曽ケ端準 ニュース&Wiki etc.

曽ヶ端 準(そがはた ひとし、1979年8月2日 - )は茨城県鹿嶋市出身のプロサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。鹿島アントラーズ所属。元日本代表。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「曽ヶ端準」のつながり調べ

  • 1979年

    1979年から見た曽ヶ端準

    8月2日 - 曽ヶ端準、サッカー選手(1979年 フレッシュアイペディアより)

  • 南雄太

    南雄太から見た曽ヶ端準

    1998年、柏レイソルに加入。すぐさま土肥洋一から定位置を奪うと、同年からはシドニー五輪を目指すU-21代表にも継続的に選出された。1999年にはU-20代表の一員としてナイジェリアで行なわれたワールドユースに2大会連続で出場。日本が初めてFIFA主催の国際大会で決勝まで勝ち進むキーマンとして活躍した。しかしながら、以後はキックの精度や集中力に欠ける部分を指摘されることも多くなり、シドニー五輪一次予選を最後に曽ヶ端準に正GKの座を奪われ、U-22代表からも遠ざかってしまった。(南雄太 フレッシュアイペディアより)

「曽ケ端準」のニューストピックワード