前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
77件中 1 - 10件表示
  • ジョーゼフ・ウィリアム・マーティン・ジュニア

    ジョーゼフ・ウィリアム・マーティン・ジュニアから見た最低賃金最低賃金

    マーティンは、マサチューセッツ州下院(1912年 - 1914年)、マサチューセッツ州上院(1914年 - 1917年)、連邦議会下院(1925年 - 1967年)に勤めた。1940年から1942年までは共和党全国委員会委員長であった。ニュー・ディールの間、彼はフランクリン・D・ローズヴェルトの諸政策に対する反対派の急先鋒として脚光を浴び、外交問題に関するローズヴェルトの国際主義的な見解に反対した。しかし彼は、若干のニュー・ディール的措置(最低賃金制度の確立など)については支持した。1952年以後、マーティンは共和党穏健派に加わり、学校建設に対する政府補助を支持し、ドワイト・D・アイゼンハウアーの国際主義的な展望を(対外援助の支持を通じて)支持し、またリンドン・B・ジョンソンの1964年経済機会法を支持した。ジョーゼフ・ウィリアム・マーティン・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • フェア・ディール

    フェア・ディールから見た最低賃金最低賃金

    適用範囲の拡大と、最低賃金の大幅な増加。フェア・ディール フレッシュアイペディアより)

  • 年次有給休暇

    年次有給休暇から見た最低賃金最低賃金

    日本は最低賃金の低さ、労働時間の長さ、有給休暇・休日の日数のどれをとっても先進国中、最低の部類であり労働水準に関しては未だ発展途上である。年次有給休暇 フレッシュアイペディアより)

  • ワーキングプア

    ワーキングプアから見た最低賃金最低賃金

    2000年には労働者の74.0%が正規雇用であったが、2010年には65.6%にまで減少している。非正社員の増加は、企業収益に関わらず、コスト削減等の競争力を維持したい企業は非正社員でまかなえる業務は非正社員でまかなおうとする傾向があるため、構造的なものと言える。例えば、コンビニエンスストアにみられるように企業間のサービス競争の中で24時間体制(の深夜労働または年中無休)での労働になり、なおかつ最低賃金(+深夜の割増賃金)でしか雇用しないなど過酷な勤務も増えた。ワーキングプア フレッシュアイペディアより)

  • ファシズム

    ファシズムから見た最低賃金最低賃金

    1919年にファシストは、ファシスト・マニフェストを作成した。このマニフェストは国家サンディカリストのと、未来派運動の指導者であるフィリッポ・トンマーゾ・マリネッティによって書かれ、1919年6月6日にファシストの新聞である Il Popolo d'Italia に掲載された。このマニフェストは政治体制として、男性と女性の両方の参政権を持つ普通選挙や、地域をベースとした比例代表制の選挙制度や、コーポラティストの考えである労働者や工業、交通、公衆衛星、通信などの職業別の領域ごとに選挙されて彼らを代表する法的権限を持った職業人や商人から選出された専門家による「国家評議会」の制度の創設や、イタリア上院(貴族院)の廃止などを主張した。また経済社会政策として、全労働者の8時間労働制限、最低賃金、産業管理における労働者代表、産業別や公共部門の労働組合の平等な信任、交通部門の再編、無効な保険に関する法案の修正、退職年齢の65歳から55歳への引き下げ、資本に対する強力な累進課税、宗教的施設の資産没収や主教の廃止、軍需契約の利益率の抑制などを主張した。軍事政策として、防衛業務に従事する短期の国家的な民兵の創設、軍需産業の国営化、平和的だが競争的に設計された外交政策などを主張した。ファシズム フレッシュアイペディアより)

  • 最賃

    最賃から見た最低賃金最低賃金

    最賃 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金制度

    最低賃金制度から見た最低賃金最低賃金

    最低賃金制度 フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ブラッドリー

    ビル・ブラッドリーから見た最低賃金最低賃金

    貧困も自らの政策の重要な問題とし、上院議員時代にも反対を示した「:en:Personal Responsibility and Work Opportunity Act」(福祉改革法)がさらなる貧困を生んだと批判。大統領としてこの法を廃止することを約束した。他にも最低賃金、勤労所得税額控除、チャイルドサポート、低年齢出産などの問題への取り組みも約束。ヘッドスタート参加の子供を40万人増やし、フードスタンプの有用性を高めることも約束した。ビル・ブラッドリー フレッシュアイペディアより)

  • ラヴァラの家族

    ラヴァラの家族から見た最低賃金最低賃金

    2001年から2004年の二期目のアリステッド政権の政策は社会プログラムへの投資、最低賃金の引上げと貧困層への米の配給、フランスへの賠償の請求、IMF による民営化への反対などである。これらは資源の不足と、政治対立、準軍組織による政権への攻撃により頓挫させられた。アメリカ海兵隊員がアリスティドを国外へ連行し、また米国の機関は、多数派であったラヴァラの被選挙者からハイチの政治的な支配を奪うために多くのエリート層による政党に資金提供した。ラヴァラの家族 フレッシュアイペディアより)

  • 4.17ゼネスト

    4.17ゼネストから見た最低賃金最低賃金

    1964年の春闘は、25%以上あるいは7,500円以上の大幅賃上げ要求、最低賃金の確立、労働時間の短縮の3本柱を中心に、数か月の長期闘争を想定していた。2月の総評臨時大会で太田薫議長は、「5,000円以上の賃上げを勝ち取るには、1か月以上の無期限ストライキができる体制の確立が必要だ」とした。4.17ゼネスト フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
77件中 1 - 10件表示

「最低賃金」のニューストピックワード