112件中 61 - 70件表示
  • 暴力

    暴力から見た役人

    国家の政治権力を掌握している側の者が国内の人々に対して暴力をふるうことがある。そのような暴力としては人権蹂躙、抑圧などといったタイプのものから、殺人・大量殺戮(さつりく)といった過激なタイプのものまでさまざまなバリエーションがある。自民族中心主義者、排外的な民族主義者が政権をとると、政府をあげて国内の移民や外国人に対して暴力をふるうことがある。また、役人が人種差別主義者だと、従うべき法規を全く無視して市民に対して暴力をふるうことがある。米国では白人警官が、黒人の市民に対して、特に理由がない場合ですら違法に暴力をふるい、ひどい場合には殺してしまうような事件が頻発している。権力を掌握している者による暴力の中でも特に過激な方の例としては粛清があげられる。最大規模のものはスターリンによる大粛清である。 恐怖政治(暗黒政治)ではしばしば権力者が国民に対して様々な暴力を振るっている。(→ 国家元首、権力者、政府、行政組織、官僚、役人、秘密警察の構成員、警察官、役人の中の民族主義者や極右主義者などが行為主)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た和解

    近年では暴力に暴力で応酬する事態が起きると、見かねた第三国・国際機関・宗教者などが調停に乗り出すことがあり、相方の代表の対話を促すように働きかけを行い、第三者として対話の場に同席することもある。(→国際調停、国際交渉人、ネゴシエーター、和解暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た自民族中心主義

    国家の政治権力を掌握している側の者が国内の人々に対して暴力をふるうことがある。そのような暴力としては人権蹂躙、抑圧などといったタイプのものから、殺人・大量殺戮(さつりく)といった過激なタイプのものまでさまざまなバリエーションがある。自民族中心主義者、排外的な民族主義者が政権をとると、政府をあげて国内の移民や外国人に対して暴力をふるうことがある。また、役人が人種差別主義者だと、従うべき法規を全く無視して市民に対して暴力をふるうことがある。米国では白人警官が、黒人の市民に対して、特に理由がない場合ですら違法に暴力をふるい、ひどい場合には殺してしまうような事件が頻発している。権力を掌握している者による暴力の中でも特に過激な方の例としては粛清があげられる。最大規模のものはスターリンによる大粛清である。 恐怖政治(暗黒政治)ではしばしば権力者が国民に対して様々な暴力を振るっている。(→ 国家元首、権力者、政府、行政組織、官僚、役人、秘密警察の構成員、警察官、役人の中の民族主義者や極右主義者などが行為主)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た警察

    『現代哲学辞典』によると、暴力への対抗は、「暴力と非暴力」や「善悪」の対立ではありえない、と言う。暴力に実質的に対抗できるのは同等の暴力だけだ、と同辞典では説明されている。「暴力を統制するためにはより強力な暴力、すなわち組織化された暴力が社会の中で準備されなければならない。」と言う。社会学者のマックス・ウェーバーは「国家の成立にあたっては軍隊、警察といった暴力を行使できる組織を正統的に独占することが必須である」とした(暴力の独占)。同様の理屈で、ロシアではロマノフ朝の皇帝による専制や 皇帝が行った民衆に対する暴力に対して、ボリシェヴィキは平和的な方法ではなく武力(暴力)を用いてそれを圧倒することを主張し、実際に政府施設や諸機関を制圧・独占し、ソビエト連邦という新国家を成立させた。暴力を用いずに平和的に革命を行うことは「平和革命」と呼ばれ、それと対比するかたちで 武力(暴力)を用いた革命は「暴力革命」と呼ばれている。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た暴力の独占

