90件中 21 - 30件表示
  • 林藤之輔

    林藤之輔から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    1986年(昭和61年)6月13日に最高裁判所裁判官に就任。就任後の記者会見で、最高裁の違憲審査権のあり方について「全体のなかでのバランスが大切」と述べた。就任から24日目の同年7月6日に最高裁判所裁判官国民審査を迎えたのは歴代最短記録である。林藤之輔 フレッシュアイペディアより)

  • 澤田竹治郎

    澤田竹治郎から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    裁判官任命諮問委員会による諮問の結果、1947年(昭和22年)に最高裁判所判事となる。1949年(昭和24年)に行われた最高裁判所裁判官国民審査では不信任率4.01%で歴代最低記録。1952年(昭和27年)8月に退官。退官後は弁護士や大学教授となった。澤田竹治郎 フレッシュアイペディアより)

  • 穂積重遠

    穂積重遠から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    1949年 - 最高裁判事(1951年まで)。就任してから衆議院議員総選挙の公示前の在任中に死去したため、最高裁判所裁判官国民審査を受けることはなかった。穂積重遠 フレッシュアイペディアより)

  • 一人一票実現国民会議

    一人一票実現国民会議から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    発足以来、衆議院解散日以降から最高裁判所裁判官国民審査の当日まで全国紙を中心に一面全部を使って一票の格差を容認する最高裁判所裁判官に×をつけることについて意見広告を掲載する等の一票の格差問題について国民に啓蒙をしている。一人一票実現国民会議 フレッシュアイペディアより)

  • 竹内行夫

    竹内行夫から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    2009年8月30日 - 第45回総選挙と同時に行われた第21回最高裁判所裁判官国民審査の投票の結果、罷免を可としない(無印)が62,443,553票、罷免を可とする(×印)が4,495,571票となり、信任された。竹内行夫 フレッシュアイペディアより)

  • 谷口正孝

    谷口正孝から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所裁判官国民審査における不信任率14.84%は歴代第二位(2007年現在)である。なお谷口の他にも宮崎梧一・寺田治郎・伊藤正己が歴代最高不信任率の第六位までに入っているように、1980年の第12回国民審査は全般的に不信任率が高い国民審査であった。谷口正孝 フレッシュアイペディアより)

  • 選挙公報

    選挙公報から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所裁判官国民審査に際しては審査対象の最高裁判所裁判官の経歴、最高裁判所において関与した主要な裁判、裁判官としての心構えなどを記載した公報が発行される。選挙公報 フレッシュアイペディアより)

  • 奥山恵美子

    奥山恵美子から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    2014年の第47回衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査において、宮城県第1区の青葉区選挙管理委員会が集計ミスを隠蔽するために投票数の水増しを行っていたことが発覚。奥山は職員の聞き取り調査を実施したが、水増しを指示した人間が名乗り出なかったため、2015年1月19日に刑事告発した。奥山恵美子 フレッシュアイペディアより)

  • 下田武三

    下田武三から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    1972年実施の最高裁判所裁判官国民審査における不信任率15.17%は、歴代最多不信任記録である。1973年の尊属殺法定刑違憲事件で最高裁が尊属殺重罰規定を違憲とした際、ただ一人合憲の反対意見を出した。このほか東大ポポロ事件の再上告審にも関与した(判決は上告棄却)。1975年(昭和50年)8月6日の4年間審理を中断した長すぎる裁判の事件では違憲説を取り敗れた。下田武三 フレッシュアイペディアより)

  • 参政権

    参政権から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    なお、日本には最高裁判所裁判官国民審査の制度があるが、国民の請求を受けて実施されるものではなく一定の時期に行われるものであるため、典型的な国民罷免の制度とは区別される。参政権 フレッシュアイペディアより)

90件中 21 - 30件表示

「最高裁裁判官の国民審査」のニューストピックワード

  • 食べ放題はもとを取りすぎるほど食べちゃいます!

  • HAIR COLLA クイックポイントカラー

  • 食糧問題に関心を持ってほしい