前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示
  • 暴力

    暴力から見た校内暴力

    また、家庭と同様に閉鎖的な共同体である宗教団体(既成、新興に限らず)の一部でも暴力がおこなわれている場合がある。また、企業の内部でも、よわい立場の従業員に対して、陰に陽にさまざまな暴力がおこなわれていることがあり、それらの中には、最近では「パワーハラスメント」という用語でとらえられるものもある(→ 雇用主、上司)。学校内で主として生徒によっておこなわれる暴力は「校内暴力」(スクールバイオレンス)とよばれている(→ 生徒)。学校内では、教師などが、生徒に体罰という名の暴力をふるうこともある(→教師、上級生)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見たマフィア

    他人の財産をうばおうとする者が暴力をふるうことがあるということは古今東西かわらない(→ 強盗など)。世界的にはマフィア、日本では暴力団のように、さまざまなかたちで暴力行為を継続的におこなっている組織も存在する(→ マフィア、暴力団)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た暴力団

    他人の財産をうばおうとする者が暴力をふるうことがあるということは古今東西かわらない(→ 強盗など)。世界的にはマフィア、日本では暴力団のように、さまざまなかたちで暴力行為を継続的におこなっている組織も存在する(→ マフィア、暴力団)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見たテロリズム

    また、既成権力に属していない側の者、権力による暴力をうけてきたとうけとめている側(体制側からみた場合のいわゆる"反体制勢力")によっても報復的あるいは防御的に暴力がおこなわれることがあり、顕著な例では革命、独立戦争、テロリズムなどとなってあらわれる(→極普通の人々・民衆、一般国民・一般市民、極右、極左、テロリストなど)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見たマックス・ウェーバー

    しかし、これは暴力と非暴力、善悪の対立ではありえない。暴力に実質的に対抗できるのは同等の暴力だけである。つまり、暴力を統制するためにはより強力な暴力、すなわち組織化された暴力が社会の中で準備されなければならない。社会学者のマックス・ウェーバーは国家の成立にあたっては軍隊、警察といった暴力を行使できる組織を正統的に独占することが必須であると定義した(暴力の独占)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見たエマニュエル・レヴィナス

    全ての人間の身体には現実の世界に具体的にはたらきかける能力があり、この能力が他者の意志に対して強制的にくわえられると暴力となる。哲学者のエマニュエル・レヴィナスは人間関係に原初的に存在するものが暴力であると論じた。二者だけの人間関係に友好は不可欠なものであるが、別の誰かとの親密な関係が発生すれば二者の関係は相対化され傷つけられ、友好関係だけではなく対立関係が形成されうるようになると指摘した。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た進化

    動物行動学の立場から進化の産物であるとする説明が有力である。捕食者や外敵からの防御、雌をめぐる雄の性淘汰の争い、群れの序列をめぐる争いなどを経て、身体能力を高める。チンパンジーには子殺しも認められる。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た心理学

    暴力は殺人、傷害、虐待、破壊などをひきおこすことができる力であり、また、二次的な機能として強制や抵抗、抑止などがある。人間の暴力性については心理学の立場から、抑圧の発露、おさえつけられたルサンチマン、生体にやどる破壊衝動(デストルドー)として説明がなされることもある。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た迷惑防止条例

    暴力の行使は刑法では、傷害罪、暴行罪、強要罪、強盗罪、恐喝罪、器物損壊罪などとして処罰される可能性がある。刑法以外では、暴力行為等処罰ニ関スル法律、航空機の強取等の処罰に関する法律、迷惑防止条例などがある。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た警察官

    また、攻撃性にはあきらかな性差が認められる。生化学の分野では男性ホルモンのテストステロンの関与が指摘されており、軍人や警察官、更に殺人犯の過半数が男性でしめられている事実がそれをうらづけることができる。暴力 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示

「暴力犯罪」のニューストピックワード