    『現代哲学辞典』によると、暴力への対抗は、「暴力と非暴力」や「善悪」の対立ではありえない、と言う。暴力に実質的に対抗できるのは同等の暴力だけだ、と同辞典では説明されている。「暴力を統制するためにはより強力な暴力、すなわち組織化された暴力が社会の中で準備されなければならない。」と言う。社会学者のマックス・ウェーバーは「国家の成立にあたっては軍隊、警察といった暴力を行使できる組織を正統的に独占することが必須である」とした(暴力の独占)。同様の理屈で、ロシアではロマノフ朝の皇帝による専制や 皇帝が行った民衆に対する暴力に対して、ボリシェヴィキは平和的な方法ではなく武力(暴力)を用いてそれを圧倒することを主張し、実際に政府施設や諸機関を制圧・独占し、ソビエト連邦という新国家を成立させた。暴力を用いずに平和的に革命を行うことは「平和革命」と呼ばれ、それと対比するかたちで 武力(暴力)を用いた革命は「暴力革命」と呼ばれている。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見たボリシェヴィキ

    『現代哲学辞典』によると、暴力への対抗は、「暴力と非暴力」や「善悪」の対立ではありえない、と言う。暴力に実質的に対抗できるのは同等の暴力だけだ、と同辞典では説明されている。「暴力を統制するためにはより強力な暴力、すなわち組織化された暴力が社会の中で準備されなければならない。」と言う。社会学者のマックス・ウェーバーは「国家の成立にあたっては軍隊、警察といった暴力を行使できる組織を正統的に独占することが必須である」とした(暴力の独占)。同様の理屈で、ロシアではロマノフ朝の皇帝による専制や 皇帝が行った民衆に対する暴力に対して、ボリシェヴィキは平和的な方法ではなく武力(暴力)を用いてそれを圧倒することを主張し、実際に政府施設や諸機関を制圧・独占し、ソビエト連邦という新国家を成立させた。暴力を用いずに平和的に革命を行うことは「平和革命」と呼ばれ、それと対比するかたちで 武力(暴力)を用いた革命は「暴力革命」と呼ばれている。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た秘密警察

    国家の政治権力を掌握している側の者が国内の人々に対して暴力をふるうことがある。そのような暴力としては人権蹂躙、抑圧などといったタイプのものから、殺人・大量殺戮(さつりく)といった過激なタイプのものまでさまざまなバリエーションがある。自民族中心主義者、排外的な民族主義者が政権をとると、政府をあげて国内の移民や外国人に対して暴力をふるうことがある。また、役人が人種差別主義者だと、従うべき法規を全く無視して市民に対して暴力をふるうことがある。米国では白人警官が、黒人の市民に対して、特に理由がない場合ですら違法に暴力をふるい、ひどい場合には殺してしまうような事件が頻発している。権力を掌握している者による暴力の中でも特に過激な方の例としては粛清があげられる。最大規模のものはスターリンによる大粛清である。 恐怖政治(暗黒政治)ではしばしば権力者が国民に対して様々な暴力を振るっている。(→ 国家元首、権力者、政府、行政組織、官僚、役人、秘密警察の構成員、警察官、役人の中の民族主義者や極右主義者などが行為主)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た強制

    暴力は殺人、傷害、虐待、破壊などをひきおこすことができる力であり、また、二次的な機能として強制・抵抗・抑止などがある。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見たアヒンサー

    釈尊の生きた時代、インドは混乱を極めて、小国・大国が乱立し互いに戦争を行い、人々の殺し合いが続いていた。そのような状況下、釈尊は なによりもまず、生命を傷つけてはならない、生命を奪ってはならない、という大原則(不殺生、アヒンサー)を説いた、と伝えられている。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た独立戦争

    また、既成権力に属していない側の者、権力による暴力をうけてきたとうけとめている側(体制側からみた場合のいわゆる"反体制勢力")によっても報復的あるいは防御的に暴力がおこなわれることがあり、顕著な例では革命、独立戦争、テロリズムなどとなってあらわれる(→普通の人々、民衆、一般国民、一般市民、極右、極左、テロリストなど)。暴力 フレッシュアイペディアより)

112件中 61 - 70件表示

「暴力犯罪」のニューストピックワード