112件中 91 - 100件表示
  • 暴力

    暴力から見た権利

    力を行使した当事者からは「正当な力の行使である」「正当な権利の行使である」「正当な報復である」「正当な懲罰行為である」などと主張され「暴力ではない」と主張されるが、力を行使された側からは「正当性がみとめられない」と主張される、という事態がおこりうる。また当事者たちばかりでなく、第三者の間でも判定が割れたり、揺れたりすることがある。国家間の軍事力の行使でもこうした見解の対立がおおくみられる。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た抑圧 (社会科学)

    国家の政治権力を掌握している側の者が国内の人々に対して暴力をふるうことがある。そのような暴力としては人権蹂躙、抑圧などといったタイプのものから、殺人・大量殺戮(さつりく)といった過激なタイプのものまでさまざまなバリエーションがある。自民族中心主義者、排外的な民族主義者が政権をとると、政府をあげて国内の移民や外国人に対して暴力をふるうことがある。また、役人が人種差別主義者だと、従うべき法規を全く無視して市民に対して暴力をふるうことがある。米国では白人警官が、黒人の市民に対して、特に理由がない場合ですら違法に暴力をふるい、ひどい場合には殺してしまうような事件が頻発している。権力を掌握している者による暴力の中でも特に過激な方の例としては粛清があげられる。最大規模のものはスターリンによる大粛清である。 恐怖政治(暗黒政治)ではしばしば権力者が国民に対して様々な暴力を振るっている。(→ 国家元首、権力者、政府、行政組織、官僚、役人、秘密警察の構成員、警察官、役人の中の民族主義者や極右主義者などが行為主)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た芸術

    暴力をいくらか生産的な面に転じるはたらきを昇華という。攻撃衝動は昇華としてスポーツにむけられるし、芸術の分野ではハードボイルド小説やミステリー、ロマン主義の一部などがあげられる。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た平和主義

    暴力は人間の尊厳や人権をおびやかすものであり、人道主義や平和主義の立場ではあらゆる対立は非暴力的な手段によって、対話などによって、互いを理解し、互いの苦しみを理解し、理性的に解決されるべきだ、という社会的規範は示されている。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た粛清

    国家の政治権力を掌握している側の者が国内の人々に対して暴力をふるうことがある。そのような暴力としては人権蹂躙、抑圧などといったタイプのものから、殺人・大量殺戮(さつりく)といった過激なタイプのものまでさまざまなバリエーションがある。自民族中心主義者、排外的な民族主義者が政権をとると、政府をあげて国内の移民や外国人に対して暴力をふるうことがある。また、役人が人種差別主義者だと、従うべき法規を全く無視して市民に対して暴力をふるうことがある。米国では白人警官が、黒人の市民に対して、特に理由がない場合ですら違法に暴力をふるい、ひどい場合には殺してしまうような事件が頻発している。権力を掌握している者による暴力の中でも特に過激な方の例としては粛清があげられる。最大規模のものはスターリンによる大粛清である。 恐怖政治(暗黒政治)ではしばしば権力者が国民に対して様々な暴力を振るっている。(→ 国家元首、権力者、政府、行政組織、官僚、役人、秘密警察の構成員、警察官、役人の中の民族主義者や極右主義者などが行為主)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た恐怖政治

    国家の政治権力を掌握している側の者が国内の人々に対して暴力をふるうことがある。そのような暴力としては人権蹂躙、抑圧などといったタイプのものから、殺人・大量殺戮(さつりく)といった過激なタイプのものまでさまざまなバリエーションがある。自民族中心主義者、排外的な民族主義者が政権をとると、政府をあげて国内の移民や外国人に対して暴力をふるうことがある。また、役人が人種差別主義者だと、従うべき法規を全く無視して市民に対して暴力をふるうことがある。米国では白人警官が、黒人の市民に対して、特に理由がない場合ですら違法に暴力をふるい、ひどい場合には殺してしまうような事件が頻発している。権力を掌握している者による暴力の中でも特に過激な方の例としては粛清があげられる。最大規模のものはスターリンによる大粛清である。 恐怖政治(暗黒政治)ではしばしば権力者が国民に対して様々な暴力を振るっている。(→ 国家元首、権力者、政府、行政組織、官僚、役人、秘密警察の構成員、警察官、役人の中の民族主義者や極右主義者などが行為主)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見たロマノフ朝

    『現代哲学辞典』によると、暴力への対抗は、「暴力と非暴力」や「善悪」の対立ではありえない、と言う。暴力に実質的に対抗できるのは同等の暴力だけだ、と同辞典では説明されている。「暴力を統制するためにはより強力な暴力、すなわち組織化された暴力が社会の中で準備されなければならない。」と言う。社会学者のマックス・ウェーバーは「国家の成立にあたっては軍隊、警察といった暴力を行使できる組織を正統的に独占することが必須である」とした(暴力の独占)。同様の理屈で、ロシアではロマノフ朝の皇帝による専制や 皇帝が行った民衆に対する暴力に対して、ボリシェヴィキは平和的な方法ではなく武力(暴力)を用いてそれを圧倒することを主張し、実際に政府施設や諸機関を制圧・独占し、ソビエト連邦という新国家を成立させた。暴力を用いずに平和的に革命を行うことは「平和革命」と呼ばれ、それと対比するかたちで 武力(暴力)を用いた革命は「暴力革命」と呼ばれている。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た大粛清

    国家の政治権力を掌握している側の者が国内の人々に対して暴力をふるうことがある。そのような暴力としては人権蹂躙、抑圧などといったタイプのものから、殺人・大量殺戮(さつりく)といった過激なタイプのものまでさまざまなバリエーションがある。自民族中心主義者、排外的な民族主義者が政権をとると、政府をあげて国内の移民や外国人に対して暴力をふるうことがある。また、役人が人種差別主義者だと、従うべき法規を全く無視して市民に対して暴力をふるうことがある。米国では白人警官が、黒人の市民に対して、特に理由がない場合ですら違法に暴力をふるい、ひどい場合には殺してしまうような事件が頻発している。権力を掌握している者による暴力の中でも特に過激な方の例としては粛清があげられる。最大規模のものはスターリンによる大粛清である。 恐怖政治(暗黒政治)ではしばしば権力者が国民に対して様々な暴力を振るっている。(→ 国家元首、権力者、政府、行政組織、官僚、役人、秘密警察の構成員、警察官、役人の中の民族主義者や極右主義者などが行為主)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た革命

    また、既成権力に属していない側の者、権力による暴力をうけてきたとうけとめている側(体制側からみた場合のいわゆる"反体制勢力")によっても報復的あるいは防御的に暴力がおこなわれることがあり、顕著な例では革命、独立戦争、テロリズムなどとなってあらわれる(→普通の人々、民衆、一般国民、一般市民、極右、極左、テロリストなど)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た棍棒

    暴力(ぼうりょく、英:violence)とは、乱暴な力や無法な力のこと。相手の身体に害をおよぼすような不当な力や行為。例えばなぐる、蹴るなどであり、また棍棒・杖などで殴ったり、鞭で打ったり、刃物で切りつけたり、銃で撃つこと 等々である。暴力 フレッシュアイペディアより)

112件中 91 - 100件表示

「暴力犯罪」のニューストピックワード