63件中 11 - 20件表示
  • 最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所裁判官国民審査から見た太平洋戦争

    この制度が日本国憲法に導入された経緯については、不明な点も多い。もともとは太平洋戦争終了後に日本の行政を監視・統制していたGHQの提案により憲法改正案に導入されたものであるが、当時、憲法改正案を審議していた貴族院において、元大審院院長であり後に最高裁判所裁判官にもなった霜山精一議員は「(国民審査を導入すると)裁判官は罷免を恐れて良心から出る裁判に影響を来す。法律の判断は国民に容易に分かるものではないから、国民審査制度はぜひやめたい」と言って、国民審査の導入に強く反対した。この反対に対し、元東京帝国大学法学部長の山田三良議員は「(国民審査は)裁判官をして反省させるために必要である。民主化するに伴い、国民も裁判に関心を持ち、裁判の当否を批判する力を持つに至る」と反論し、最高裁判所裁判官の権力の乱用を防ぐ手段としての国民審査の必要性を訴えた。また、GHQ側は貴族院に対し、国民審査を導入しないのであれば最高裁判所裁判官の任命をアメリカの場合と同じく国会同意人事にすべきであると主張したが、それでは最高裁判所が国会の支配下に置かれることになり、司法の独立を阻害される結果を招きかねないとして、最終的には霜山も不本意ながら国民審査の導入を認めたとされる。最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所裁判官国民審査から見た内閣

    しかし、常に選挙や内閣支持率調査などによる国民からの監視を受け、国民の意思に沿って行動することが絶えず求められる国会や内閣と異なり、多数派や権力者などの利害から離れ、憲法と良心に基づき独立して行動しなければならない裁判官に同じ制度を設けることには無理があるとする意見がある。「国民審査による罷免を恐れて、裁判官が多数派やそれを扇動する権力者に迎合してしまい、その結果、公正な裁判がなされなくなる可能性があるから、国民審査は廃止すべきである」などといった主張は、日本国憲法が施行された1947年当時から主に最高裁判所の関係者によってなされている(前述の霜山精一もその代表である)。最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所裁判官国民審査から見た年金記録問題

    最高裁判所裁判官が全て60歳以上で任命されるようになった1964年1月31日以降、国民審査で一度信任された最高裁判所裁判官が、裁判官としてふさわしくないと国民から判断されるような行為を審査後に働いたり、またはそのような行為を過去に働いた事実が審査後に判明しても、その裁判官を再度審査にかけることはできない現状が続いている。例として、横尾和子は2007年に年金記録問題に絡んで1994年から1996年まで在任していた社会保険庁長官としての責任が追及されたが、横尾は2003年の国民審査で既に信任されていたため、少なくとも2013年以降までは再び国民審査にかけられることはなく、しかも横尾は裁判所法の規定で2011年に定年退官することになっていたため、年金記録問題発覚後に横尾を改めて国民審査にかけられる見込みはなかった。最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所裁判官国民審査から見た合衆国最高裁判所

    アメリカのいくつかの州には日本の国民審査制度とよく似た制度が存在する。1930年代から制度の検討が始められ、1940年にミズーリ州で始められたものが最初とされるが、この審査制度はアメリカ合衆国最高裁判所の裁判官には適用されていない。最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所裁判官国民審査から見た沖縄戦

    一般に公表される国民審査の不信任率(罷免を可とする票の割合)は全国平均の結果であるが、この率は都道府県によって大きな差が生じる傾向がある。例えば、泉徳治は2003年に審査を受け、不信任率の全国平均は7.3%であったが、最も高い県は沖縄県の13.5%、最も低い県は福井県の3.9%で、他の裁判官の審査においても同様の傾向であったという。沖縄県で不信任率が高いのは、戦争の記憶やアメリカ軍の基地の問題が背景にあり、裁判所や政府を含む日本の統治機構全体に対する不信感が強いためではないかと推測されている。最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所裁判官国民審査から見た投票率

    ×印を記入した票は「罷免を可とする票」と呼ばれ、罷免を可とする票が有効票数の過半数に達した裁判官は罷免される。ただし、その審査の投票率が100分の1(1%)未満であった場合には罷免されない(最高裁判所裁判官国民審査法第32条)。最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所裁判官国民審査から見た衆議院議員総選挙

    日本国憲法第79条第2項及び第3項と最高裁判所裁判官国民審査法に基づいている制度である。最高裁判所裁判官は、任命後初めて行われる衆議院議員総選挙の際に国民審査を受け、その後は審査から10年を経過した後に行われる衆議院総選挙の際に再審査を受け、その後も同様とすると定められている(日本国憲法第79条第2項)。最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所裁判官国民審査から見た東京帝国大学

    この制度が日本国憲法に導入された経緯については、不明な点も多い。もともとは太平洋戦争終了後に日本の行政を監視・統制していたGHQの提案により憲法改正案に導入されたものであるが、当時、憲法改正案を審議していた貴族院において、元大審院院長であり後に最高裁判所裁判官にもなった霜山精一議員は「(国民審査を導入すると)裁判官は罷免を恐れて良心から出る裁判に影響を来す。法律の判断は国民に容易に分かるものではないから、国民審査制度はぜひやめたい」と言って、国民審査の導入に強く反対した。この反対に対し、元東京帝国大学法学部長の山田三良議員は「(国民審査は)裁判官をして反省させるために必要である。民主化するに伴い、国民も裁判に関心を持ち、裁判の当否を批判する力を持つに至る」と反論し、最高裁判所裁判官の権力の乱用を防ぐ手段としての国民審査の必要性を訴えた。また、GHQ側は貴族院に対し、国民審査を導入しないのであれば最高裁判所裁判官の任命をアメリカの場合と同じく国会同意人事にすべきであると主張したが、それでは最高裁判所が国会の支配下に置かれることになり、司法の独立を阻害される結果を招きかねないとして、最終的には霜山も不本意ながら国民審査の導入を認めたとされる。最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所裁判官国民審査から見た国民投票

    、日本の最高裁判所裁判官についての報道はベタ記事扱いであることが多く、判断材料が極めて少ない。このため、国民審査の制度は完全に儀式化・形骸化していると言われるが、それでも国民審査は「伝家の宝刀」であり、存在することによって最高裁判所裁判官の権力の乱用を抑える一定の効果があるとする意見も強い。元貴族院議員の一人で国民審査の導入に尽くした前述の山田三良は生前、国民審査の制度を「裁判官に対する最後の統制手段たるレファレンダム(国民投票)制」と表現していた。最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所裁判官国民審査から見た弁護士法

    法曹資格がない者が最高裁判所裁判官に就任した場合は弁護士法第6条によって弁護士資格を得るが、国民審査で罷免されても、弁護士資格は剥奪されない。最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

63件中 11 - 20件表示

「最高裁裁判官の国民審査」のニューストピックワード