112件中 51 - 60件表示
  • 暴力

    暴力から見た教員

    学校内で主として生徒によっておこなわれる暴力は「校内暴力」(スクールバイオレンス)とよばれている(→ 生徒)。学校内では、上級生が下級生に暴力をふるうこともあり(→上級生)、教師が生徒に体罰という名の暴力をふるうこともある(→教師)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見たモラルハラスメント

    もともと「暴力」と言うと一般には他者の身体などに対する物理的な破壊力をもっぱら指していた。ただし近年では、心理的虐待や精神的暴力も暴力と認知されるようになりつつあり、さらにモラルハラスメントなども同様にみなされることも増えている。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た軍隊

    『現代哲学辞典』によると、暴力への対抗は、「暴力と非暴力」や「善悪」の対立ではありえない、と言う。暴力に実質的に対抗できるのは同等の暴力だけだ、と同辞典では説明されている。「暴力を統制するためにはより強力な暴力、すなわち組織化された暴力が社会の中で準備されなければならない。」と言う。社会学者のマックス・ウェーバーは「国家の成立にあたっては軍隊、警察といった暴力を行使できる組織を正統的に独占することが必須である」とした(暴力の独占)。同様の理屈で、ロシアではロマノフ朝の皇帝による専制や 皇帝が行った民衆に対する暴力に対して、ボリシェヴィキは平和的な方法ではなく武力(暴力)を用いてそれを圧倒することを主張し、実際に政府施設や諸機関を制圧・独占し、ソビエト連邦という新国家を成立させた。暴力を用いずに平和的に革命を行うことは「平和革命」と呼ばれ、それと対比するかたちで 武力(暴力)を用いた革命は「暴力革命」と呼ばれている。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た非暴力

    20世紀、マハトマ・ガンジーは、侵略主義的なイギリスによる暴力に対して暴力で対抗するのではなく、非暴力・不服従で対応することを説き、インドの独立を実現した。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た軍人

    人類の歴史をみると(一部の例外的な地域・時期はあるにしても)、概して、戦争はたえたことがない。歴史的にみて、兵士が兵士に対して暴力をふるうだけでなく、一般の住民(非戦闘員)の財産・金品を略奪したり、必然性もなく殺したり(殺人)、婦女暴行・強姦を行っていたりする事例は枚挙に暇がない(大量虐殺も参照)(→ 戦士、武士、兵士、軍人などが行為主)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た婦女暴行

    人類の歴史をみると(一部の例外的な地域・時期はあるにしても)、概して、戦争はたえたことがない。歴史的にみて、兵士が兵士に対して暴力をふるうだけでなく、一般の住民(非戦闘員)の財産・金品を略奪したり、必然性もなく殺したり(殺人)、婦女暴行・強姦を行っていたりする事例は枚挙に暇がない(大量虐殺も参照)(→ 戦士、武士、兵士、軍人などが行為主)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た規範

    暴力は人間の尊厳や人権をおびやかすものであり、人道主義や平和主義の立場ではあらゆる対立は非暴力的な手段によって、対話などによって、互いを理解し、互いの苦しみを理解し、理性的に解決されるべきだ、という社会的規範は示されている。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た虐待

    暴力は殺人、傷害、虐待、破壊などをひきおこすことができる力であり、また、二次的な機能として強制・抵抗・抑止などがある。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た平和革命

    『現代哲学辞典』によると、暴力への対抗は、「暴力と非暴力」や「善悪」の対立ではありえない、と言う。暴力に実質的に対抗できるのは同等の暴力だけだ、と同辞典では説明されている。「暴力を統制するためにはより強力な暴力、すなわち組織化された暴力が社会の中で準備されなければならない。」と言う。社会学者のマックス・ウェーバーは「国家の成立にあたっては軍隊、警察といった暴力を行使できる組織を正統的に独占することが必須である」とした(暴力の独占)。同様の理屈で、ロシアではロマノフ朝の皇帝による専制や 皇帝が行った民衆に対する暴力に対して、ボリシェヴィキは平和的な方法ではなく武力(暴力)を用いてそれを圧倒することを主張し、実際に政府施設や諸機関を制圧・独占し、ソビエト連邦という新国家を成立させた。暴力を用いずに平和的に革命を行うことは「平和革命」と呼ばれ、それと対比するかたちで 武力(暴力)を用いた革命は「暴力革命」と呼ばれている。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た配偶者

    現代の一般家庭の一部においても暴力がおこなわれていることがあり「家庭内暴力(ドメスティックバイオレンス、DV)」とよばれている。その中でも配偶者による暴力は「配偶者による暴力」と呼ばれることがある(→配偶者、夫、妻)。児童を虐待することは「児童虐待」とよばれている。児童虐待を行っているのは主として母親(実母)である。母親が子を殺してしまうという事件も時々起きている。(→ 親など)。逆に年配の人を虐待することは「高齢者虐待」とよばれている(→ 子など)。暴力 フレッシュアイペディアより)

112件中 51 - 60件表示

「暴力犯罪」のニューストピックワード