最低賃金 ニュース&Wiki etc.

最低賃金(さいていちんぎん, Minimum wage)とは、最低限支払わなければならない賃金の下限額のこと。最賃(さいちん)と略される。 (出典:Wikipedia)

「最低賃金」Q&A

  • Q&A

    転職先が1年経っても決まらない。27歳社会人歴5年目の営業です。1年間転職活動を続け…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年2月20日 11:35

  • Q&A

    私の妹が、去年の11月からバイトを始めたのですが、気づいたら最低賃金以下だったんです…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年2月19日 23:06

  • Q&A

    自分は軽度の知的障害で現在高等支援学校に通っているんですが、小さい時から料理が好きで…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2017年2月19日 22:12

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「最低賃金」のつながり調べ

  • 北マリアナ諸島

    北マリアナ諸島から見た最低賃金

    また、かつては繊維業が盛んであった。北マリアナ諸島では、コモンウェルス盟約の規定により、独自の労働法や出入国管理制度が認められていたため、最低賃金を合衆国政府が定める基準よりも低く設定し、そして、入国審査も緩くすることで中国人の出稼ぎ労働者を受け入れ、彼らが働く繊維工場が域内各地に出来た。北マリアナ諸島は米国領であるため、「Made in USA」の表示が許され、安価な北マリアナ製衣服が市場を席巻した。しかし、労働者に対する不当な搾取が問題化したため、合衆国政府は北マリアナ諸島政府からこれらの権限を剥奪し、合衆国政府の管理下に置くこととなった。そのため、これらの繊維工場は次々と閉鎖されることになった。(北マリアナ諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ファシスト党

    ファシスト党から見た最低賃金

    戦闘者ファッシは、当初は、王政の廃止、戦時利得の85パーセント没収、労働者の経営権への参加、最低賃金制、大土地所有者の土地の農民への分与などサンディカリスム的な綱領を掲げていた。そうしたなかで、1919年11月の総選挙ではイタリア社会党が全体の3割にあたる180万票を獲得して154議席を確保したのに対し、戦闘者ファッシの獲得票は5,000票たらずであり、1人の当選者も出なかった。(ファシスト党 フレッシュアイペディアより)

「最低賃金」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「最低賃金」のニューストピックワード