57件中 41 - 50件表示
  • 山田三良

    山田三良から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    国際私法の権威で日仏文化交流の貢献者として知られる。植民地法や外国人の法的地位の問題、アメリカカリフォルニア州における日系人の土地所有権問題などで活発に発言。弟子筋に、田中耕太郎らがいる。また、貴族院議員を務めていた時には日本国憲法の作成にも関与し、最高裁判所裁判官国民審査の導入に尽くした人物としても知られる。山田三良 フレッシュアイペディアより)

  • 1月23日

    1月23日から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    1949年 - 日本国憲法下における初の総選挙、および、初の最高裁判所裁判官国民審査を実施。1月23日 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国憲法

    日本国憲法から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    参政権とは、国民が政治に参与する権利である。15条で、選挙権・被選挙権・国民投票権などの参政権を保障している。選挙権は、普通選挙、平等選挙、自由選挙、秘密選挙、直接選挙の五つの要件(原則)を備えなければならない。普通選挙とは財力・教育などを選挙権の要件としない選挙をいい、15条3項と44条で保障される。平等選挙とは選挙権の価値は平等として一人一票を原則とする選挙をいい、14条1項や44条で保障され、投票価値の平等も保障されると解釈される。自由選挙とは投票を罰則などの制裁によって義務づけない選挙をいい、15条1項などにより保障されると解されている。秘密選挙とは投票内容を秘密にする選挙をいい、15条4項で保障される。直接選挙とは選挙人が公務員を直接に選ぶ選挙をいい、国政選挙では直接これを保障する条項はないが、地方選挙では93条2項で保障する。国民投票権は、憲法改正についてのみ認めている(96条1項)。地方自治特別法に関する住民投票権や、最高裁判所裁判官国民審査もこの権利の一種とされる。日本国憲法 フレッシュアイペディアより)

  • 選挙人名簿

    選挙人名簿から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    また、地方自治法による住民投票や最高裁判所裁判官の国民審査、検察審査会についても使用され、更に、裁判員候補者予定者名簿を作製するためにも用いられる。選挙人名簿 フレッシュアイペディアより)

  • 最高裁判所 (日本)

    最高裁判所 (日本)から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所の各裁判官は任命後初めて行われる衆議院議員総選挙の際に最高裁判所裁判官国民審査(国民審査)に付され、審査から10年を経過した後の衆議院議員総選挙の際に再審査に付され、その後も同様とすると定められている(日本国憲法第79条第2項)。審査は罷免をしたい裁判官の氏名の欄に「×」を付けるという方式で行われる。しかし、これにより罷免された裁判官は1人も存在しない。また、最高裁判所裁判官の定年は70歳であるが、現在の最高裁判所裁判官は全て60歳以上で任命されているため、実際には国民審査の再審査が行われることもない。最高裁判所 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 司法

    司法から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所裁判官国民審査(第79条2項、3項、4項)。司法 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    また、憲法は、裁判所に違憲立法審査権を付与している(日本国憲法第81条)。裁判所は、法律をはじめとする国の法令や行政行為について、それが憲法に適合しているか否か宣言することができる。この権限は、国家の行為の適否について、終局的に判断する権限であることから、最も強い権限のはずである。このような体制を指して、司法国家と言われる。しかし、裁判所はいわゆる司法消極主義に立つとされ、国会や内閣(いわゆる政治部門)の判断に対し、異議を差し挟むことには謙抑的である。特に、高度の政治性を有する国家行為に対する合憲性の審査は裁判所の権限外とする「統治行為論」を採用した場合、裁判所はただ時の政権に追従するのみになってしまうとの批判がある。なお、司法に主権者たる国民の意見を反映させる機会としては、最高裁判所裁判官に対する「国民審査」制度や刑事裁判における「裁判員」制度などがある。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 最高裁判所長官

    最高裁判所長官から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所長官の任期は最高裁判所裁判官と同じ定年の70歳まで。すでに最高裁判所判事として最高裁判所裁判官国民審査(国民審査)に付されている最高裁判所長官は、再審査は前審査から10年以上経過している場合であるため、最高裁判所長官に就任したことを理由に再審査に付されることはない。最高裁判所長官 フレッシュアイペディアより)

  • 第46回衆議院議員総選挙

    第46回衆議院議員総選挙から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    当時、最高裁判所裁判官の一人であった須藤正彦は、この総選挙に伴って行われた最高裁判所裁判官国民審査を受けたが、須藤はそのわずか10日後の2012年12月26日に定年退官することが決まっていたため、この総選挙が2013年まで行われなかった場合、須藤は国民審査を受けることなく退官するところであった。第46回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本

    2009年の日本から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    第45回衆議院議員総選挙投開票・最高裁判所裁判官国民審査。投票率は69.28%、期日前投票においては前回・第44回衆議院議員総選挙比502万2019人増の1398万4866人といずれも小選挙区比例代表並立制となった第41回衆議院議員総選挙以降で過去最高を記録。自由民主党(自民党)、公明党・民主党共にいずれも結党以来の大敗・大勝を記した。2009年の日本 フレッシュアイペディアより)

57件中 41 - 50件表示

「最高裁裁判官の国民審査」のニューストピックワード