463件中 61 - 70件表示
  • 軍事戦略

    軍事戦略から見た暴力暴力

    軍事力とは自己の意志を敵に強制するための手段として組織的に使用される暴力であり、また彼我の軍事力の相互作用によって戦闘が生じる。軍事力はその使用される戦闘空間の地理的区分から陸上戦力、海上戦力、航空戦力に大別される。それぞれが軍事力の一形態であり、陸上戦力による地域の占領の機能や海上戦力による通商保護などの固有の機能や性質を持っている。有限な軍事力をいつ、どこに、どのように配分するかは軍事戦略の基本的問題であり、ジョミニはその基本原理として「軍の主力を戦場の決定的地点、または可能な限り敵の後方連絡線に向け、自己自身と妥協することなく、戦略的移動により、継続的に投入すること」を提唱している。その運用は軍事戦略だけでなく作戦術や戦術、兵站の領域の問題に関連してくる。軍事戦略 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合におけるLGBTの権利

    国際連合におけるLGBTの権利から見た暴力暴力

    提出された声明では、性的指向や性自認に根付いた暴力やハラスメント、差別、社会的排除、恥辱、偏見に対する批難が盛り込まれている。また殺害や処刑への批難、拷問、恣意的な逮捕、資産の収奪、社会的あるいは文化的権利に対しても言及されている。声明文では7項目に「我々は54カ国が国際連合人権理事会長に対して理事会においてこれらの侵害について討議するための機会提供を求めた2006年の声明を想起する」とあり、8項目では「我々はや条約機関、よってこれらの課題に対して"配慮"を求め、性的指向や性自認に基づく人権侵害について各々の役割の中で引き続きの配慮を求める」とそれぞれ記載され、国際人権法に付随して性的指向と性自認についての指針を明確化した文書「ジョグジャカルタ原則」の存在を示しているが、直接的な明記はされていない。国際連合におけるLGBTの権利 フレッシュアイペディアより)

  • ヒューマン・ユニバーサル

    ヒューマン・ユニバーサルから見た暴力暴力

    男性はより攻撃的で、致命的な暴力への傾倒、窃盗への傾倒が強いヒューマン・ユニバーサル フレッシュアイペディアより)

  • ファスター・プシィキャット!キル!キル!

    ファスター・プシィキャット!キル!キル!から見た暴力暴力

    映画は、理由のない暴力、セクシュアリティ、扇情的な性役割、キッチュな会話を呼び物にしている。これは有名なカルト映画となり、大衆文化の中で広く言及された。ファスター・プシィキャット!キル!キル! フレッシュアイペディアより)

  • 徳島自衛官変死事件

    徳島自衛官変死事件から見た暴力暴力

    現場付近では、たびたび暴走族による暴力行為が目撃されていた。事件発生当日も、自衛官の車とよく似た白いセダン車を、鉄パイプのような棒を振り回して追いかける暴走族が目撃されている。再捜査の段階で現場付近を車で通行した人物、トラック運転手の目撃証言があった。「その暴走族のメンバーの一人が、徳島県警本部に勤務する人物の息子」といった噂があった。この噂に基づき、この事件に関係していると2ちゃんねるに噂を書き込まれた元衆議院議員が選挙妨害であるとして名誉毀損で刑事告訴を検討した12。徳島自衛官変死事件 フレッシュアイペディアより)

  • 実力行使

    実力行使から見た暴力暴力

    実力行使(じつりょくこうし)とは、問題解決のための手段として、話し合いや相手に対しての譲歩などといった平和的な方策を用いるのではなく、武力・暴力など有形力を実際に使うことによって相手を抑圧するという形で解決させるということ。デモなどの鎮圧手段、労働争議でのストライキを指す呼称としてしばしば使われる。実力行使 フレッシュアイペディアより)

  • R指定 (リアーナのアルバム)

    R指定 (リアーナのアルバム)から見た暴力暴力

    『R指定』(あーるしてい、原題:Rated R)はバルバドスのレコーディングアーティストリアーナの4枚目のスタジオ・アルバムである。デフ・ジャム・レコードより2009年11月20日に発売された。アルバムの録音は、2009年1月から3月にかけて、いくつかのレコーディングスタジオで行われた。アルバムは主にチェイス・アンド・ステイタス、スターゲイト、ザ・ドリーム、ニーヨ、ブライアン・ケネディによってプロデュースされた。『R指定』はリアーナが当時の恋人クリス・ブラウンから暴力を受けた事件の後にコンセプトが考えられた為、歌詞は不吉な「怒り」の雰囲気を特徴とし、音楽的にはヒップホップ、ロック、ダブステップの要素を取り入れている。R指定 (リアーナのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 行政対象暴力

    行政対象暴力から見た暴力暴力

    テロリズムとは、暴力等による恐怖又は不安によって目的を達成しようとする点で類似しているが、テロリズムは、「広く恐怖又は不安を抱かせることによりその目的を達成することを意図して行われる政治上その他の主義主張に基づく暴力主義的破壊活動」とされているように、思想的あるいは政治的目的の達成のためになされるのに対して、行政対象暴力は、経済的利益を供与させることが目的である点で、テロリズムと行政対象暴力は異なっている。行政対象暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 「解同」暴力糾明裁判

    「解同」暴力糾明裁判から見た暴力暴力

    この提訴取下げの動機について、部落問題研究所の杉之原壽一は「解同は(中略)国内での悪評を国外での活動でごまかそうとしたわけ。それが解同を主体にしたイマドル (IMADR) の結成なんですが、それを国連のNGOに登録して、権威をもたせようとした。ところが2年に1回やられる審査で、1989年と1991年の2回にわたって認可されなかった。その主要な理由がこれまで彼らがやってきた暴力と利権の事実を、全解連、国民融合、研究所でつくる『国際問題合同委員会』の活躍のなかで明らかにされて失敗した。それで(中略)それについては『提訴中』ということでかわそうとしたわけです」「4回にわたる公判の経過をみても、解同にとって裁判に勝訴する可能性はまったくないといっていいわけですね。したがってNGOの資格をとったのだから、これ以上裁判を続ける意味がなくなった」と主張した。「解同」暴力糾明裁判 フレッシュアイペディアより)

  • トゥワ

    トゥワから見た暴力暴力

    トゥワの子供たちの教育機会は少なく、ピグミーの歴史的偏見、差別、暴力、社会からの排除等は存在する。トゥワ フレッシュアイペディアより)

463件中 61 - 70件表示

「暴力犯罪」のニューストピックワード