前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
141件中 1 - 10件表示
  • バーニー・サンダース

    バーニー・サンダースから見た最低賃金最低賃金

    7月25日に開かれた民主党全国大会初日に、自身の主張である最低賃金引き上げや大学授業料無料化が政策綱領に盛り込まれたことから、クリントンに対する応援演説を行い、クリントンを全会一致で指名する動議を投票手続きの途中で提案した。最終的にサンダースの獲得した得票率は43.1%に達し、23州でヒラリーに勝利した。代議員票については特別代議員で殆ど得票できなかった為、総数で下回ったものの一般代議員票ではヒラリーを上回っている。予備選終了後、サンダースは民主党を離党して無所属に戻った。バーニー・サンダース フレッシュアイペディアより)

  • フェア・ディール

    フェア・ディールから見た最低賃金最低賃金

    適用範囲の拡大と、最低賃金の大幅な増加。フェア・ディール フレッシュアイペディアより)

  • 正社員

    正社員から見た最低賃金最低賃金

    一般的にイメージされる正社員とは異なり、賃金については低賃金であり、定期昇給制度や賞与(ボーナス)の両方かいずれかがなく、退職金制度が無い場合もある。制度の適用基準を満たすにも関わらず企業が届出を行わず雇用保険、健康保険、厚生年金といった法定福利にも加入していないケースもある。正社員は月給制が一般的ではあるが、時給制(時給月給制)、日給制(日給月給制)、年俸制のいずれかの場合もある。雇用契約書を見る限りでの賃金は最低賃金水準以上であるが、サービス残業や奉仕活動などへの無償参加等を合わせると時給換算で最低賃金以下となるケースもある正社員 フレッシュアイペディアより)

  • ファシズム

    ファシズムから見た最低賃金最低賃金

    1919年にファシストは、ファシスト・マニフェストを作成した。このマニフェストは国家サンディカリストのと、未来派運動のマリネッティによって書かれ、1919年6月6日にファシストの新聞である Il Popolo d'Italia に掲載された。このマニフェストは政治体制として、男性と女性の両方の参政権を持つ普通選挙や、地域をベースとした比例代表制の選挙制度や、コーポラティストの考えである労働者や工業、交通、公衆衛生、通信などの職業別の領域ごとに選挙されて彼らを代表する法的権限を持った職業人や商人から選出された専門家による「国家評議会」の制度の創設や、イタリア上院(貴族院)の廃止などを主張した。また経済社会政策として、全労働者の8時間労働制限、最低賃金、産業管理における労働者代表、産業別や公共部門の労働組合の平等な信任、交通部門の再編、無効な保険に関する法案の修正、退職年齢の65歳から55歳への引き下げ、資本に対する強力な累進課税、宗教的施設の資産没収や主教の廃止、軍需契約の利益率の抑制などを主張した。軍事政策として、防衛業務に従事する短期の国家的な民兵の創設、軍需産業の国営化、平和的だが競争的に設計された外交政策などを主張した。ファシズム フレッシュアイペディアより)

  • ワーキングプア

    ワーキングプアから見た最低賃金最低賃金

    2000年には労働者の74.0%が正規雇用であったが、2010年には65.6%にまで減少している。非正社員の増加は、企業収益に関わらず、コスト削減等の競争力を維持したい企業は非正社員でまかなえる業務は非正社員でまかなおうとする傾向があるため、構造的なものと言える。例えば、コンビニエンスストアにみられるように企業間のサービス競争の中で24時間体制(の深夜労働または年中無休)での労働になり、なおかつ最低賃金(+深夜の割増賃金)でしか雇用しないなど過酷な勤務も増えた。ワーキングプア フレッシュアイペディアより)

  • 日本共産党

    日本共産党から見た最低賃金最低賃金

    時給1000円以上を目標に、最低賃金を大幅に引き上げるとしている。日本共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 年次有給休暇

    年次有給休暇から見た最低賃金最低賃金

    森永卓郎は「ヨーロッパの企業は、残業・休日出勤は無く、有給は完全消化が当たり前であり、夏休みは一カ月取れる」と指摘している。欧州では、総じて最低賃金、有給休暇・休日共に多い。これは、フランス革命、ロシア革命から続く労働者と資本家の階級闘争の結果、労働者が勝ち取った、歴史に裏打ちされた権利であり、当該諸国の国民の間ではそうした権利を享受することが当然であるという価値観が根付いているためである。年次有給休暇 フレッシュアイペディアより)

  • デモ活動

    デモ活動から見た最低賃金最低賃金

    アメリカ合衆国では、ファーストフード店の労働者らが最低賃金の引き上げを求める大規模デモを2014年9月に計画した。その大規模デモは、150以上の都市で行われ、マクドナルド、バーガーキング、ピザハットなどの労働者は、連帯して最低賃金を時給15米ドルまで上げるよう求めていた。この継続的な一連のデモは「15ドルのための闘い」と題し、大きな動きとなった。デモ活動 フレッシュアイペディアより)

  • 最賃

    最賃から見た最低賃金最低賃金

    最賃 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金制度

    最低賃金制度から見た最低賃金最低賃金

    最低賃金制度 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
141件中 1 - 10件表示

「最低賃金」のニューストピックワード