前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示
  • 暴行罪

    暴行罪から見た西田典之

    西田典之 『刑法各論(法律学講座双書)第四版 』 (弘文堂 2007年)暴行罪 フレッシュアイペディアより)

  • 暴行罪

    暴行罪から見た公務執行妨害罪

    暴行罪の「暴行」の概念は前述の通りであるが、これは「狭義の暴行」と言われる。暴行の程度は4段階あり、「最広義の暴行」は騒乱罪などの、人や物に向けられた暴行を、「広義の暴行」は公務執行妨害罪などの、人に向けられた間接的な暴行(人の身体に向けられることを要しない)を、「最狭義の暴行」は強盗罪などの、人の反抗を抑圧するに足りる程度の暴行をそれぞれ意味する。暴行罪 フレッシュアイペディアより)

  • 暴行罪

    暴行罪から見た暴力

    暴行罪の「暴行」とは、人の身体に向けた有形力の行使を言う。有形力とは物理的な力のことで、典型的には殴る、蹴るなど(暴力)がこれに当たり、その範囲はかなり広い。判例によって暴行とされたものとして、毛髪を根元から切る(大判明治45年6月20日刑録18輯896頁)、着衣を引っ張る、お清めと称して食塩をふりかける(福岡高判昭和46年10月11日刑月3巻10号1311頁)、人に対して農薬を散布する(東京高判昭和34年9月30日東高刑時報10巻9号372頁)、室内で日本刀を振り回すなどがある。暴行罪 フレッシュアイペディアより)

  • 暴行罪

    暴行罪から見た傷害

    暴行罪(ぼうこうざい)は、刑法208条に規定されている罪。刑法第27章「傷害の罪」の中に規定が置かれ、広義の傷害罪の一種である。暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときに暴行罪となる。暴行罪 フレッシュアイペディアより)

  • 暴行罪

    暴行罪から見た決闘罪ニ関スル件

    特別法による加重類型として、暴力行為等処罰ニ関スル法律の集団的暴行罪(1条)・常習的暴行罪(1条の3)・集団的暴行請託罪(3条)、決闘罪ニ関スル件の決闘罪、火炎びんの使用等の処罰に関する法律の火炎びん使用罪などがあり、単なる暴行罪よりも重く処罰される。暴行罪 フレッシュアイペディアより)

  • 暴行罪

    暴行罪から見た自転車

    同様に、自動車による自転車や歩行者への幅寄せも、加害意図の有無に関係なく、暴行罪が成立する。ちなみに、側方等間隔不保持の規定により、自動車を用いた運転で、歩行者や自転車に対して側方間隔を1.5メートル以上取らない追い抜きは、危険運転と見なされる。暴行罪 フレッシュアイペディアより)

  • 暴行罪

    暴行罪から見た強姦

    マスメディアでは強姦を指して、「暴行」と言い換えることが多い。詳細は強姦を参照。暴行罪 フレッシュアイペディアより)

  • 暴行罪

    暴行罪から見たスポーツ

    正当業務行為(刑法35条)に当たるときには違法性が阻却されるので犯罪にはならない。暴行が正当業務行為になりうる典型例としてスポーツがある。暴行罪 フレッシュアイペディアより)

  • 暴行罪

    暴行罪から見た催眠術

    催眠術をかける行為については、前述の生理的機能を害する程度の危険のある行為を必要とする学説からは、それは心理的作用に過ぎないため暴行とはいえないとされる。暴行罪 フレッシュアイペディアより)

  • 暴行罪

    暴行罪から見た唾液

    しかし、つばを吐きかけるなどのように、傷害の危険が全くない有形力の行使までを暴行として捉えてよいのかどうかについては争いがあり、暴行というためには身体の生理的機能を害する程度の危険のある行為である必要があるとする学説もある。暴行罪 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示

「暴行事件」のニューストピックワード