曽ケ端準 ニュース&Wiki etc.

曽ヶ端 準(そがはた ひとし、1979年8月2日 - )は、茨城県鹿嶋市出身のプロサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。鹿島アントラーズ所属。元日本代表。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「曽ヶ端準」のつながり調べ

  • 下田崇

    下田崇から見た曽ヶ端準

    2004年から3年間、広島の選手会長を勤めた。2005年4月2日対名古屋グランパスエイト戦にてJ1リーグ戦通算200試合出場達成。同年10月15日対FC東京戦にて味方DFの小村徳男と接触し右膝後十字靱帯断裂、同年のシーズンを棒にふった。翌2006年2月、土肥洋一・曽ヶ端準の2人がケガで代表離脱したため約3年半振りに代表招集の声がかかった。(下田崇 フレッシュアイペディアより)

  • 森岡隆三

    森岡隆三から見た曽ヶ端準

    2002 FIFAワールドカップではアゴカルテット(森岡、秋田豊、楢崎正剛、曽ヶ端準の4人)として「六月の勝利の歌を忘れない」を盛り上げた。(森岡隆三 フレッシュアイペディアより)

「曽ケ端準」のニューストピックワード