32件中 11 - 20件表示
  • 藤原寿徳

    藤原寿徳から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    1995年、鹿島アントラーズのGKコーチに就任。ユースのGKコーチも兼任して、後にワールドカップ日本代表にも選出された曽ヶ端準などのプロ選手を輩出した。1998年からは日本サッカー協会のGK育成プロジェクトコーチとして若年層の指導にも当たっている。藤原寿徳 フレッシュアイペディアより)

  • 榎本達也

    榎本達也から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    浦和学院高等学校卒業後の1997年、横浜マリノスに入団。1998年、U-19日本代表において櫛野亮、曽ヶ端準との定位置争いを制しAFCユース選手権で準優勝。翌年開催のワールドユース出場権を勝ち取ったが、U-20日本代表正GKには南雄太が据えられたため、出場機会を得られずに終わった。榎本達也 フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ2016・決勝

    FIFAクラブワールドカップ2016・決勝から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    試合開始直後から鹿島は激しいプレッシングで主導権を握り、5分過ぎにはマドリーにポゼッションを奪われても高い位置での守備でマドリーになかなか決定的場面を作らせない。しかし前半9分、右サイドからマドリーFWルーカス・バスケスが上げたクロスを一度は鹿島がクリアするが、セカンドボールを拾ったマドリーMFルカ・モドリッチがミドルシュート。鹿島GK曽ヶ端準がはじき返すが、これをFWカリム・ベンゼマが押し込んでマドリーが先制する。鹿島はここから、主にマドリーの右サイドを突いて攻め込む場面を作り出し、前半終了直前の44分、鹿島が自陣からのロングフィードからの攻撃をクリアされたセカンドボールをMF永木亮太が拾い、左サイドのFW土居聖真に預ける。ここから土居はフェイントを挟んでエリア内のMF柴崎岳にクロスを入れると、柴崎はDFラファエル・ヴァランを交わして左足でグラウンダーのシュート。これが右サイドネットに吸い込まれ鹿島が同点に追いついて前半を終える。FIFAクラブワールドカップ2016・決勝 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のJ1リーグ

    2016年のJ1リーグから見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    1stステージで主役の座に躍り出たのは川崎であった。風間八宏監督の戦術が守備面にもようやく浸透して2年連続得点王のFW大久保嘉人を中心とした攻撃と上手く融合、メンタル面の波が減少したことで勝ち点を積み重ね、第3節で首位に躍り出ると、一時は浦和とのマッチレースの様相を見せる。第8節の浦和との直接対決には敗れる(これが1stステージ唯一の敗戦であった)ものの、浦和が第12節から5戦未勝利(2分3敗)で首位戦線から後退、第16節の結果次第では川崎が悲願の初タイトルを手にできる状況となった。迎えた第16節、川崎はアウェーで最下位福岡と痛恨のドローで首位から脱落、替わってアウェーで神戸に勝利し5連勝(8戦負け無し=6勝2分)となった鹿島が首位に躍り出る。昨シーズン途中から監督に就任した石井正忠の下で前線からの積極的な守備が浸透し、センターバックの植田直通と昌子源、GK曽ヶ端準を中心とした守備陣が安定した鹿島は最終節、川崎と引き分けた福岡とホームで対戦、2-0で危なげなく下し、鹿島が7年ぶりにリーグタイトルを獲得した。川崎は最終節ホームで大宮を下すも、一歩及ばなかった。2016年のJ1リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    1998年、Jリーグの鹿島アントラーズに入団(同期は小笠原満男、本山雅志、曽ヶ端準、山口武士、中村祥朗)。同い年の小笠原、本山とともに中盤を担い、チームの多くのタイトル獲得に貢献した。鹿島ではリーグ優勝2回、天皇杯優勝1回、ナビスコカップ優勝1回を経験している。2003年8月の大分トリニータ戦で左ひざ靭帯断裂の大ケガを負い、長期戦線離脱を余儀なくされた。2004年5月、柏レイソル戦で259日ぶりの試合復帰を果たした。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 本山雅志

    本山雅志から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    1998年に鹿島に入団(同期は小笠原満男、中田浩二、曽ヶ端準、山口武士、中村祥朗)。その年の天皇杯で4試合に出場し、3得点を挙げた。同年のAFCユース選手権ではチームの準優勝に貢献するとともに、自身も高原と並び大会得点王を獲得した。続く1999年には、ナイジェリアで開催されたU-20世界選手権(ワールドユース)の日本代表の一員として準優勝に貢献し、小野伸二と共にベストイレブンに選ばれた。本山雅志 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥洋一

    土肥洋一から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    その後は、日本代表との並行によるコンディション調整に苦心しながらも、シュートへの鋭い反応と正確なキャッチング、守備陣を動かすコーチングを武器に正GKとして出場を続け、2006年第33節対浦和戦の不出場に至るまで、2000年開幕戦から延べ216試合連続フルタイム出場というJリーグ新記録を打ち立てた(この記録は2014年に鹿島の曽ヶ端準が更新。)。2007年は塩田仁史にレギュラーを奪われるようになり、同年末に退団。試合での好守だけでなく、主将を任され精神的にもチームを牽引する存在だった。土肥洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤昭大

    佐藤昭大から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    2010年、小澤英明の退団に伴い第2GKを探していた鹿島アントラーズに期限付き移籍。不動の正GK曽ヶ端準の前に出場機会はなかったが、2011年に完全移籍した。2012年からは杉山哲の退団に伴い背番号1を継承した。2012年4月18日、Jリーグヤマザキナビスコカップのコンサドーレ札幌戦で移籍後初出場。曽ヶ端とレギュラーを争い、2試合に出場した。佐藤昭大 フレッシュアイペディアより)

  • 中村祥朗

    中村祥朗から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    奈良育英高校卒業後、1998年に鹿島アントラーズに加入。同期は小笠原満男、中田浩二、本山雅志、曽ヶ端準、山口武士で「鹿島のV6」と呼ばれた。中村祥朗 フレッシュアイペディアより)

  • 8月2日

    8月2日から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    1979年 - 曽ヶ端準、サッカー選手8月2日 フレッシュアイペディアより)

32件中 11 - 20件表示

「曽ケ端準」のニューストピックワード