177件中 51 - 60件表示
  • 最低賃金

    最低賃金から見た豪ドル

    オーストラリア - 週694.9、時給18.29豪ドル(2017年7月?2018年6月)最低賃金 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金

    最低賃金から見たフリードリヒ・ハイエク

    『法と立法と自由』を著したフリードリヒ・ハイエクのように労働市場への不介入の原則と法の支配による個人の生存権の保護を両立させるために『ベーシックインカム』を主唱する経済学者もいる。最低賃金 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金

    最低賃金から見たバンコク

    バンコク - 月9750バーツ(2018年4月現在)最低賃金 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金

    最低賃金から見たウォール・ストリート・ジャーナル

    アメリカのウォール・ストリート・ジャーナル誌が2014年2月に48人のエコノミストを対象に行った調査では、54%が最低賃金引き上げは、雇用主の採用意欲を減退させ景気を損なうため実施すべきでないと回答しており、28%が最低賃金引き上げは景気に貢献すると回答、18%が特に有意な影響はないと回答している最低賃金 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金

    最低賃金から見た時間外労働

    法定の労働時間、休憩、休日を守り。変形労働時間制を採用せず。深夜業をしない、36協定を結んでの時間外労働や法定休日労働をしない場合。1日8時間労働、45分間休憩(または労働基準法の最低基準である45分間を超える1時間休憩など)、週の起算日の定め無し(起算日は日曜日となる)、公休として法定休日は日曜日、法定外休日は土曜日、平日祝日の法定外休日無し、週40時間労働の完全週休2日制。1月1日が日曜日から始まる平年。勤務地の最低賃金額が800円、各種手当て無しとする。最低賃金 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金

    最低賃金から見た週休2日制

    法定の労働時間、休憩、休日を守り。変形労働時間制を採用せず。深夜業をしない、36協定を結んでの時間外労働や法定休日労働をしない場合。1日8時間労働、45分間休憩(または労働基準法の最低基準である45分間を超える1時間休憩など)、週の起算日の定め無し(起算日は日曜日となる)、公休として法定休日は日曜日、法定外休日は土曜日、平日祝日の法定外休日無し、週40時間労働の完全週休2日制。1月1日が日曜日から始まる平年。勤務地の最低賃金額が800円、各種手当て無しとする。最低賃金 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金

    最低賃金から見た雇用

    最低賃金法の雇用に対する影響の良し悪しは論争になっている最低賃金 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金

    最低賃金から見た上海市

    上海市 - 月2,300元 (2017年4月現在)[但しパートの時給は20元]最低賃金 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金

    最低賃金から見た家計

    川口大司、森悠子の2009年の論文では、2002年までのデータで、最低賃金上昇は10代男性、既婚中年女性の雇用に負の影響を与えることを示している。また2010年までのデータで、10%の最低賃金の上昇は10代若年者の就業率(平均17%)を5ポイント程度低下させるという研究成果を報告している。川口大司は「最低賃金の引き上げは、貧困対策としてまったく意味の無いものではないが、必ずしも期待された効果を挙げているわけではない。ただし、最低賃金労働者の半数は中高年の女性が占め、多くは世帯主ではないパート労働者であることから、雇用が失われても家計への影響は大きくない可能性がある」と指摘している。最低賃金 フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金

    最低賃金から見たチャット

    ミャンマー - 月144000チャット(2018年1月現在)最低賃金 フレッシュアイペディアより)

177件中 51 - 60件表示

「最低賃金」のニューストピックワード