - 110件表示
  • ロバート・コーミア

    ロバート・コーミアから見た暴力暴力

    ロバート・エドモンド・コーミア (1925年1月17日? 2000年11月2日)は、非常に厭世的で落ち着いた文調で知られる、アメリカの作家、コラムニスト、新聞記者。彼の最も有名な著作はI Am the Cheese、', We All Fall Down、'などであり、すべてが賞を得ている。チョコレート・ウォーは多くの図書館で。彼の著作はたいてい虐待、精神疾患、暴力、復讐、裏切り、共謀に関係しており、往々にして主人公達は勝たない。ロバート・コーミア フレッシュアイペディアより)

  • 反社会的行動

    反社会的行動から見た暴力暴力

    多いものは、盗み、暴力、怠学、家出・放浪、虚言など。非社会的・向社会的行動に対して、これは対人・社会的関係を壊すものとして区別される。非社会的行動は、対人・社会的関係を回避し、向社会的行動は、逆にそれを求め執着する傾向が強い。反社会的行動 フレッシュアイペディアより)

  • 当事者

    当事者から見た暴力暴力

    障害が問題の現場で使用されることが多いが、難病や暴力・犯罪被害などに広く用いられる。この分野の研究は当事者研究と呼ばれ、当事者が主に自助のために作っている当事者団体を介して行われることが多い。当事者 フレッシュアイペディアより)

  • トゥワ

    トゥワから見た暴力暴力

    トゥワの子供たちの教育機会は少なく、ピグミーの歴史的偏見、差別、暴力、社会からの排除等は存在する。トゥワ フレッシュアイペディアより)

  • 暴力の独占

    暴力の独占から見た暴力暴力

    一定の領域において単独の主体(国家)が暴力に関する権威・権限を行使する状態を定義したものであり、領域もまたヴェーバーによって国家の特性として定義された。重要なのは、このような独占が正統(legitimation、正統性(Political Legitimacy)を提供すること)のプロセスを介して生じなければならないことである。これは、国家が暴力を使用することを正当化(正統化)するものと批判されることもある。暴力の独占 フレッシュアイペディアより)

  • 欠格

    欠格から見た暴力暴力

     日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体。を結成し、又はこれに加入した者欠格 フレッシュアイペディアより)

  • 強制改宗

    強制改宗から見た暴力暴力

    強制改宗(きょうせいかいしゅう)は、暴力や脅迫などを用いて個人の信仰を捨てさせ、他の宗教若しくは無宗教への改宗を行わせることである。この結果生前に対象者を改宗させることが出来ず殉教となった例も多い。歴史上多くの国・地域で強制改宗は行われてきた。強制改宗 フレッシュアイペディアより)

  • 1957年の政治

    1957年の政治から見た暴力暴力

    5月3日 - 岸首相、汚職・貧乏・暴力の三悪追放を言明。1957年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 映画学

    映画学から見た暴力暴力

    また社会学的歴史と映画の制作方法・内容を照らし合わせることによって両者の関連性を見出す研究は盛んに行われている他、国籍による制作観点の多様性、映画によるプロパガンダ、暴力、性的描写と社会の関連性なども論じられる。また、例えばアルジェリア独立戦争を社会学的(歴史・政治など)に学ぶ場合に映画「アルジェの戦い」(1966年イタリア)などの映画が参考資料とされるなど、映画が一般的な社会学的理解をサポートする場合もある。映画学 フレッシュアイペディアより)

  • ジェンダーバイオレンス

    ジェンダーバイオレンスから見た暴力暴力

    身体的虐待 :殴る・蹴る・突き飛ばす・髪を引っ張る・押さえつける・首を絞める・物をぶつける・物を使って殴る・物を壊す・熱湯や水をかける・煙草の火を押しつける・唾を吐きかける・部屋に閉じ込める・怪我をしているのに病院へ行かせない、などといった一方的な暴力行為。靴下を近づける、素足を顔に近づける等。ジェンダーバイオレンス フレッシュアイペディアより)

345件中 101 - 110件表示

「暴力犯罪」のニューストピックワード