463件中 41 - 50件表示
  • 斑霧

    斑霧から見た暴力暴力

    2004年6月に制作発表。『インタールード』のスタッフが再結集したが、古代神を題材として伝奇色を含ませたシナリオに、コンピュータRPGのような戦闘を経てシナリオを分岐させるシステムや、PS2の倫理規定の限界に挑んだ成人向け描写など、『インタールード』を超えるべく様々な要素を盛り込んだことが災いし、開発は難航。特に、成人向け描写に関してはバイオレンスは元より、まだ恋人でもないヒロインの1人が行きずりに近い状態で主人公と行ったセックスの事後を描くなど、パソコン用アダルトゲーム向けの過激な性描写をも盛り込もうとしていたことが、後に公表された開発素材から明らかとなっている。斑霧 フレッシュアイペディアより)

  • 起業士 天馬

    起業士 天馬から見た暴力暴力

    暴力、エロ、ギャンブルなどの脱社会的要素が三種の神器であったVシネマ界で、起業という社会性のある題材を扱ったのは珍しい。起業士 天馬 フレッシュアイペディアより)

  • 女捜査官グレイス 〜 天使の保護観察中

    女捜査官グレイス 〜 天使の保護観察中から見た暴力暴力

    『女捜査官グレイス 〜 天使の保護観察中』(原題 Saving Grace)はアメリカのTNTで2007年から2010年まで放送されていたテレビドラマ(海外ドラマ)シリーズ。全3シーズン、46話。アメリカ合衆国では言語・性・暴力の要素が含まれているとしてTV-MA指定となっている。日本ではFOXCRIMEにて放送されており、最終シーズンとなるシーズン3の放送が2010年10月に開始された。女捜査官グレイス 〜 天使の保護観察中 フレッシュアイペディアより)

  • 煉獄姫

    煉獄姫から見た暴力暴力

    『煉獄姫』(れんごくひめ)は、藤原祐による日本のライトノベル。イラストはkaya8が担当。2010年8月から2013年1月にかけて電撃文庫より刊行された。作者初のファンタジー小説で、同じく電撃文庫より刊行されている小説「@HOME」と同時進行で執筆された。なお作品中には暴力的な表現、グロテスクな表現、残虐な表現が含まれる。煉獄姫 フレッシュアイペディアより)

  • 痴漢ドワーフ

    痴漢ドワーフから見た暴力暴力

    セックスとバイオレンスに満ちたソフトコアポルノ映画である。表題の通り、フリーク(異形)映画の側面も持っている。主演のトルベン・ビレ(Torben Bille、デンマーク・キューゲ出身、1945年10月31日 - 1993年7月22日)は、当時デンマークで著名な小人俳優であった。なおトルベン・ビレは小道具や舞台主任としての経歴もあり、本作でもT・ビレ名義で装飾担当としてクレジットされている。予告編で繰り返し「Abducted Bride」と流れる通り寝取られの要素もある。低予算映画であるが、覗き・拉致監禁・薬漬けによる売春強要・強姦・BDSMと内容は盛り沢山で、トルベン・ビレの単なる見世物役者にとどまらない存在感と演技力、ヴィダル・ラスキの達者な演出も相まって、一部のカルト映画信奉者に支持され、DVD化もされている()。痴漢ドワーフ フレッシュアイペディアより)

  • アナーキストクックブック

    アナーキストクックブックから見た暴力暴力

    Amazon.comのレビュー1にて、著者は今となっては本作品の「暴力は政治的変化をもたらすために至っては許される手法である」という理念と異にして、出版を中止するように要求している。しかしながら本作品の著作権は出版社に帰属しており、パウエル本人は出版に関して実権を持しておらず、印税も享受していない。アナーキストクックブック フレッシュアイペディアより)

  • 映画野郎

    映画野郎から見たバイオレンス暴力

    取り上げる作品は幅広いが、男性寄りの視点が特徴。有料サイトだけに広告色の強い映画媒体とは一線を画し、映画の内容重視で、ミニシアター系のコアなジャンル映画も多数取り上げている。また、女性向け媒体がなかなか取り上げない、ホラー、バイオレンスアクション、社会派、R指定作といった映画も積極的に扱っている。映画野郎 フレッシュアイペディアより)

  • 解冤

    解冤から見た暴力暴力

    解冤(かいえん)は甑山道(じゅんさんどう、, )の教義のひとつで、多くの生命の冤と恨を解いてあげるという意味。解冤なしに誰も本来の姿に戻れない。先天の歴史は冤恨の拡大史であり、冤恨の蓄積史である。男女差別、人種差別、身分格差、貧富格差、戦争と暴力等で数千年間累積してきた冤恨を、全て解いてこそ相生の新時代が開かれる。解冤 フレッシュアイペディアより)

  • 西川純 (日本赤軍)

    西川純 (日本赤軍)から見た暴力暴力

    2007年3月30日の判決で、東京地裁は日本赤軍のテロ事件を「政治的主張実現のため他人の生命や身体の安全を顧みず、暴力的手段に訴えることをいとわない反社会的行為」と断じ、無期懲役を言い渡した。初公判から地裁判決まで32年が経過していた。地裁はハーグ事件で「拳銃で人質を脅迫、監視するなど不可欠な役割を担った」として警察官に拳銃を発砲した奥平純三との共謀を認定して殺人未遂罪で有罪としたが、検察側の主張する重信房子(懲役20年)との共謀を認めなかった。控訴審では弁護側は西川がハーグ事件では殺人未遂を否認し、ダッカ事件当時はベイルートにいたとするパレスチナ民族評議会のアリバイ証言を提示したが、2008年10月28日に東京高裁はアリバイについては「乗務員の証言から実行犯であることは明らか」と退け、「リーダー格の丸岡修を補佐する重要な役割を果たした」と認定して、無期懲役判決を維持。西川は上告したが、最高裁第1小法廷は2011年9月12日付けで上告を棄却する決定を出し、無期懲役が確定した。西川純 (日本赤軍) フレッシュアイペディアより)

  • TOKYO TRIBE

    TOKYO TRIBEから見た暴力暴力

    架空の街「トーキョー」に生きる若者達の日常生活を「シヴヤSARU」「シンヂュクHANDS」という二つのストリート・ギャングの抗争を中心に描いている。暴力、殺人、犯罪、セックス、そして愛と友情を、実に過激に、過剰に描写している。現代社会に巣食う退廃した若者達の暗黒面が曝されている。TOKYO TRIBE フレッシュアイペディアより)

463件中 41 - 50件表示

「暴力犯罪」のニューストピックワード