463件中 11 - 20件表示
  • トライピース

    トライピースから見た暴力暴力

    トライピースNo.6にして第3部隊イーラ部隊長。仲裁三原則は「愛」と「平和」と「暴力」。見上げるような大男で、前髪の下から眼光がのぞく。戦争を仲裁する方法を「暴力」と掲げてから、実際に止められるだけの力を得るには30年の年月を必要としたとのこと。本人曰く「民間人の命は死の覚悟ができている兵士より重く、民を救うためなら兵士を殺してもかまわない」とのこと。大の酒好き。細かい仕事は苦手なようで、隊長としては失敗も多い。ザイエスのリボルとは知り合い。シトリーからは「ベリー」という愛称で呼ばれている。トライピース フレッシュアイペディアより)

  • 奇異反応

    奇異反応から見た暴力暴力

    例えば、一部の人で、鎮静薬の使用に併せて、予想されるのとは正反対の一連の反応をもたらし、重篤で複雑な事態を生じさせる。ベンゾジアゼピンの奇異反応は、自殺傾向の有無にかかわらず抑うつ、恐怖症、攻撃性、暴力、精神病と時に誤診される症状から成る。大人に処方された鎮静薬の一部は、一部の子供に多動症をもたらす。奇異反応 フレッシュアイペディアより)

  • 夫婦喧嘩

    夫婦喧嘩から見た暴力暴力

    日本大学芸術学部でパフォーマンス学を教授している佐藤綾子によると、女性は男性に比べて幼少時から言語脳(言語中枢)が発達しているため、言葉で相手を極端に攻撃する傾向がある、という。男性は、一般論として言うと、女性より言語脳は発達しておらず語彙の数も少なく表現力も乏しいので、男性というのは、言葉という領域での喧嘩では弱者であるということに女性の側は気づく必要があり、女性は自分が言葉の領域では強者であって、女性は言葉での暴力をふるう傾向がある、言葉の暴力の加害者になる傾向がある、と自覚して、言葉を控えめにする、口を閉じることで、男性に対して手加減をしなければならない。夫婦喧嘩 フレッシュアイペディアより)

  • 悪魔 (タロット)

    悪魔 (タロット)から見た暴力暴力

    アーサー・エドワード・ウェイトのタロット図解における解説では「暴力・激烈・前もって定められ動かせぬもの・黒魔術」を意味するとされる。悪魔 (タロット) フレッシュアイペディアより)

  • 未来

    未来から見た暴力暴力

    未来はいくつかの芸術運動や文化範疇を通じて探求されてきた。20世紀初頭の未来派は絵画・彫刻・詩歌・演劇・音楽・建築さらには美食といったあらゆる芸術形式を探求した。未来派は過去の思潮、特に政治・芸術における伝統を毛嫌いした。代わりにスピード・技術・暴力といったものへの愛を支持した。未来派音楽には機械への敬意、機械の導入、機械の模倣があった。未来派は他の芸術領域を取り込んでいったが、最終的には工業デザイン、織物、建築を取り込むに至った。未来 フレッシュアイペディアより)

  • 侮蔑

    侮蔑から見た暴力暴力

    社会学者の中村正は、家族などの親密な関係における暴力には「心理的、言語的、感情的な暴力」やネグレクト行為などがあり、これらは「個人の尊厳を傷つけるようにした卑下、降格、侮蔑、罵倒、無視、つまりコミュニケーションの暴力としてある。人の尊厳を傷つけるような儀式のようにして機能するいじめ、罵り、辱め行為がある」と指摘し、侮蔑、罵倒、卑下といった行為を「コミュニケーションの暴力」として論じた。侮蔑 フレッシュアイペディアより)

  • オクシデンタリズム

    オクシデンタリズムから見た暴力暴力

    これらは実際には、かなり無理な試みだった。一つの知識・技術を、別の知識や素になっている「危険な思想」から隔離してくことは不可能だった。こうした近代化への代替ルートは、中国・北朝鮮・イラク・エジプト・ベトナム・エチオピア・キューバを含め多数の場で試みられたが、ことごとく失敗した。この失敗から、暴力的なオクシデンタリズム(土着主義的な純粋さへの憧れと破壊的な西欧嫌悪)が生まれた。オクシデンタリズム フレッシュアイペディアより)

  • 大藪春彦

    大藪春彦から見た暴力暴力

    激しいアクションや暴力を描くエンターテインメント作品が多く、それらの作品には強烈なストイシズムと反権力志向を行動原理とするタフな主人公が登場する。特に伊達邦彦や朝倉哲也(『蘇える金狼』)北野晶夫(『汚れた英雄』)はその典型的な例であり、大藪にとっても思い入れが深い登場人物であるという。大藪春彦 フレッシュアイペディアより)

  • 軍事

    軍事から見た暴力暴力

    プロイセンの軍事学者カール・フォン・クラウゼヴィッツは『戦争論』において戦争の一般理論を構築した戦略家である。彼は二人の間での決闘に戦争をなぞらえた上で、戦争とは「敵を強制してわれわれの意志を遂行させるために用いられる暴力行為である」と説明しようとした。そして戦争において生じる暴力は相互作用によって無制限に極大化する法則があることを明らかにした上で、そのような戦争を絶対戦争として定式化した。絶対戦争では軍事的な合理性の下であらゆる事柄が徹底的に合理化され、最大限の軍事力が敵を殲滅するために使用されることになる。ただし戦争は単に軍事において完結する現象ではないことにクラウゼヴィッツは注意を払っており、この絶対戦争のような形式が現実に起こっている戦争とは異なることを認識していた。つまり戦争は固有の法則に従って無制限に暴力性を高めるだけではなく、その戦争行為を制限することができる政治的目的を伴うものである。戦争の発生には必ず外交的または経済的、心理的な情勢が起因しており、あらゆる戦争は政治的目的を究極的には達成しようと指導されるものである。このクラウゼヴィッツの戦争理論は「戦争は他の手段を以ってする政治の継続である」と理解されており、戦略研究では広く参照されている。軍事 フレッシュアイペディアより)

  • 映画のレイティングシステム

    映画のレイティングシステムから見た暴力暴力

    性・暴力・残酷・麻薬などの描写や、未成年役の飲酒・たばこ・自動車運転、ホラー映画など、小学生が真似をする可能性のある映画がこの区分の対象になる。アニメ映画に関しても対象となる。地上波放送の場合、CSとは異なりG指定と同様に扱われるケースが多く、新聞や雑誌の番組表にも「PG12指定」と表記されない。映画のレイティングシステム フレッシュアイペディアより)

463件中 11 - 20件表示

「暴力犯罪」のニューストピックワード