57件中 21 - 30件表示
  • 参政権

    参政権から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    参政権(さんせいけん, )とは、政治に参加する権利の総称をいう。公民権とほぼ同義。選挙権と被選挙権がその代表的なものであるが、この他に公務就任権、罷免権、直接請求権、国民投票権、住民投票権、国民審査権などもこれに含まれる。ただし、詳細は国それぞれの制度によって異なる。参政権 フレッシュアイペディアより)

  • 中村睦男

    中村睦男から見た国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    さらに、憲法の最高法規性・最高裁が一切の立法や処分の合憲性審査の終審裁判所であること・最高裁裁判官が国民審査による民主的コントロールのもとにおかれることの3点を日本国憲法が規定していることから考えると、最高裁に抽象的違憲審査権を与えるかは立法政策に委ねられていると解すべきである、とする。中村睦男 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年最高裁判所裁判官国民審査

    2009年最高裁判所裁判官国民審査から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    2009年最高裁判所裁判官国民審査(2009ねんさいこうさいばんしょさいばんかんこくみんしんさ)とは2009年に行われた最高裁判所裁判官国民審査2009年最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 衆議院議員総選挙

    衆議院議員総選挙から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    なお、衆議院議員総選挙の際には同時に最高裁判所裁判官国民審査が行われる(憲法79条2項)。衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 信任投票

    信任投票から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    日本では最高裁判所裁判官国民審査において信任投票が行われている。信任投票 フレッシュアイペディアより)

  • 田原睦夫

    田原睦夫から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    2009年8月30日 第45回総選挙と同時に行われた第21回最高裁判所裁判官国民審査の投票の結果、罷免を可としない(無印)が62,575,038票、罷免を可とする(×印)が4,364,116票となり、信任された。田原睦夫 フレッシュアイペディアより)

  • 投票率

    投票率から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    日本では最高裁判所裁判官国民審査法(第32条)や地方自治体の住民投票条例で、最高裁判所裁判官国民審査や地方自治体の住民投票で最低投票率を設定している。最低投票率は最高裁判所裁判官国民審査では1%、地方自治体の住民投票では最低投票率が存在する自治体では概ね50%である。投票率 フレッシュアイペディアより)

  • 竹内行夫

    竹内行夫から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    2009年8月30日 第45回総選挙と同時に行われた第21回最高裁判所裁判官国民審査の投票の結果、罷免を可としない(無印)が62,443,553票、罷免を可とする(×印)が4,495,571票となり、信任された。竹内行夫 フレッシュアイペディアより)

  • 選挙公報

    選挙公報から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所裁判官国民審査に際しては審査対象の最高裁判所裁判官の経歴、最高裁判所において関与した主要な裁判、裁判官としての心構えなどを記載した公報が発行される。選挙公報 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年最高裁判所裁判官国民審査

    2012年最高裁判所裁判官国民審査から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    2012年最高裁判所裁判官国民審査(2012ねん さいこうさいばんしょ さいばんかん こくみんしんさ)は、2012年(平成24年)11月16日の衆議院解散に伴い、第46回衆議院議員総選挙とともに同年12月16日に執行された最高裁判所裁判官国民審査である。2012年最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

57件中 21 - 30件表示

「最高裁裁判官の国民審査」のニューストピックワード