112件中 41 - 50件表示
  • 暴力

    暴力から見た宗教

    また、家庭と同様に閉鎖的な共同体である宗教団体(既成、新興に限らず)の一部でも暴力がおこなわれている場合がある。また、企業の内部でも、弱い立場の従業員に対して、陰に陽にさまざまな暴力がおこなわれていることがあり、それらの中には、最近では「パワーハラスメント」という用語でとらえられるものもある(→ 雇用主、上司、ブラック企業)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た政府

    国家の政治権力を掌握している側の者が国内の人々に対して暴力をふるうことがある。そのような暴力としては人権蹂躙、抑圧などといったタイプのものから、殺人・大量殺戮(さつりく)といった過激なタイプのものまでさまざまなバリエーションがある。自民族中心主義者、排外的な民族主義者が政権をとると、政府をあげて国内の移民や外国人に対して暴力をふるうことがある。また、役人が人種差別主義者だと、従うべき法規を全く無視して市民に対して暴力をふるうことがある。米国では白人警官が、黒人の市民に対して、特に理由がない場合ですら違法に暴力をふるい、ひどい場合には殺してしまうような事件が頻発している。権力を掌握している者による暴力の中でも特に過激な方の例としては粛清があげられる。最大規模のものはスターリンによる大粛清である。 恐怖政治(暗黒政治)ではしばしば権力者が国民に対して様々な暴力を振るっている。(→ 国家元首、権力者、政府、行政組織、官僚、役人、秘密警察の構成員、警察官、役人の中の民族主義者や極右主義者などが行為主)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た抑圧 (心理学)

    心理学の立場からは、人間の暴力性については抑圧の発露、おさえつけられたルサンチマン、生体にやどる破壊衝動(デストルドー)として説明がなされることもある。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た子殺し

    動物行動学の立場から進化の産物であるとする説明が有力である。捕食者や外敵からの防御で身体能力を高める。群れの序列をめぐる争い、雌をめぐる雄の性淘汰の争い、などで暴力が起きる。チンパンジーには子殺しも認められる。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た理性

    暴力は人間の尊厳や人権をおびやかすものであり、人道主義や平和主義の立場ではあらゆる対立は非暴力的な手段によって、対話などによって、互いを理解し、互いの苦しみを理解し、理性的に解決されるべきだ、という社会的規範は示されている。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た民族主義者

    国家の政治権力を掌握している側の者が国内の人々に対して暴力をふるうことがある。そのような暴力としては人権蹂躙、抑圧などといったタイプのものから、殺人・大量殺戮(さつりく)といった過激なタイプのものまでさまざまなバリエーションがある。自民族中心主義者、排外的な民族主義者が政権をとると、政府をあげて国内の移民や外国人に対して暴力をふるうことがある。また、役人が人種差別主義者だと、従うべき法規を全く無視して市民に対して暴力をふるうことがある。米国では白人警官が、黒人の市民に対して、特に理由がない場合ですら違法に暴力をふるい、ひどい場合には殺してしまうような事件が頻発している。権力を掌握している者による暴力の中でも特に過激な方の例としては粛清があげられる。最大規模のものはスターリンによる大粛清である。 恐怖政治(暗黒政治)ではしばしば権力者が国民に対して様々な暴力を振るっている。(→ 国家元首、権力者、政府、行政組織、官僚、役人、秘密警察の構成員、警察官、役人の中の民族主義者や極右主義者などが行為主)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た母親

    現代の一般家庭の一部においても暴力がおこなわれていることがあり「家庭内暴力(ドメスティックバイオレンス、DV)」とよばれている。その中でも配偶者による暴力は「配偶者による暴力」と呼ばれることがある(→配偶者、夫、妻)。児童を虐待することは「児童虐待」とよばれている。児童虐待を行っているのは主として母親(実母)である。母親が子を殺してしまうという事件も時々起きている。(→ 親など)。逆に年配の人を虐待することは「高齢者虐待」とよばれている(→ 子など)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た大量虐殺

    人類の歴史をみると(一部の例外的な地域・時期はあるにしても)、概して、戦争はたえたことがない。歴史的にみて、兵士が兵士に対して暴力をふるうだけでなく、一般の住民(非戦闘員)の財産・金品を略奪したり、必然性もなく殺したり(殺人)、婦女暴行・強姦を行っていたりする事例は枚挙に暇がない(大量虐殺も参照)(→ 戦士、武士、兵士、軍人などが行為主)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た動物行動学

    動物行動学の立場から進化の産物であるとする説明が有力である。捕食者や外敵からの防御で身体能力を高める。群れの序列をめぐる争い、雌をめぐる雄の性淘汰の争い、などで暴力が起きる。チンパンジーには子殺しも認められる。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た強姦

    人類の歴史をみると(一部の例外的な地域・時期はあるにしても)、概して、戦争はたえたことがない。歴史的にみて、兵士が兵士に対して暴力をふるうだけでなく、一般の住民(非戦闘員)の財産・金品を略奪したり、必然性もなく殺したり(殺人)、婦女暴行・強姦を行っていたりする事例は枚挙に暇がない(大量虐殺も参照)(→ 戦士、武士、兵士、軍人などが行為主)。暴力 フレッシュアイペディアより)

112件中 41 - 50件表示

「暴力犯罪」のニューストピックワード