前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示
  • 思考盗聴

    思考盗聴から見た暴行罪暴行罪

    無許可の電波の照射であれば電波法などで十分に取り締まりが可能であり、具体的な身体的被害なら刑法の傷害罪や暴行罪を構成するだろうが、そのような法的措置を取らないのは不自然である。思考盗聴 フレッシュアイペディアより)

  • 奥崎謙三

    奥崎謙三から見た暴行罪暴行罪

    1969年、皇居の一般参賀で昭和天皇にパチンコ玉を発射し(次節参照)、暴行罪で懲役1年6か月の刑に服する。1974年、残留日本兵救出の目的でグアムを訪問。1976年、『宇宙人の聖書!?』を自費出版。その宣伝のため、銀座、渋谷、新宿のデパート屋上から、ポルノ写真に天皇一家の顔写真をコラージュしたビラ約4,000枚をまく(皇室ポルノビラ事件)。全国指名手配された直後、独立工兵36連隊の生き残りの元軍曹宅を訪れたところをパトカーに発見されて逮捕され、猥褻図画頒布で懲役1年2か月の刑に服する。1977年、獄中から参院選全国区に出馬し、神軍新聞を発行した。1980年、ふたたび参院選全国区に立候補。2度にわたり選挙広告の掲載を拒否した朝日新聞社社長・渡辺誠毅の襲撃を計画するが、年末、偶然テレビで当時の自民党最大派閥「木曜会」の忘年会のニュースを観たことから、「天皇に通ずる社会の悪因」として、目標を田中角栄に変更。1981年、『田中角栄を殺すために記す』を自費出版。田中に対する殺人予備罪で書類送検されるが不起訴となった。奥崎謙三 フレッシュアイペディアより)

  • 体罰

    体罰から見た暴行罪暴行罪

    日本の学校教育の場においては、学校教育法(昭和22年法律第26号)の第11条において、校長および教員は、懲戒として体罰を加えることはできないとされている。この規定に対する(刑事上の)罰則はないものの、教員以外の者と同じく、スキンシップと解せないものについては、暴行罪や傷害罪(死亡した場合は致死罪)となる。また、教員が職権として体罰を加えた場合は、刑事上の責任とは別個に民事上の責任も問われる。教員は、公務員の信用失墜行為として免職を含めた懲戒処分を受けることがある。刑事告訴をおこされぬよう、示談を前提に加害教員と勤務校が被害者に“陳謝”する場合が多い。体罰 フレッシュアイペディアより)

  • 三島事件

    三島事件から見た暴行罪暴行罪

    事件翌日の1970年(昭和45年)11月26日、慶応義塾大学病院で首と胴体をきれいに縫合された遺体は棺に納められ、森田の遺体は兄・治に引き渡され、渋谷区代々木の火葬場で荼毘に付された。三島の遺体は弟・千之に引き渡され、パトカーの先導で三島の自宅へ運ばれ、密葬が行われた。父・梓は息子がどんな変わり果てた姿になっているだろうと恐れ、棺を覗いたが、遺体の顔は生きているようで、楯の会の制服が着せられ刀が胸のあたりでしっかり握りしめられて添えられていた。これは警察官達が、「自分たちが普段から蔭ながら尊敬している先生の御遺体だから、特別の気持で丹念に化粧しました」と施したものだった。原稿用紙と万年筆も棺に納められ、三島の遺体は品川区の桐ヶ谷斎場で午後6時10分に荼毘に付された。森田の通夜も午後6時過ぎに、楯の会会員によって代々木の聖徳山諦聴寺で営まれた。三重県四日市市の実家での通夜は、翌日の11月27日、葬儀は11月28日に、カトリック信者の兄・治の希望により海の星カトリック教会で営まれ、納骨された。小賀正義、小川正洋、古賀浩靖の3名は、嘱託殺人、不法監禁、傷害、暴力行為、建造物侵入、銃刀法違反の6つの容疑で送検される。三島事件 フレッシュアイペディアより)

  • 肩パン

    肩パンから見た暴行罪暴行罪

    これらは日常的なじゃれあい・スキンシップの一つとして、特に中高生の間で行われる場合が多い。ただ、一人に対して過剰に打撃を受ける側を続けさせたり、当人の拒絶を無視して執拗に行為を迫るなど、常軌を逸した行為に至った場合は、スキンシップに留まらない単純な暴力として扱われ、場合によっては暴行罪や傷害罪が適用される場合がある。特に学校教育の現場において生徒同士の行為に対して暴行と馴れ合いに明確な線引きが出来ないため、いじめの一種として行為に至ることがある(下記参照)。肩パン フレッシュアイペディアより)

