91件中 31 - 40件表示
  • 暴力

    暴力から見たスポーツ

    暴力をいくらか生産的な面に転じるはたらきを昇華という。攻撃衝動は昇華としてスポーツにむけられるし、芸術の分野ではハードボイルド小説やミステリー、ロマン主義の一部などがあげられる。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た武士

    人類の歴史をみると(一部の例外的な地域・時期はあるにしても)、概して、戦争はたえたことがない。歴史的にみて、兵士が兵士に対して暴力をふるうだけでなく、一般の住民(非戦闘員)の財産・金品を略奪したり、必然性もなく殺したり(殺人)、婦女暴行・強姦を行っていたりする事例は枚挙に暇がない(大量虐殺も参照)(→ 戦士、武士、兵士、軍人などが行為主)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た宗教

    また、家庭と同様に閉鎖的な共同体である宗教団体(既成、新興に限らず)の一部でも暴力がおこなわれている場合がある。また、企業の内部でも、よわい立場の従業員に対して、陰に陽にさまざまな暴力がおこなわれていることがあり、それらの中には、最近では「パワーハラスメント」という用語でとらえられるものもある(→ 雇用主、上司)。学校内で主として生徒によっておこなわれる暴力は「校内暴力」(スクールバイオレンス)とよばれている(→ 生徒)。学校内では、教師などが、生徒に体罰という名の暴力をふるうこともある(→教師、上級生)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た政府

    過激な方の例としては粛清があげられる(→ 国家元首、権力者、役人、官僚、行政、政府などが行為主 )。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た表現の自由

    ただ、わいせつなど性描写とならんで表現の自由にからみがちな面はあり、規制には賛否をひきおこしやすい。過度の規制はつつしむべきだというのが良識的な意見だが、どこまで規制できるかはしばしば裁判であらそわれる。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た軍事力

    行使の当事者が、正当な権利の行使である、あるいは報復や正当な懲罰行為であると主張するが、他方からは正当性がみとめられないという事態がおこりうる。特に国家間の軍事力の行使ではこうした意見の対立がおおくみられる。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た抑圧 (心理学)

    暴力は殺人、傷害、虐待、破壊などをひきおこすことができる力であり、また、二次的な機能として強制や抵抗、抑止などがある。人間の暴力性については心理学の立場から、抑圧の発露、おさえつけられたルサンチマン、生体にやどる破壊衝動(デストルドー)として説明がなされることもある。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た子殺し

    動物行動学の立場から進化の産物であるとする説明が有力である。捕食者や外敵からの防御、雌をめぐる雄の性淘汰の争い、群れの序列をめぐる争いなどを経て、身体能力を高める。チンパンジーには子殺しも認められる。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た家庭内暴力

    現代の一般家庭の一部においても暴力がおこなわれていることがあり「家庭内暴力(ドメスティックバイオレンス、DV)」とよばれている。その中でも配偶者による暴力は「配偶者による暴力」と呼ばれることがある(→配偶者、夫、妻)。児童を虐待することは「児童虐待」とよばれている(→ 親など)。逆に年配の人を虐待することは「高齢者虐待」とよばれている(→ 子など)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た理性

    暴力は人間の尊厳や人権をおびやかすものであり、人道主義や平和主義の立場ではあらゆる対立は非暴力的な手段によって理性的に解決されるべきという社会の規範がしめされる。しかしながら、その規範が実施されるとはかぎらない。そのために暴力に対抗することが必要となる。暴力 フレッシュアイペディアより)

91件中 31 - 40件表示

「暴力犯罪」のニューストピックワード