90件中 61 - 70件表示
  • 政治的行為

    政治的行為から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    政治的目的をもって、公職選挙、最高裁判所裁判官国民審査の投票又は地方自治体のリコールの投票において、投票するように又はしないように勧誘運動をすること政治的行為 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年最高裁判所裁判官国民審査

    2012年最高裁判所裁判官国民審査から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    2012年最高裁判所裁判官国民審査(2012ねん さいこうさいばんしょ さいばんかん こくみんしんさ)は、2012年(平成24年)12月16日に第46回衆議院議員総選挙と共に執行された最高裁判所裁判官国民審査2012年最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年最高裁判所裁判官国民審査

    1972年最高裁判所裁判官国民審査から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    1972年最高裁判所裁判官国民審査(1972ねんさいこうさいばんしょさいばんかんこくみんしんさ)は、1972年(昭和47年)12月10日に第33回衆議院議員総選挙と共に執行された最高裁判所裁判官国民審査1972年最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 司法試験 (日本)

    司法試験 (日本)から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    1947年、日本国憲法の施行に続き、最高裁判所裁判官国民審査制度の創設、裁判官弾劾裁判所の設置が行われた。1948年には検察官適格審査会が設置され、1949年には現行の弁護士法および司法試験法が施行され、司法試験管理委員会が設置された。さらに、1950年には検察官特別考試が開始された。司法試験管理委員会は法務省の外局であったが、1999年から始まった司法制度改革により、2004年に法務省の審議会等である「司法試験委員会」に改編された。司法試験 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 裁判官弾劾裁判所

    裁判官弾劾裁判所から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    国民審査において、投票者の多数が罷免を可とするとき(最高裁判所裁判官のみ)裁判官弾劾裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 期日前投票制度

    期日前投票制度から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    他の問題点としては、複数の選挙が実施される場合、期日前投票の開始日が選挙によって異なっている点がある。特に毎回この問題が発生したのが衆議院議員総選挙と同日に実施される最高裁判所裁判官国民審査で、期日前投票の開始日は衆院選は公示日の翌日から、国民審査は投票日の7日前からとなっており、先に衆院選のみの投票を済ませていた場合、国民審査の投票は後日改めて行う必要があった。平成28年12月に衆院選と国民審査の期日前投票の開始日が統一されるように最高裁判所裁判官国民審査法が改正され、翌年6月より施行されたため、衆院選においては解消された。しかし、同じ市区町村において、国の選挙、都道府県の選挙、市区町村の選挙が同じ投票日で実施される場合には、同じ問題は起こりうるため、改めて未投票分の投票を行う際に投票済みの選挙の投票用紙を再交付して二重投票させてしまうなどのミスも発生している。なお、期日前投票は、投票日当日に投票できない見込みであることを宣誓して投票するものであるが、未投票分を投票日当日に投票することも可能なようである。期日前投票制度 フレッシュアイペディアより)

  • 最高裁判所長官

    最高裁判所長官から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    また、すでに最高裁判所判事として最高裁判所裁判官国民審査(国民審査)に付されている最高裁判所長官は、再審査は前審査から10年以上経過している場合であるため、最高裁判所長官に就任したことを理由に再審査に付されることはない。最高裁判所長官 フレッシュアイペディアより)

  • 三好達

    三好達から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    1987年 - 1990年、最高裁首席調査官。1991年、東京高等裁判所長官、翌1992年に最高裁判所判事に就任。1993年7月18日の最高裁判所裁判官国民審査にて、総投票のうち「罷免を可とする裁判官」の投票数割合7.99%で信任。三好達 フレッシュアイペディアより)

  • 第46回衆議院議員総選挙

    第46回衆議院議員総選挙から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    当時、最高裁判所裁判官の一人であった須藤正彦は、この総選挙に伴って行われた最高裁判所裁判官国民審査を受けたが、須藤はそのわずか10日後の12月26日に定年退官することが決まっていた。従って、この総選挙が12月27日以降に行われた場合、須藤は国民審査を受けることなく退官していたことになる。第46回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国憲法

    日本国憲法から見た最高裁判所裁判官国民審査最高裁判所裁判官国民審査

    参政権とは、国民が政治に参与する権利である。15条で、選挙権・被選挙権・国民投票権などの参政権を保障している。選挙権は、普通選挙、平等選挙、自由選挙、秘密選挙、直接選挙の五つの要件(原則)を備えなければならない。普通選挙とは財力・教育などを選挙権の要件としない選挙をいい、15条3項と44条で保障される。平等選挙とは選挙権の価値は平等として一人一票を原則とする選挙をいい、14条1項や44条で保障され、投票価値の平等も保障されると解釈される。自由選挙とは投票を罰則などの制裁によって義務づけない選挙をいい、15条1項などにより保障されると解されている。秘密選挙とは投票内容を秘密にする選挙をいい、15条4項で保障される。直接選挙とは選挙人が公務員を直接に選ぶ選挙をいい、国政選挙では直接これを保障する条項はないが、地方選挙では93条2項で保障する。国民投票権は、憲法改正についてのみ認めている(96条1項)。地方自治特別法に関する住民投票権や、最高裁判所裁判官国民審査もこの権利の一種とされる。日本国憲法 フレッシュアイペディアより)

90件中 61 - 70件表示

「最高裁裁判官の国民審査」のニューストピックワード

  • 食べ放題はもとを取りすぎるほど食べちゃいます!

  • HAIR COLLA クイックポイントカラー

  • 食糧問題に関心を持ってほしい