77件中 31 - 40件表示
  • 負の所得税

    負の所得税から見た最低賃金最低賃金

    こうした税制は、政府の財政と、社会的目標である最低レベル所得保証を同時に達成する単一のシステムを施行することを動機とする。NITが施行されていれば、上記の社会目標が達成されているため、行政的には大した努力なしに最低賃金、フードスタンプ、生活保護、社会保障プログラムといったものの必要性を排除できるかもしれず、しかも重複する援助プログラムのあるシステムに存在する落とし穴や逆インセンティブを避けられる。負の所得税 フレッシュアイペディアより)

  • ディーセント・ワーク

    ディーセント・ワークから見た最低賃金最低賃金

    ディーセント・ワークとは、人間らしい生活を継続的に営める人間らしい労働条件のことである。直接的な労働条件としては労働時間(1日あたり1週あたり)、賃金、休日の日数、労働の内容、などが人間の尊厳と健康を損なうものでなく、人間らしい生活を持続的に営めることが求められる。さらに、それを保障する労働条件として、結社の自由・団体交渉権・失業保険・十分な雇用・雇用差別の廃止・最低賃金などが確保されている(つまり、労働者保護が十分である)ことが求められる。後半の労働条件は前半の直接的な労働条件を改善・維持するために必要な条件である。この両方の労働条件が確保された場合ディーセント・ワークが実現されたといえる。ディーセント・ワーク フレッシュアイペディアより)

  • 経済的不平等

    経済的不平等から見た最低賃金最低賃金

    最低賃金を法制化: 最も賃金の少ない労働者の収入を増やす経済的不平等 フレッシュアイペディアより)

  • 労働条件

    労働条件から見た最低賃金最低賃金

    労働条件は、雇い入れの際に個々の労働者と使用者の間で結ばれる労働契約によって決まるが、就業規則や労働協約で定める基準に達しない場合はその部分が無効となり、当該基準によることとなる(第93条、労働組合法第16条、労働契約法第12条)。また、労働基準法の基準を下回る労働契約等はその部分が無効となり、当該基準によることとなる(第13条)。最低賃金等の規制に違反する場合も同様である。労働条件 フレッシュアイペディアより)

  • カナダ共産党

    カナダ共産党から見た最低賃金最低賃金

    完全雇用や最低賃金の引き上げ、32時間労働を含む労働環境の改善カナダ共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た最低賃金最低賃金

    最低賃金の高さによる就業機会の減少格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 労働政策審議会

    労働政策審議会から見た最低賃金最低賃金

    最低賃金制度の在り方について、政府は労働政策審議会の意見を反映しなければならない(最低賃金法附則8条)。労働政策審議会 フレッシュアイペディアより)

  • 就業規則

    就業規則から見た最低賃金最低賃金

    臨時の賃金及び最低賃金額に関する事項。就業規則 フレッシュアイペディアより)

  • ホワイトカラーエグゼンプション

    ホワイトカラーエグゼンプションから見た最低賃金最低賃金

    米国は公正労働基準法(:en:Fair Labor Standards Act, FLSA)によって残業手当・最低賃金・児童労働などを規定しているが、同法にはこれらの条項の適用除外規定がある。ホワイトカラーだけでなく、小規模農場の労働者などもいくつかの労働規定から除外される。ホワイトカラーエグゼンプション フレッシュアイペディアより)

  • 比較優位

    比較優位から見た最低賃金最低賃金

    (ここでは分業にコストがかかる事や、人を雇う際の最低賃金が法律で決まっている事などは無視している。)比較優位 フレッシュアイペディアより)

77件中 31 - 40件表示

「最低賃金」のニューストピックワード