78件中 31 - 40件表示
  • 最低賃金

    最低賃金から見たアルバイト

    使用者は最低額以上の金額を賃金として労働者に支払わなければならない。これは全ての賃金に対して適用されるため、正社員やパート・アルバイトといった勤務形態の違いにかかわらず、最低賃金以上の賃金を支払わなければならない。ここで言う最低賃金は、基本的な賃金の額であり、例えば時間外割増賃金(いわゆる残業代)や通勤手当(いわゆる交通費)、精皆勤手当、家族手当は含まれない(住宅手当は含まれる)。最低賃金 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金

    最低賃金から見た公契約条例

    地方自治体の中には発注する公共工事などを請け負う会社に対して国の規定を上回る最低賃金を支払わせることを目的としている公契約条例が制定されている例もある。最低賃金 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金

    最低賃金から見た北京市

    北京市 - 月1,260元 (2012年2月現在)最低賃金 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金

    最低賃金から見た大韓民国ウォン

    韓国 - 時給4,580ウォン、月957,220ウォン(週40時間)、月1,035,080ウォン(週44時間)(2012年1月1日?12月31日)最低賃金 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金

    最低賃金から見た民主党 (日本 1998-)

    民主党は2007年3月1日、最低賃金を時給1,000円程度とするなどを骨子とした「格差是正のための緊急措置等に関する法律案」を衆議院に提出。低賃金労働者からはほぼ無条件に歓迎されているが、経営者は難色を示している。最低賃金 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金

    最低賃金から見た労働政策審議会

    日本では、日本国憲法第25条の主旨に基づき、最低賃金を定めた法律は最低賃金法(昭和34年4月15日法律137号)となる。最低賃金制度の在り方について政府は労働政策審議会の意見を反映しなければならないとされている(附則8条)。最低賃金 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金

    最低賃金から見たしんぶん赤旗

    しんぶん赤旗では、現行制度では格差が広がるとして、全国一律の最低賃金(1,000円以上)にすべきと主張している。最低賃金 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金

    最低賃金から見た同一労働同一賃金

    フランスの最低賃金は、全業種を対象に法律が定める基準(SMIC)と、業種別に労働協約によって定められた基準とがあり、双方を上回る必要がある。均等待遇の原則(同一労働同一賃金)が根付いているため同種の職種で賃金格差が付きづらいが、職歴の浅い者は最低賃金に近い水準となっている。最低賃金 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金

    最低賃金から見たシンガポール

    労働基本権に基づくもの。多くの国では労働者の基本的な権利として広く適用されているが、必ずしも全ての労働者に適用されるものではなく、外国人労働者は対象外とするような特定の層に対して減額や、適用除外が行われることがある。シンガポールのように最低賃金制度は存在せず、賃金は労働力の需要と供給のバランスで決定される国家もある。最低賃金 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金

    最低賃金から見た差別

    対象となる場合には、給料支払い状況、労働時間の調査や、労働者との面談を行う。面談の際に話したことなどを理由とした差別や解雇は禁止されている。最低賃金 フレッシュアイペディアより)

78件中 31 - 40件表示

「最低賃金」のニューストピックワード