  • オルデンブルク事件

    オルデンブルク事件から見た暴行罪暴行罪

    担当医に対しては、当初暴行罪での起訴がなされる予定だったが、結局、検察はこの刑事訴訟手続きを停止した。ただ、担当医には13000ユーロの罰金刑が課されている。オルデンブルク事件 フレッシュアイペディアより)

  • 特別防衛保障

    特別防衛保障から見た暴行罪暴行罪

    飯島は、上述のような「兵隊」を率いて労働運動や学生運動潰しを行い、主婦と生活社の労働争議や早稲田大学の紛争などに介入していた。この時期には「兵隊」が必要になった際にその都度招集をかけており、組織化されたものではなかったという。1968年11月8日(日大紛争中)、飯島は日本大学藝術学部を占拠する日大全共闘を襲撃した。襲撃を主導したのは、全共闘と敵対していた日大の体育会系学生である。飯島はそれを支援するために「兵隊」を集めて送り出した。当初、襲撃側の約200名は優勢に立っていたが、外部から全共闘が続々と応援に駆け付けた結果、数の上で完全に劣勢となった。乱闘の末、襲撃側のほぼ全員が重傷を負い敗北する結果に終わった。全共闘側は、拘束した襲撃犯62名に凄惨なリンチを加えた。遅れて現場にやってきた飯島自身も、「関東軍の飯島」であることを知られた結果激しい暴行を受け、骨折と全身打撲の重傷を負った。この事件の後、飯島をはじめとする襲撃側のリーダーたちは凶器準備集合罪で逮捕・起訴された(襲撃側には、日大の他に拓殖大学、国士館大学、東海大学、中央大学などの学生がいた)。一方、全共闘側も飯島らへの暴行罪および傷害罪で逮捕者を出した。この事件を機に、飯島は労働争議・市民運動潰しを専門に行う警備会社の創設を決める。警備会社として正式に企業や大学と契約を結び建物内等に「警備員」を常駐させれば、「警備業務」という名目で企業や大学内部での襲撃・労働争議介入行為ができるようになり、「護身用具」として群集鎮圧のための凶器類を備蓄することも可能になると考えたのである。こうして、特別防衛保障株式会社は1970年4月に設立された。特別防衛保障 フレッシュアイペディアより)

  • 医療行為

    医療行為から見た暴行罪暴行罪

    体にメスを入れたり、エックス線を照射したりするように、他者の身体を傷つけたり体内に接触したりするような医療侵襲行為は、これが正当な業務でなければ傷害罪や暴行罪に該当する違法性がある。したがって、たとえ医療のためであってもこのような行為を行うには、正当な医療行為とされる後述の条件を満たす違法性阻却事由が必要である。医療従事者には、その行為が特別に許されるための要件として、資格(医師免許、歯科医師免許、看護師免許、助産師免許等)がある。医療行為には患者にとって不利益な事態をまねく恐れが大きいものもあるので、相応の知識と医療倫理が要求される。医療行為 フレッシュアイペディアより)

  • 決闘罪ニ関スル件

    決闘罪ニ関スル件から見た暴行罪暴行罪

    これにより、例えば暴行罪や傷害罪での立件が困難であるような事件を摘発又は解決する道を開く法として、その価値を見出されることとなった。検察庁の統計によると、同庁の決闘罪の受理人員数は2005年には34名を数えている。適用の多寡が各都道府県警察により異なること、また珍しい罪名であり適用される事例も少数であることから、この法律を適用して立件されたというだけでマスコミが取り上げることもある。決闘罪ニ関スル件 フレッシュアイペディアより)

  • 選考採用

    選考採用から見た暴行罪暴行罪

    近年、京都市職員による不祥事(覚せい剤使用(1996年から2006年までに覚せい剤や麻薬使用で逮捕された職員は20人)、収賄、傷害、私文書偽造、暴行)などが相次いで報道され、しかも不祥事を起こした職員が特定の部門に集中していることから選考採用によって長年不適格な者を採用し続けていた弊害が厳しく批判されている。選考採用 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示

「暴行事件」のニューストピックワード