345件中 81 - 90件表示
  • 地方公務員法

    地方公務員法から見た暴力暴力

    日本国憲法 又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者地方公務員法 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力装置

    暴力装置から見た暴力暴力

    これらの例は、国家や警察・海上保安庁や軍隊・自衛隊を指すという点で、定義的に極めて正確であり、その実態を端的に表現した文脈で使用されたものである。が、発言者の立ち位置や「暴力」という語感から誤解を招くことも有り得るため、特に学術的でない場で用いる際には、注意が必要である。「Yahoo!みんなの政治」では、「識者の意見」などをまとめている。また、2010年12月3日の閣議で菅内閣は、「憲法の下で認められた、自衛のための実力組織である自衛隊を表現する言葉としては不適切だ」との内容を含む答弁書を決定した。暴力装置 フレッシュアイペディアより)

  • 自然に訴える論証

    自然に訴える論証から見た暴力暴力

    この誤謬はヒトの進化の特定の側面(特に道徳性の進化)への反対を支持する人の間で見られる。そのような人々(例えば哲学者レオン・カミン)は浮気、幼児殺し、暴力のような性質が自然(本能)である事が示されれば、それらが許容されなければならなくなると仮定する。この誤解は進化生物学者への憎悪をかき立てた。例えば社会生物学は20世紀後半にこの方向から批判を受けた。他の人々(例えばスティーヴン・ジェイ・グールド)は、「自然」が「正しいこと」を意味しないと考えると同時に、社会生物学者はその過ちを犯していると仮定した。この異論はこの分野の生物学者が遺伝子決定論を推進しているという密接した批判とは別である。自然に訴える論証 フレッシュアイペディアより)

  • 痴漢ドワーフ

    痴漢ドワーフから見た暴力暴力

    セックスとバイオレンスに満ちたソフトコアポルノ映画である。表題の通り、フリーク(異形)映画の側面も持っている。主演のトルベン・ビレ(Torben Bille、デンマーク・キューゲ出身、1945年10月31日 - 1993年7月22日)は、当時デンマークで著名な小人俳優であった。なおトルベン・ビレは小道具や舞台主任としての経歴もあり、本作でもT・ビレ名義で装飾担当としてクレジットされている。予告編で繰り返し「Abducted Bride」と流れる通り寝取られの要素もある。低予算映画であるが、覗き・拉致監禁・薬漬けによる売春強要・強姦・BDSMと内容は盛り沢山で、トルベン・ビレの単なる見世物役者にとどまらない存在感と演技力、ヴィダル・ラスキの達者な演出も相まって、一部のカルト映画信奉者に支持され、DVD化もされている()。痴漢ドワーフ フレッシュアイペディアより)

  • アウステルリッツ (小説)

    アウステルリッツ (小説)から見た暴力暴力

    1960年代後半、私はアントワープ中央駅で駅や要塞、裁判所などの建築に興味を持つアウステルリッツという男に出会う。それ以後、ヨーロッパの色々なところで偶然にアウステルリッツと私は出会い、19世紀から20世紀の暴力と権力の歴史を語る。アウステルリッツ (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 宗教的排他主義

    宗教的排他主義から見た暴力暴力

    なお、排他主義という言葉から一部に誤解があるが、宗教的排他主義とは、暴力的な手法を用いることを意味しているわけではなく、あくまでも思想の上で他宗教の価値を認めないということであり、特に現代では暴力には否定的な人々が多数派である。宗教的排他主義 フレッシュアイペディアより)

  • 学校騒動

    学校騒動から見た暴力暴力

    また、学生の処分への反発で、左傾への処分、不穏当記事、異性問題、カンニング、暴力事件などの処分へ反発した。学校騒動 フレッシュアイペディアより)

  • モラルハラスメント

    モラルハラスメントから見た身体的攻撃暴力

    フランスの精神科医、マリー=フランス・イルゴイエンヌが提唱した言葉。外傷等が残るため顕在化しやすい肉体的な暴力と違い、言葉や態度等によって行われる精神的な暴力は、見えづらいため長い間潜在的な物として存在していたが、イルゴイエンヌの提唱により知られるようになった。イルゴイエンヌは、社会は精神的な暴力に対しては対応が甘いが、精神的な暴力は肉体的な暴力と同じ程度に、場合によっては肉体的な暴力以上に人を傷つけるもので、犯罪であると述べる。モラルハラスメント フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の鉄道

    2008年の鉄道から見た暴力暴力

    (事件) 東海道本線に乗務中のグリーンアテンダント(日本レストランエンタプライズ(NRE)所属)に対する暴行・強姦未遂事件発生(JR東日本電車内・乗務員連続暴行事件)2008年の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ペイントボール

    ペイントボールから見た暴力暴力

    もっとも大きな誤解はペイントボールは戦争の再現でしかないということである。多くの人はペイントボールは戦争を賛美し、暴力を肯定するものであるという否定的見解を有している。しかしこれは真実とは程遠い。ペイントボールフィールドにおいて物理的な"暴力"は厳禁とされており、人を「匹」で勘定して獣呼ばわりするといった言葉による暴力も認められていない。ほとんどのフィールドは専用に設計されており、カラフルな膨張式掩蔽壕やそれに順ずるものが設置されている。近年のペイントマーカーは実銃とはかけ離れた姿をしている。たしかに戦争の再現であるDデーリエナクメントがオクラホマ州で行われてはいるが、彼らの目的はあくまで歴史の再演であり戦争の賛美と暴力の助長にあるわけではない。ペイントボール フレッシュアイペディアより)

345件中 81 - 90件表示

「暴力犯罪」のニューストピックワード