123件中 71 - 80件表示
  • まさし君

    まさし君から見た暴行罪暴行罪

    清掃作業中にエレベーターで移動をする際、重量オーバーの警報が鳴り、搭乗していた人々から降りるよう煽られた腹いせに、エレベーターの隙間からバケツの汚水を注入し、到着階で汚水を浴びせたまさし君 フレッシュアイペディアより)

  • 座布団の舞

    座布団の舞から見た暴行罪暴行罪

    2007年9月場所から、入場者に配付される取組表に、「座布団や物を投げて人に怪我をさせた場合は、暴行罪・傷害罪に該当する場合があります。物は絶対に投げないようお願いいたします」という注意書きが印刷されるようになった。ただ、実際多くの人が投げているため、誰が投げたかがわからず、罪を問うのは難しい。また、出羽海理事を中心に「飛ばせない座布団」の形状が検討され、2008年11月の九州場所から、マス席の座布団は、これまでの1人用の正方形4枚から2人用(縦1メートル25、横50センチ)の座布団2枚に変更し、さらに2枚をひもで結んでつなげた形に変わった。これにより、1人でも座布団に座っていれば座布団を投げられない仕組みになった。初日早々横綱白鵬が敗れる波乱が起こったが、一人でも座っていれば持ち上げられない上に座布団自体も相当な重さになり、全く座布団が飛ばない事態となって新型座布団の効果を立証した。ただし、この「新型座布団」は11月場所以外で当面使用される予定がない。同場所以降、観客の座布団投げを危険行為とみなして厳しく取り締まることになり、重さが2枚計4.8キロとなって投げられた場合の危険性が増したということで、同場所以降は、座布団投げが確認された場合は警察に通報するという非常に厳しい措置がとられた。座布団の舞 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼海訣戰

    蒼海訣戰から見た暴行罪暴行罪

    真清と同じように差別の目に晒されながら生きてきたが、彼自身は真清と違い、秋津人に心許せる間柄の者がいなかった為に、その胸には秋津人への敵意がくすぶっている。常に冷たく人を寄せつけない雰囲気を放っているものの、世話焼きな部分もある。その為、冷徹に言いながらも真清を支える。真清や忠信を含む生徒達の知らない所で、教官である大島(後述)から十数回に及ぶ謂れのない暴行を受けていることも秋津人への不信に拍車をかけていたが、その大島が敵視している筈の自分を命がけで火災から救い出したことなどから、その心境にも変化が生じ始める。水志寮卒業後は航空科少尉に任官した。蒼海訣戰 フレッシュアイペディアより)

  • 壁ドン

    壁ドンから見た暴行罪暴行罪

    恋愛対象にならない相手による壁ドンは、日本の法律において暴行罪に該当する可能性が指摘されている。壁ドン フレッシュアイペディアより)

  • 婦女暴行

    婦女暴行から見た暴行罪暴行罪

    ただの「暴行」だけでは強姦を刑法第208条の「暴行罪」と混同される。婦女暴行 フレッシュアイペディアより)

  • 特別防衛保障

    特別防衛保障から見た暴行罪暴行罪

    この時期には「兵隊」が必要になった際にその都度招集をかけており、組織化されたものではなかったという。1968年11月8日(日大紛争中)、飯島は日本大学藝術学部を占拠する日大全共闘を襲撃した。襲撃を主導したのは、全共闘と敵対していた日大の体育会系学生である。飯島はそれを支援するために「兵隊」を集めて送り出した。当初、襲撃側の約200名は優勢に立っていたが、外部から全共闘が続々と応援に駆け付けた結果、数の上で完全に劣勢となった。乱闘の末、襲撃側のほぼ全員が重傷を負い敗北する結果に終わった。全共闘側は、拘束した襲撃犯62名に凄惨なリンチを加えた。遅れて現場にやってきた飯島自身も、「関東軍の飯島」であることを知られた結果激しい暴行を受け、骨折と全身打撲の重傷を負った。この事件の後、飯島をはじめとする襲撃側のリーダーたちは凶器準備集合罪で逮捕・起訴された(襲撃側には、日大の他に拓殖大学、国士舘大学、東海大学、中央大学などの学生がいた)。一方、全共闘側も飯島らへの暴行罪および傷害罪で逮捕者を出した。特別防衛保障 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力行為等処罰ニ関スル法律

    暴力行為等処罰ニ関スル法律から見た暴行罪暴行罪

    第1条 団体若は多衆の威力を示し、団体若は多衆を仮装して威力を示し又は兇器を示し若は数人共同して刑法(明治40年法律第45号)第208条(暴行罪)、第222条(脅迫罪)又は第261条(器物損壊罪)の罪を犯したる者は3年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処す暴力行為等処罰ニ関スル法律 フレッシュアイペディアより)

  • 逆走事故

    逆走事故から見た暴行罪暴行罪

    9月9日:関西電力の男性社員が、兵庫県南あわじ市内の神戸淡路鳴門自動車道下り車線を、会社のワゴン車で逆走し、観光バスと接触事故を起こした。兵庫県警は同日、ワゴン車を運転していた当該社員を、道交法違反(事故不申告)および暴行の両容疑で書類送検した。暴行容疑については、男がバスの乗客らを危険にさらしたと判断し(事故の際、バスは回避のため急ハンドルを切った)、適用した。当該社員は当時勤務中で、降りる予定だったインターチェンジ出口を通過したことに次のインターチェンジの約2キロ先で気づき、Uターンして逆走。目的のインターチェンジまで戻り、もう一度Uターンして高速から出たという。「会社に余分な経費を使ったと思われたくなかった」と容疑を認めている。逆走事故 フレッシュアイペディアより)

  • 決闘罪ニ関スル件

    決闘罪ニ関スル件から見た暴行罪暴行罪

    これにより、例えば暴行罪や傷害罪での立件が困難であるような事件を摘発又は解決する道を開く法として、その価値を見出されることとなった。検察庁の統計によると、同庁の決闘罪の受理人員数は2005年には34名を数えている。適用の多寡が各都道府県警察により異なること、また珍しい罪名であり適用される事例も少数であることから、この法律を適用して立件されたというだけでマスコミが取り上げることもある。決闘罪ニ関スル件 フレッシュアイペディアより)

  • 三島事件

    三島事件から見た暴行罪暴行罪

    小賀正義、小川正洋、古賀浩靖の3名は、嘱託殺人、不法監禁、傷害、暴力行為、建造物侵入、銃刀法違反の6つの容疑で、11月27日に送検され、その後12月17日に、嘱託殺人、傷害、監禁致傷、暴力行為、職務強要の5つの罪で起訴された。三島事件 フレッシュアイペディアより)

123件中 71 - 80件表示

「暴行事件」のニューストピックワード