91件中 41 - 50件表示
  • 暴力

    暴力から見た大量虐殺

    人類の歴史をみると(一部の例外的な地域・時期はあるにしても)、概して、戦争はたえたことがない。歴史的にみて、兵士が兵士に対して暴力をふるうだけでなく、一般の住民(非戦闘員)の財産・金品を略奪したり、必然性もなく殺したり(殺人)、婦女暴行・強姦を行っていたりする事例は枚挙に暇がない(大量虐殺も参照)(→ 戦士、武士、兵士、軍人などが行為主)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た財産

    暴力(ぼうりょく)とは他者の身体や財産などに対する物理的な破壊力をいう。ただし、心理的虐待やモラルハラスメントなどの精神的暴力も暴力と認知されるようになりつつある。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た動物行動学

    動物行動学の立場から進化の産物であるとする説明が有力である。捕食者や外敵からの防御、雌をめぐる雄の性淘汰の争い、群れの序列をめぐる争いなどを経て、身体能力を高める。チンパンジーには子殺しも認められる。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た国家元首

    過激な方の例としては粛清があげられる(→ 国家元首、権力者、役人、官僚、行政、政府などが行為主 )。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た強姦

    人類の歴史をみると(一部の例外的な地域・時期はあるにしても)、概して、戦争はたえたことがない。歴史的にみて、兵士が兵士に対して暴力をふるうだけでなく、一般の住民(非戦闘員)の財産・金品を略奪したり、必然性もなく殺したり(殺人)、婦女暴行・強姦を行っていたりする事例は枚挙に暇がない(大量虐殺も参照)(→ 戦士、武士、兵士、軍人などが行為主)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た行政

    過激な方の例としては粛清があげられる(→ 国家元首、権力者、役人、官僚、行政、政府などが行為主 )。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見たロマン主義

    暴力をいくらか生産的な面に転じるはたらきを昇華という。攻撃衝動は昇華としてスポーツにむけられるし、芸術の分野ではハードボイルド小説やミステリー、ロマン主義の一部などがあげられる。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た教員

    また、家庭と同様に閉鎖的な共同体である宗教団体(既成、新興に限らず)の一部でも暴力がおこなわれている場合がある。また、企業の内部でも、よわい立場の従業員に対して、陰に陽にさまざまな暴力がおこなわれていることがあり、それらの中には、最近では「パワーハラスメント」という用語でとらえられるものもある(→ 雇用主、上司)。学校内で主として生徒によっておこなわれる暴力は「校内暴力」(スクールバイオレンス)とよばれている(→ 生徒)。学校内では、教師などが、生徒に体罰という名の暴力をふるうこともある(→教師、上級生)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見たモラルハラスメント

    暴力(ぼうりょく)とは他者の身体や財産などに対する物理的な破壊力をいう。ただし、心理的虐待やモラルハラスメントなどの精神的暴力も暴力と認知されるようになりつつある。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た暴力行為等処罰ニ関スル法律

    暴力の行使は刑法では、傷害罪、暴行罪、強要罪、強盗罪、恐喝罪、器物損壊罪などとして処罰される可能性がある。刑法以外では、暴力行為等処罰ニ関スル法律、航空機の強取等の処罰に関する法律、迷惑防止条例などがある。暴力 フレッシュアイペディアより)

91件中 41 - 50件表示

「暴力犯罪」のニューストピックワード