90件中 11 - 20件表示
  • 中村睦男

    中村睦男から見た国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    さらに、憲法の最高法規性・最高裁が一切の立法や処分の合憲性審査の終審裁判所であること・最高裁裁判官が国民審査による民主的コントロールのもとにおかれることの3点を日本国憲法が規定していることから考えると、最高裁に抽象的違憲審査権を与えるかは立法政策に委ねられていると解すべきである、とする。中村睦男 フレッシュアイペディアより)

  • 石村善助

    石村善助から見た国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    ダネルスキー『国民審査?日本における最高裁判所と国民の間に関する』(『(川島武宜編 法社会学講座』 岩波書店、1972年)石村善助 フレッシュアイペディアより)

  • 記号式投票

    記号式投票から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    選挙ではないが日本の最高裁判所裁判官の罷免を求める最高裁判所裁判官国民審査、憲法改正の際に行われる国民投票、地方自治体におけるリコールにおける地方議会解散に関する住民投票が記号式投票に該当する。記号式投票 フレッシュアイペディアより)

  • 投票率

    投票率から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    日本では最高裁判所裁判官国民審査法(第32条)や地方自治体の住民投票条例で、最高裁判所裁判官国民審査や地方自治体の住民投票で最低投票率を設定している。最低投票率は最高裁判所裁判官国民審査では1%、地方自治体の住民投票では最低投票率が存在する自治体では概ね50%である。投票率 フレッシュアイペディアより)

  • 金築誠志

    金築誠志から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    8月 - 第45回総選挙と同時に行われた第21回最高裁判所裁判官国民審査の投票の結果、罷免を可としない(無印)が62,627,434票、罷免を可とする(×印)が4,311,693票となり、信任された。金築誠志 フレッシュアイペディアより)

  • 罷免

    罷免から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    衆議院議員総選挙の際に国民審査を受け、投票者の多数が罷免を可とされた場合(最高裁判所裁判官のみ)。罷免 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤崇晴

    近藤崇晴から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    2009年8月30日 第21回最高裁判所裁判官国民審査(第45回総選挙と同時)- 罷免を可としないが6283万5628、可とするが410万3537で信任近藤崇晴 フレッシュアイペディアより)

  • 在外選挙

    在外選挙から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    2013年現在では最高裁判所裁判官国民審査の在外選挙は導入されていない。在外選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 司法

    司法から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所裁判官国民審査(第79条2項、3項、4項)。司法 フレッシュアイペディアより)

  • 秘密投票

    秘密投票から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    日本においても最高裁判所裁判官国民審査の投票用紙には罷免を可とする際にのみ記入することになっているため、投票箱に別の投票用紙が入らないようにする措置として衆議院の投票用紙と国民審査の投票用紙が別々に渡されていたことも多かった1958年の第4回までの時代は、国民審査の投票用紙が交付された後に記載所に向ったかどうかで、その人の投票行動が第三者にほぼ把握されかねないという同様の問題が発生していた(審査対象裁判官が複数人いる場合は誰に記入したかまでは不明だったが、特に第3回は審査対象裁判官が1人だったため、投票者の行動が自明となった)。そこで、1960年の第5回からは中央選管の方針として混同を避けるための2つの用紙の差別化を図った上で衆議院の投票用紙と国民審査の投票用紙を同時に渡す方針を示すようになった。1996年の第17回以降は比例代表の票と同時に渡すこととされている。なお、日本国憲法下の衆議院総選挙で衆議院総選挙が無投票当選となったために衆議院総選挙の投票用紙が配られなかった上で最高裁裁判官国民審査のみが行われた例はない。秘密投票 フレッシュアイペディアより)

90件中 11 - 20件表示

「最高裁裁判官の国民審査」のニューストピックワード

  • 食べ放題はもとを取りすぎるほど食べちゃいます!

  • HAIR COLLA クイックポイントカラー

  • 食糧問題に関心を持ってほしい