27件中 11 - 20件表示
  • 佐藤昭大

    佐藤昭大から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    2010年、小澤英明の退団に伴い第2GKを探していた鹿島アントラーズに期限付き移籍。不動の正GK曽ヶ端準の前に出場機会はなかったが、2011年に完全移籍した。2012年からは杉山哲の退団に伴い背番号1を継承した。佐藤昭大 フレッシュアイペディアより)

  • 南雄太

    南雄太から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    1998年、柏レイソルに加入。すぐさま土肥洋一から定位置を奪うと、同年からはシドニー五輪を目指すU-21代表にも継続的に選出された。1999年にはU-20代表の一員としてナイジェリアで行なわれたワールドユースに2大会連続で出場。日本が初めてFIFA主催の国際大会で決勝まで勝ち進むキーマンとして活躍した。しかしながら、以後はキックの精度や集中力に欠ける部分を指摘されることも多くなり、シドニー五輪一次予選を最後に曽ヶ端準に正GKの座を奪われ、U-22代表からも遠ざかってしまった。南雄太 フレッシュアイペディアより)

  • 家本政明

    家本政明から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    前半12分に鹿島DF岩政大樹が相手GKの持つボールに左ひざを出し、2枚目のイエローカードで退場。その後、広島MF李漢宰も前半38分に退場になる。鹿島が2点リードした後半33分に、広島FW久保竜彦が鹿島MF中後雅喜と競り合って倒れた際、鹿島DF青木剛のファウルと判定してPK。広島が同点に追いついて行われたPK戦では、副審の武田進が「キッカーが蹴るより先に前に動いた」と判定したのを受けて、鹿島GK曽ヶ端準の3度のPKセーブのうち2度をやり直させた。広島の勝利に終わった試合後に家本に詰め寄って猛抗議した曽ヶ端と中後にイエローカード、手を叩く仕草をしたとされた大岩剛にレッドカードを出した。結局、両チーム合計でイエローカード11枚、レッドカード3枚が提示されたこの試合の判定は、その年最初のJリーグ公式戦であり、注目度の高いスーパーカップでのものだったこともあり、マスメディアでも家本の名前と共に大きく取り上げられた。家本政明 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田寿光

    吉田寿光から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    2度目は後半36分(81分)、FC東京ルーカス・セベリーノのパスをクリアした鹿島新井場のボールをGK曽ヶ端がキャッチし、完全に意図的ではなかったものの、吉田はバックパスと判定し、明らかな前半のバックパス判定の「帳尻判定」と揶揄され物議を醸した。スカパーで中継の解説を務めていた野々村芳和からも「吉田さんも後悔すると思いますけどね。後で見直したときに。もうこれ反射的にさっきの反対側(前半)で吹いたのと合わせて吹いちゃった。明らかにこれは狙ったバックパスじゃないですから・・・」と苦言を呈されていた。これによって得たFKの跳ね返りを、FC東京の田邉草民がゴールして1-1の同点になったものの、後半ロスタイムに鹿島アントラーズの遠藤康がゴールを決め、試合は2-1で鹿島アントラーズが勝利した。吉田寿光 フレッシュアイペディアより)

  • 本山雅志

    本山雅志から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    1998年に鹿島に入団(同期は小笠原満男、中田浩二、曽ヶ端準、山口武士、中村祥朗)。その年の天皇杯で4試合に出場し、3得点を挙げた。続く1999年には、ナイジェリアで開催されたU-20世界選手権(ワールドユース)の日本代表の一員として準優勝に貢献し、小野伸二と共にベストイレブンに選ばれた。本山雅志 フレッシュアイペディアより)

  • 黒河貴矢

    黒河貴矢から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    チームでは徐々に出場時間を延ばし、2003年はリーグ戦24試合に出場した。2004年はアテネオリンピック日本代表に選出されたものの、曽ヶ端準がオーバーエイジ枠で参加したこともあり出場機会を掴めず、チームでも新たに加入した西部洋平にレギュラーを奪われ、2006年は東京ヴェルディに期限付き移籍。9月に東京Vとの契約を解除してジェフユナイテッド千葉に期限付き移籍したが、両クラブとも出場機会に恵まれず、シーズン終了後に清水から戦力外通告を受けた。黒河貴矢 フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    1998年、Jリーグの鹿島アントラーズに入団(同期は小笠原満男、本山雅志、曽ヶ端準、山口武士、中村祥朗)。同い年の小笠原満男、本山雅志とともに中盤を担い、MFとしてチームに多くの栄冠をもたらした。鹿島ではリーグ優勝2回、天皇杯優勝1回、ナビスコカップ優勝1回を経験している。2003年8月の大分トリニータ戦で左ひざ靭帯断裂の大ケガを負い、長期戦線離脱を余儀なくされた。2004年5月、柏レイソル戦で259日ぶりの試合復帰を果たした。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 1979年

    1979年から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    8月2日 - 曽ヶ端準、サッカー選手1979年 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年のJリーグカップ

    2001年のJリーグカップから見た曽ケ端準曽ヶ端準

    ニューヒーロー賞 曽ケ端準(鹿島アントラーズ)2001年のJリーグカップ フレッシュアイペディアより)

  • 8月2日

    8月2日から見た曽ヶ端準曽ヶ端準

    1979年 - 曽ヶ端準、サッカー選手8月2日 フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「曽ケ端準」のニューストピックワード