37件中 21 - 30件表示
  • 曽ヶ端準

    曽ヶ端準から見た浦和レッドダイヤモンズ

    2012年3月20日のナビスコカップ・神戸戦でクラブ公式戦通算最多出場(473試合)、8月18日のリーグ・浦和戦でリーグ戦クラブ最多出場(360試合)、同月25日のリーグ・新潟戦でクラブ公式戦通算500試合をそれぞれ達成した。曽ヶ端準 フレッシュアイペディアより)

  • 曽ヶ端準

    曽ヶ端準から見た茨城県立鹿島高等学校

    1995年 - 1997年 鹿島アントラーズユース (鹿島高校)曽ヶ端準 フレッシュアイペディアより)

  • 曽ヶ端準

    曽ヶ端準から見たサッカーイタリア代表

    国際Aマッチデビュー - 2001年11月7日 イタリア曽ヶ端準 フレッシュアイペディアより)

  • 曽ヶ端準

    曽ヶ端準から見た天皇杯全日本サッカー選手権大会

    天皇杯:3回(2000, 2007, 2010)曽ヶ端準 フレッシュアイペディアより)

  • 曽ヶ端準

    曽ヶ端準から見たサッカースロバキア代表

    国際Aマッチ初完封試合 - 2002年4月29日 スロバキア曽ヶ端準 フレッシュアイペディアより)

  • 曽ヶ端準

    曽ヶ端準から見たゴールキーパー (サッカー)

    曽ヶ端 準(そがはた ひとし、1979年8月2日 - )は茨城県鹿嶋市出身のプロサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。鹿島アントラーズ所属。元日本代表。曽ヶ端準 フレッシュアイペディアより)

  • 曽ヶ端準

    曽ヶ端準から見た2002 FIFAワールドカップ

    2000年からフィリップ・トルシエ監督が率いるA代表としてプレー。国際Aマッチデビュー戦となったイタリア戦では楢崎正剛と川口能活の怪我により出番が回ってきた格好となったが、落ち着いたプレーを披露し高い評価を得た。2002年日韓W杯のメンバーとして選ばれるも控えに終わった。アテネオリンピックでは山本昌邦五輪監督から小野伸二と共にオーバーエイジ枠で招集されたが、直前の強化試合で致命的なミスから失点すると本大会でも安定感を見せられず3試合で7失点を喫した。曽ヶ端準 フレッシュアイペディアより)

  • 曽ヶ端準

    曽ヶ端準から見たアテネオリンピック (2004年)

    2000年からフィリップ・トルシエ監督が率いるA代表としてプレー。国際Aマッチデビュー戦となったイタリア戦では楢崎正剛と川口能活の怪我により出番が回ってきた格好となったが、落ち着いたプレーを披露し高い評価を得た。2002年日韓W杯のメンバーとして選ばれるも控えに終わった。アテネオリンピックでは山本昌邦五輪監督から小野伸二と共にオーバーエイジ枠で招集されたが、直前の強化試合で致命的なミスから失点すると本大会でも安定感を見せられず3試合で7失点を喫した。曽ヶ端準 フレッシュアイペディアより)

  • 曽ヶ端準

    曽ヶ端準から見たタイ王国

    ユース代表として、FIFAワールドユースU-17選手権(1995年)とアジアユースU-19選手権(1998年、タイ)に参加。曽ヶ端準 フレッシュアイペディアより)

  • 曽ヶ端準

    曽ヶ端準から見た日本プロサッカーリーグ

    Jリーグ:6回(1998, 2000, 2001, 2007, 2008, 2009)曽ヶ端準 フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示

「曽ケ端準」のニューストピックワード