57件中 31 - 40件表示
  • 無投票当選

    無投票当選から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    なお、衆議院議員総選挙と同時に行われる最高裁判所裁判官国民審査については最高裁判所裁判官国民審査法第25条の規定により、衆議院議員総選挙が無投票当選となっても審査対象の裁判官がいれば行うことが規定されている。無投票当選 フレッシュアイペディアより)

  • 元厚生事務次官宅連続襲撃事件

    元厚生事務次官宅連続襲撃事件から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    2009年(平成21年)3月26日、容疑者を上記の殺人罪と殺人未遂罪と銃刀法違反罪で起訴。さらに第三の事件も存在し、元社会保険庁長官で元最高裁判所判事の横尾和子とその家族の殺害を計画したとして、容疑者は殺人予備罪で起訴した。被告は殺害を計画した理由として、最高裁判所裁判官国民審査で最高裁判事を罷免されたくないために、2008年9月に依願退職したためと主張。被告は吉原夫人を襲った翌日の11月19日に横尾宅に訪れたが警備が厳しかったため、刑事を装って住居に侵入したり放火することも考えたが、自分の本意ではないとして断念したと述べている。元厚生事務次官宅連続襲撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • 穂積重遠

    穂積重遠から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    1949年 - 最高裁判事(1951年まで)。就任してから衆議院議員総選挙の公示前の在任中に死去したため、最高裁判所裁判官国民審査を受けることはなかった。穂積重遠 フレッシュアイペディアより)

  • 罷免

    罷免から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    衆議院議員総選挙の際に国民審査を受け、投票者の多数が罷免を可とされた場合(最高裁判所裁判官のみ)。罷免 フレッシュアイペディアより)

  • 下田武三

    下田武三から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    その後、1971年1月に最高裁判事に就任。1972年実施の最高裁判所裁判官国民審査における不信任率15.17%は、歴代最多不信任記録である。1973年の尊属殺法定刑違憲事件で最高裁が尊属殺重罰規定を違憲とした際、ただ一人合憲の反対意見を出した。このほか東大ポポロ事件の再上告審にも関与した(判決は上告棄却)。下田武三 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井龍子

    桜井龍子から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    2009年8月30日 第21回最高裁判所裁判官国民審査(第45回総選挙と同時) - 罷免を可としないが6228万2623、可とするが465万6462で信任桜井龍子 フレッシュアイペディアより)

  • 三好達

    三好達から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    1993年7月18日最高裁判所裁判官国民審査にて、総投票のうち「罷免を可とする裁判官」の投票数割合7.99%で信任。三好達 フレッシュアイペディアより)

  • 金築誠志

    金築誠志から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    8月 - 第45回総選挙と同時に行われた第21回最高裁判所裁判官国民審査の投票の結果、罷免を可としない(無印)が62,627,434票、罷免を可とする(×印)が4,311,693票となり、信任された。金築誠志 フレッシュアイペディアより)

  • 竹崎博允

    竹崎博允から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    2009年8月30日 第45回総選挙と同時に行われた第21回最高裁判所裁判官国民審査の投票の結果、罷免を可としない(無印)が62,754,264票、罷免を可とする(×印)が4,184,902票となり信任竹崎博允 フレッシュアイペディアより)

  • 里田 まい(カントリー娘。)

    里田まいから見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    第45回衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査(北海道ブロック 2009年8月)里田まい フレッシュアイペディアより)

57件中 31 - 40件表示

「最高裁裁判官の国民審査」のニューストピックワード