463件中 81 - 90件表示
  • 映画学

    映画学から見た暴力暴力

    また社会学的歴史と映画の制作方法・内容を照らし合わせることによって両者の関連性を見出す研究は盛んに行われている他、国籍による制作観点の多様性、映画によるプロパガンダ、暴力、性的描写と社会の関連性なども論じられる。また、例えばアルジェリア独立戦争を社会学的(歴史・政治など)に学ぶ場合に映画「アルジェの戦い」(1966年イタリア)などの映画が参考資料とされるなど、映画が一般的な社会学的理解をサポートする場合もある。映画学 フレッシュアイペディアより)

  • スルタン主義体制

    スルタン主義体制から見た暴力暴力

    暴力と恐怖によってのみ支配する。スルタン主義体制 フレッシュアイペディアより)

  • 現代詩

    現代詩から見た暴力暴力

    現象学・実存主義に影響を受けた哲学的な内容、性や暴力など近代詩が扱わなかったタブーへの切り込み、日常とかけ離れた特異な言葉遣いによる異化作用、などが特徴的である。現代詩 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・グロス

    ジョージ・グロスから見た暴力暴力

    本名ゲオルク・エーレンフリート・グロース(Georg Ehrenfried Groß)としてベルリンの労働者の家庭に生まれる。7歳で父が死去。1908年、中学校で暴力をふるう教師に殴り返して退学処分を受けた。ジョージ・グロス フレッシュアイペディアより)

  • ソビエト占領下のポーランドにおける反ユダヤ運動

    ソビエト占領下のポーランドにおける反ユダヤ運動から見た暴力暴力

    これらの事件は、個人攻撃からポグロムまでにいたる。この暴力によりユダヤ人の一部はポーランドから国外へ移住した、東側諸国でポーランドだけがユダヤ人が自由にイギリス委任統治領パレスチナへ移民できる国だった。多くのユダヤ人がポーランド残留を望まずパレスチナを目指した。ソビエト占領下のポーランドにおける反ユダヤ運動 フレッシュアイペディアより)

  • デニス・クーパー

    デニス・クーパーから見たバイオレンス暴力

    カリフォルニア州パサデナ生まれ。ゲイとして知られ、ゲイポルノやバイオレンスを題材にした作品が多い。デニス・クーパー フレッシュアイペディアより)

  • デス・ロード 染血

    デス・ロード 染血から見た暴力暴力

    『プラダを着た悪魔』にてメリル・ストリープのアシスタント役を演じて、ゴールデン・グローブ賞の助演女優賞にノミネートされたイギリス出身の若手女優、エミリー・ブラントと『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のアシュトン・ホームズが共演した本作。クリスマス休暇にも関わらず雪山であえなく立ち往生を余儀なくされた男女2人の学生に起こる恐怖の一夜を描いている。邦題には「染血」というサブタイトルがついているが暴力やスプラッターなどの描写は一切なく、オカルトに焦点を絞り、全体の60%が一台の車の中という異色性が逆に恐怖を盛り上げている。また雪山という舞台も、心霊的な恐怖を盛り上げる要素の一つとなった。デス・ロード 染血 フレッシュアイペディアより)

  • オー・ファーザー

    オー・ファーザーから見た暴力暴力

    ヴィデオは、マドンナの最愛の母が亡くなるシーンから始まり、悲嘆に暮れた父親は、アルコールに溺れ、幼児であるマドンナを虐待する(そのシーンでは実際虐待はほのめかされているだけである)。次のシーンでは、時間を超えて、大人のマドンナが登場。過去に虐待された者は将来そのパターンを繰り返すという不吉な予言を実現するかの如く、マドンナは恋人によって暴力を受ける。オー・ファーザー フレッシュアイペディアより)

  • 愛子内親王不登校騒動

    愛子内親王不登校騒動から見た暴力暴力

    同校は騒動になったことを謝罪しつつ、内親王と別のクラスに物を投げる・廊下を勢い良く走る・大声を出すといった「乱暴な男子児童」が過去(2009年11月頃)に存在したことを認めたが、内親王に対する「直接の暴力行為」と「いじめ」の存在は否定した。また、3月2日に早退しようとした愛子内親王は、外履きに履き替えた後に同級生のいる廊下に戻り、そこで飛び出してきた隣の組の男子児童2名とすれ違った。その際に、先述の「乱暴な男子児童」のことを思い出し「不安を感じたと拝察」したとしている。愛子内親王不登校騒動 フレッシュアイペディアより)

  • モンスターペイシェント

    モンスターペイシェントから見た暴力暴力

    モンスターペイシェント(モンスター患者、怪物患者などとも)とは医療従事者や医療機関に対して自己中心的で理不尽な要求果ては暴言・暴力を繰り返す患者や、その保護者等を意味する和製英語である。教育現場で教師に理不尽な要求をつきつける親を“怪物”に喩えて「モンスターペアレント」と呼ぶのと同様、医療現場でモラルに欠けた行動をとる患者をこのように呼ぶようになっている。モンスターペイシェント フレッシュアイペディアより)

463件中 81 - 90件表示

「暴力犯罪」のニューストピックワード