123件中 41 - 50件表示
  • ジ・アセンション

    ジ・アセンションから見た暴行罪暴行罪

    リカルド、ティト、ラクエルといったラテン系レスラーが全員がユニットから脱退し、オブライエンとキャメロンの2人になったジ・アセンションはしばらく活動を停止。2012年3月に新たにプロモーションを行うようになり活動を再開。本格的にタッグ戦線に乗り込み、5月にはFCWと新人発掘番組であったWWE NXTが統合して新生NXTの初回放送にデビューし、マイク・ダルトン & CJパーカーから圧勝した。6月27日にはウーソズとの対戦において勝利して挑発したことから因縁が生まれ抗争へと展開。約半年間の長期間の争いで圧倒的な力を見せた。しかし11月22日にキャメロンが飲酒運転と暴行罪で逮捕されたことが発覚。2011年1月にも飲酒運転で逮捕されていた前歴も重なりウェルネスポリシー違反となってWWEから解雇となった。この事件により第二次ジ・アセンションは自然解散という形で終焉を迎えた。ジ・アセンション フレッシュアイペディアより)

  • ルーキー新一

    ルーキー新一から見た暴行罪暴行罪

    更に1968年(昭和43年)、巡業先で女性劇団員の入浴を覗いた一般男性に暴行、恐喝した容疑で白羽、渡と共に逮捕、ルーキーと白羽が執行猶予付きの有罪判決を受け、また1969年(昭和44年)にはホームグラウンドの千日劇場も閉鎖されるなど、順風満帆だった芸能生活が暗転した。ルーキー新一 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本サムライガール

    大日本サムライガールから見た暴行罪暴行罪

    世間の注目を集め始めた頃、アステッドプロにより仕組まれたバッシングに遭う。これに対抗するためマスコミを引き連れアステッドプロ社長室に乗り込んだことで、暴行、器物破損、道路交通法違反で現行犯逮捕される。少年鑑別所へ移送れるも、違法行為として軽微であり、素行や性格も鑑みて間もなく釈放された。しかしながら、非行の事実があったとして通っていた私立高校を退学処分となる(後に芸能人御用達の高校である桐野学園に編入)。このアステッドプロ襲撃事件を前後して、「ひまりん」という愛称が一般に浸透していった。後に東洋テレビにて自身の名を冠した政治討論番組「ひまりんプロジェクト」の司会を担当し、初回視聴率は20%を超えた。大日本サムライガール フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・モス

    ランディ・モスから見た暴行罪暴行罪

    ウェストバージニア州ベルの高校に進学した彼はアメリカンフットボール以外にバスケットボール、野球、陸上競技などで好成績をあげた。アメリカンフットボールでは1992年、1993年と2年連続で州のチャンピオンとなった。彼はワイドレシーバーとしてだけでなくディフェンシブバック、リターナー、プレースキッカー、パンターも務めた。1994年に彼は州の最優秀選手に選出された。バスケットボールでも後にNBAでスター選手となるジェイソン・チャンドラー・ウィリアムスとチームメートだった彼は1993年、1994年に州の最優秀選手に選ばれた。陸上競技では1992年に100m、200mで州のチャンピオンとなった。野球では中堅手を務めた。1995年3月23日、彼の友人の机に"ALL NIGGERS MUST DIE"(黒人は全て死ななければならない。)と書いた白人学生に暴行を加えて起訴された。同年8月31日、彼は暴行罪により30日間の禁錮となった。3日間の刑期を勤めた後、いったん釈放され残りの27日間は18ヶ月以内に務めることとなった。ランディ・モス フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷男女4人殺傷事件

    熊谷男女4人殺傷事件から見た暴行罪暴行罪

    1998年(平成10年)2月23日、傷害・暴行・恐喝未遂・道路交通法違反で懲役1年6ヶ月(執行猶予5年・保護観察付き)の有罪判決を受ける。熊谷男女4人殺傷事件 フレッシュアイペディアより)

  • 北島邦彦

    北島邦彦から見た暴行罪暴行罪

    2003年、杉並区議会議員選挙に出馬するも落選。2005年8月、山田宏杉並区長が推進する新しい歴史教科書をつくる会の歴史教科書の採択をめぐり、暴行の容疑で現行犯逮捕された(杉並区歴史教科書採択騒動)。北島邦彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小川正洋

    小川正洋から見た暴行罪暴行罪

    1972年(昭和47年)4月27日、「楯の会事件」裁判の第18回最終公判で、同志の小賀正義、古賀浩靖と共に小川に懲役4年の実刑判決が下された。罪名は「監禁致傷、暴力行為等処罰ニ関スル法律違反、傷害、職務強要、嘱託殺人」であった。小川正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 布川事件

    布川事件から見た暴行罪暴行罪

    2011年5月24日、仕切り直しの判決公判が行われ、被告の両名に強盗殺人罪について無罪、別件の窃盗罪や暴行罪について懲役2年・執行猶予3年の判決が言い渡された。なお、別件については猶予期間は既に満了、実質、刑の言渡しの効力を失っている。検察側は「控訴審での新たな立証は困難と判断した」として、強盗殺人罪について6月7日控訴を断念、無罪判決が確定した。再審無罪判決では目撃証言を含む全ての状況証拠について、その能力及び信用性が否定された。本事件で再審無罪までにかかった期間は44年であり、これは戦後に起きた事件の中で最長である。布川事件 フレッシュアイペディアより)

  • 悪逆

    悪逆から見た暴行罪暴行罪

    尊属に対する重大犯罪が悪逆だが、行為と近親の度合いによって、悪逆になるかどうかが決まる。父母と父方の祖父母に対する場合、殺(現代的に言えば殺人罪)、謀殺(殺人の予備罪)、殴(殴る、蹴るなどの暴行罪、その結果としての傷害罪)が悪逆となる。悪逆 フレッシュアイペディアより)

  • 芝田山部屋

    芝田山部屋から見た暴行罪暴行罪

    2008年5月場所にモンゴル出身の大勇武が新十両へ昇進して部屋史上初となる関取が誕生したものの、大勇武は1場所で幕下へ陥落した。2010年5月場所後に大勇武は引退したが、その際に12代芝田山から暴力を受けた上に髷を切って引退を強要されたとして、同年9月6日に12代に対して約7000万円の損害賠償を求める民事訴訟を東京地方裁判所に起こすと共に、警察に暴行罪としての被害届を提出した。12代は同年9月29日に書類送検されたものの、2011年1月に不起訴(起訴猶予)処分となった。大勇武とは2012年12月に東京地方裁判所にて和解が成立している。芝田山部屋 フレッシュアイペディアより)

123件中 41 - 50件表示

「暴行事件」のニューストピックワード