前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示
  • 鹿島アントラーズ

    鹿島アントラーズから見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    セレーゾ体制3年目。リーグ戦は絶好調の磐田を止められず3連覇を逃したが、ナビスコカップは決勝で浦和を下し優勝。なお、2002 FIFAワールドカップで日本代表に秋田豊、鈴木隆行、柳沢敦、中田浩二、小笠原満男、曽ヶ端準の6人(クラブ別では最多)が選出された。鈴木は初戦のベルギー戦でゴールを決め、鹿島所属として初のW杯得点者となった。大会終了後にはジーコが日本代表監督に就任し、テクニカルディレクターを辞任した。また、鈴木はベルギーのKRCヘンクへ移籍した。鹿島アントラーズ フレッシュアイペディアより)

  • 林卓人

    林卓人から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    一方で林はプロ入り以来、各年代の日本代表に選ばれた。2003年カタール国際親善トーナメントでU-22日本代表に、アテネオリンピック最終予選では全6試合に出場し、日本チームをオリンピック出場へと導いた。しかし2004年アテネ五輪本大会においては、正GKにオーバーエイジ枠として曽ヶ端準が抜擢され、さらに腰痛のため控えの座も黒河貴矢に奪われて選外(補欠)となりベンチ外となった。林卓人 フレッシュアイペディアより)

  • 曽ケ端準

    曽ケ端準から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    曽ケ端準 フレッシュアイペディアより)

  • 小澤英明

    小澤英明から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    2004年に7年ぶりに鹿島に復帰。曽ヶ端準の前に出場機会は少なかったが、2006年シーズンは曽ヶ端の負傷を受けてリーグ戦12試合に出場し、ナビスコカップ準々決勝G大阪戦ではビッグセーブでゴールを死守した。曽ヶ端の復帰後は再び控えに回ったが、いつ出番が来ても良いように日々備え、ベンチ入りを続けた。2009年10月17日に行われたJ1第29節磐田戦で立石智紀の記録を抜くベンチ登録252試合の最多記録を樹立した。鹿島からは契約延長を打診されていたものの、これを固辞し同年限りで退団。小澤英明 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年のJリーグカップ

    2001年のJリーグカップから見た曽ケ端準曽ヶ端準

    ニューヒーロー賞 曽ケ端準(鹿島アントラーズ)2001年のJリーグカップ フレッシュアイペディアより)

  • 山口武士

    山口武士から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    高校在学時はユース代表に選ばれるなどチームの中心選手として活躍。高校卒業後、鹿島アントラーズとプロ契約を結ぶ。同期には小笠原満男、本山雅志、中田浩二、曽ヶ端準、中村祥朗といったユース代表の常連だった選手たちがいる。怪我が多く、2000年にレンタル移籍した大分トリニータ時代も含めJリーグでの出場はなかった。2002年にJFLのソニー仙台へ移籍。山口武士 フレッシュアイペディアより)

  • 黒河貴矢

    黒河貴矢から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    チームでは徐々に出場時間を延ばし、2003年はリーグ戦24試合に出場した。2004年はアテネオリンピック日本代表に選出されたものの、曽ヶ端準がオーバーエイジ枠で参加したこともあり出場機会を掴めず、チームでも新たに加入した西部洋平にレギュラーを奪われ、2006年は東京ヴェルディに期限付き移籍。9月に東京Vとの契約を解除してジェフユナイテッド千葉に期限付き移籍したが、両クラブとも出場機会に恵まれず、シーズン終了後に清水から戦力外通告を受けた。黒河貴矢 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山哲

    杉山哲から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    2004年、鹿島アントラーズに入団。長きにわたり第3GKであったが、小澤英明が退団して背番号1を継承した2010年シーズン以降は第2GK争いで広島からレンタル加入した佐藤昭大等を一歩リードしていた。しかし、曽ヶ端準の牙城は高く試合出場は叶わなかった。2011年12月4日、契約満了に伴い、次シーズンの契約を更新しないことが発表された。杉山哲 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のJリーグチャンピオンシップ

    2016年のJリーグチャンピオンシップから見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    この試合、10年振りのリーグタイトルを狙う浦和は森脇良太・遠藤航・槙野智章の3バックがビルドアップに参加するリーグ戦での攻撃スタイルを採用せず、敢えて「相手の嫌がることをやろう」(森脇談)と守備重視で勝負にこだわる姿勢を見せる。このためか、両チームとも積極的に先取点を奪いに行くもののなかなか最終局面に持ち込めず、前半で決定機と呼べそうな場面は44分にFW興梠慎三が落としたボールからの攻撃でMF武藤雄樹が右足を振り抜き、これを鹿島GK曽ヶ端準が左手1本で弾き出した程度で、前半のシュートは浦和2本、鹿島0本にとどまった。2016年のJリーグチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • 加藤慎也

    加藤慎也から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    小学6年生から鹿島アントラーズで育ち、1999年にトップチームに昇格。同じポジションには曽ヶ端準、高桑大二朗がおり、出場機会は回ってこなかった。2002年7月よりジェフユナイテッド市原、10月より横浜F・マリノスに期限付き移籍。鹿島に復帰した2003年はヘルニアで腰を痛め、同年限りで戦力外となった。加藤慎也 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示

「曽ケ端準」のニューストピックワード