141件中 21 - 30件表示
  • 1946年の日本の女性史

    1946年の日本の女性史から見た最低賃金最低賃金

    2月3日 関東地方労働組合協議会、婦人部会設置準備会。各組合婦人部からの報告に最低賃金を10倍に、生理休暇4日獲得など。2月7日 決議に基づき婦人部長長島しげ子らが芦田均厚生大臣を訪問、最低賃金150円(男子の1/3以下)の即時撤回を要望し、厚生大臣も善処する旨を約した。1946年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • ピザ・ピザ

    ピザ・ピザから見た最低賃金最低賃金

    最近ではカナダで放送されているテレビドラマ『Degrassi: The Next Generation』でプロダクトプレイスメントを行っているほかポップカルチャーへの影響も強く、トロントのバンドMoxy Früvousの『King of Spain』という歌にはカナダにやってきたスペインの王がピザ・ピザで最低賃金での労働をするという歌詞があり、マイケル・ムーアの映画『Downsize This!』ではナイアガラの滝からカナダに入国しようとする不法移民に対して「カナダ人になりきるためにはピザ・ピザの電話番号を憶えることが重要だ」とアドバイスをするシーンがある。ピザ・ピザ フレッシュアイペディアより)

  • カナダ共産党

    カナダ共産党から見た最低賃金最低賃金

    完全雇用や最低賃金の引き上げ、32時間労働を含む労働環境の改善カナダ共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 公正労働基準法

    公正労働基準法から見た最低賃金最低賃金

    1940年発効に週最高44時間制労働を導入し(その後1944年に週最高40時間制労働に短縮)、一時間$0.25の最低賃金を制定した。いくらかの職種における超過勤務の時間給を5割増しと規定した。16歳未満の児童による就学時間内の労働や「苛酷な児童労働」を禁止し、児童就労に実質的に最終符を打った。アメリカ合衆国労働省の賃金時間部を設立した。公正労働基準法 フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ルビオ

    マルコ・ルビオから見た最低賃金最低賃金

    最低賃金の引き上げ反対マルコ・ルビオ フレッシュアイペディアより)

  • 4.17ゼネスト

    4.17ゼネストから見た最低賃金最低賃金

    1964年の春闘は、25%以上あるいは7,500円以上の大幅賃上げ要求、最低賃金の確立、労働時間の短縮の3本柱を中心に、数か月の長期闘争を想定していた。2月の総評臨時大会で太田薫議長は、「5,000円以上の賃上げを勝ち取るには、1か月以上の無期限ストライキができる体制の確立が必要だ」とした。4.17ゼネスト フレッシュアイペディアより)

  • 期間雇用社員 (日本郵政)

    期間雇用社員 (日本郵政)から見た最低賃金最低賃金

    基本給+加算給=基本賃金。基本給は地域別最低賃金(10円未満は10円に切り上げ)に20円を加えた郵政グループの地域別基準額と、局長が職務を考慮した職務加算給(一般的に内務より外務の方が高い)の合計。加算給は一定の勤務期間(2月1日、8月1日の評価実施基準日まで2月以上)を有する者に対し、社員としての基礎評価給と、スキル評価によってあらかじめ定められた金額が増減する資格給がある。期間雇用社員 (日本郵政) フレッシュアイペディアより)

  • ケイトー研究所

    ケイトー研究所から見た最低賃金最低賃金

    新自由主義を標榜することから共和党に近いとされるが、公式には無党派であり、また同党の宗教右派とは対立している。個人の自由を最大限に尊重するとの観点から、最低賃金の廃止、麻薬取締りの停止、女性や少数民族に対する積極的差別是正措置の否定、在外米軍基地の閉鎖と他国の戦争への不介入などを掲げる。ケイトー研究所 フレッシュアイペディアより)

  • ポール・クルーグマン

    ポール・クルーグマンから見た最低賃金最低賃金

    2013年の段階で、米国大統領バラック・オバマによる最低賃金を時給9ドルに引き上げる政策を歓迎している。低所得者のインフレを加味した実質給与水準が上昇し、とりわけ勤労労働者の待遇が改善されるためであるとしている。また最低賃金の上昇で、勤労所得税額控除の使用者への利益が低所得者へより多く配分されるようになるとしている。ポール・クルーグマン フレッシュアイペディアより)

  • 差分の差分法

    差分の差分法から見た最低賃金最低賃金

    差分の差分法による研究の最も有名なものの内の一つを考えよう。(David Card)とアラン・クルーガー(Alan Krueger)によって1994年に出版された、ニュージャージーにおける最低賃金についての論文である。カードとクルーガーは1992年2月と11月のニュージャージーとペンシルベニアにおけるファストフード産業における雇用を比較した。これはニュージャージーの最低賃金が4.25ドルから5.05ドルに1992年4月に上がった後である。処置の前後でのニュージャージーのみの雇用の変化を観測すると、天候やマクロ経済学的要因などの除外変数をコントロールし損なう。ペンシルベニアを差分の差分法におけるコントロールとして含めると、ニュージャージーとペンシルベニアで共通の変数からもたらされるあらゆるバイアスが、たとえそれらの変数が観測できないとしても、コントロールされる。ニュージャージーとペンシルベニアは時間を通じて並行なトレンドを持つと仮定すると、ペンシルベニアでの雇用の変化は最低賃金の上昇がなかった場合のニュージャージーで起こるはずだった雇用の変化として考えることが出来るし、逆もしかりである。実証証拠が示唆することには、ニュージャージーにおける最低賃金の上昇は、標準的な経済理論が示唆するような、失業の増加はもたらさなかった。下の表はカードとクルーガーが推定した雇用の(フルタイム当量 で測った)処置効果を図示している。この発見が仮想的な効果であることを念頭におけば、カードとクルーガーはニュージャージーにおける0.80ドルの最低賃金の上昇が2.75の雇用におけるフルタイム当量の増加をもたらしていると推定した。差分の差分法 フレッシュアイペディアより)

141件中 21 - 30件表示

「最低賃金」のニューストピックワード