前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • 鹿島アントラーズ

    鹿島アントラーズから見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    リーグ戦は絶好調の磐田を止められず3連覇を逃したが、ナビスコカップは決勝で初タイトルを狙った浦和レッドダイヤモンズを1-0で下し優勝。なお、2002 FIFAワールドカップで日本代表に秋田豊、鈴木隆行、柳沢敦、中田浩二、小笠原満男、曽ヶ端準の6人(クラブ別では最多)が選出された。鈴木は初戦のベルギー戦でゴールを決め、鹿島所属として初のW杯得点者となった。大会終了後にはジーコが日本代表監督に就任し、テクニカルディレクターを辞任した。また、鈴木はベルギーのKRCヘンクへ移籍した。鹿島アントラーズ フレッシュアイペディアより)

  • 曽ケ端準

    曽ケ端準から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    曽ケ端準 フレッシュアイペディアより)

  • 山口武士

    山口武士から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    高校在学時はユース代表に選ばれるなどチームの中心選手として活躍。高校卒業後、鹿島アントラーズとプロ契約を結ぶ。同期には小笠原満男、本山雅志、中田浩二、曽ヶ端準、中村祥朗といったユース代表の常連だった選手たちがいる。怪我が多く、2000年にレンタル移籍した大分トリニータ時代も含めJリーグでの出場はなかった。2002年にJFLのソニー仙台へ移籍。2005年には地元熊本のロッソ熊本へ移籍。山口武士 フレッシュアイペディアより)

  • 小澤英明

    小澤英明から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    その後横浜マリノス(現横浜F・マリノス)、セレッソ大阪、FC東京を経て2004年に鹿島に復帰。各クラブではその正GKの前に出場機会に恵まれず、7年ぶりの復帰となった鹿島でも曽ヶ端準の前に出場機会は少なかったが、2006年、曽ヶ端の負傷を受け初めてレギュラーに定着。この年はリーグ戦12試合に出場し、ナビスコカップ準々決勝ガンバ大阪戦ではビッグセーブでゴールを死守した。曽ヶ端の復帰後は再び控えに回ったが、2009年10月17日に行われたJ1第29節ジュビロ磐田戦でのベンチ入りをもって立石智紀の記録を抜くベンチ登録252試合の最多記録を樹立した。小澤英明 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原寿徳

    藤原寿徳から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    1995年、鹿島アントラーズのGKコーチに就任。ユースのGKコーチも兼任して、後にワールドカップ日本代表にも選出された曽ヶ端準などのプロ選手を輩出した。1998年からは日本サッカー協会のGK育成プロジェクトコーチとして若年層の指導にも当たっている。藤原寿徳 フレッシュアイペディアより)

  • 中村祥朗

    中村祥朗から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    奈良育英高校卒業後、1998年に鹿島アントラーズに加入。同期は小笠原満男、中田浩二、本山雅志、曽ヶ端準、山口武士で「鹿島のV6」と呼ばれた。中村祥朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森岡隆三

    森岡隆三から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    2002年日韓W杯ではアゴカルテット(森岡隆三、秋田豊、楢崎正剛、曽ヶ端準の4人)として「六月の勝利の歌を忘れない」を盛り上げた。森岡隆三 フレッシュアイペディアより)

  • 茨城県立鹿島高等学校

    茨城県立鹿島高等学校から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    曽ヶ端準 - 鹿島アントラーズ所属、2002 FIFAワールドカップ出場茨城県立鹿島高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山哲

    杉山哲から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    2004年、鹿島アントラーズに入団。長きにわたり第3GKであったが、小澤英明が退団して背番号1を継承した2010年シーズン以降は第2GK争いで広島からレンタル加入してきた佐藤昭大を一歩リードしていた。しかし、曽ヶ端準の牙城は高く試合出場はかなわなかった。2011年12月4日、契約満了に伴い次シーズンの契約を更新しないことが発表された。杉山哲 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原満男

    小笠原満男から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    1998年、高校卒業後に鹿島アントラーズに入団。同期は本山雅志、中田浩二、曽ヶ端準、山口武士、中村祥朗。4月15日の対ガンバ大阪戦でJリーグデビュー。小笠原満男 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「曽ケ端準」のニューストピックワード